運営者 Bitlet 姉妹サービス
8056件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月21日−06号 例えば、道路河川課の技師が約2年間、ガーナへ大学のパソコンインストラクターとして行ったことや、青年海外協力隊に看護師が行った事例がある。さらに学校では、専門学校や大学に、看護師の方が全部で3名行かれた実績がある。専門学校へ行かれた看護師の方は、資格をとって帰ってきている。経験の幅が広がったり、人物的な成長につながり、そうした意味では、評価に値することだと思うとのことでした。 もっと読む
2018-12-21 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月21日-06号 委員より、道路の白線の引き直しについて、どの程度のものが補修対象となるのかとの質疑があり、当局より、区画線の剥離率が60%を限度としてラインの引き直しを判断し、その中で、都市計画道路や緊急輸送路等の主要路線、通学路や交通量が多い危険箇所を優先しているとの答弁がありました。   もっと読む
2018-12-14 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−06号 ◆15番(田中正男君) 今説明で、今回の賠償金額に対して市の過失割合が15%、相手が85ということだったんですが、事故の様子は優先道路を直進で、相手方が左側のT字路から入ってきて一旦停止をしなかったということでありますが、この15対85になった理由、根拠はどのようなことでそういうふうに決まったのか。   もっと読む
2018-12-13 富士市議会 平成30年11月 定例会−12月13日-06号 新々富士川橋計画の発表後、当該地区では数多くの問題があることから反対同盟が結成をされました。その数多くある問題の1つに岩松中学校問題があったわけです。  先ほど教育長もお話しされましたように、1万3000台からの車両が入るということです。 もっと読む
2018-12-12 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第3号12月12日) 2025年問題は医療、介護、福祉面のみならず経済面でも労働力不足を含め、国のあり方を変えるほどの大きな問題であると考えられております。  また、最近よく耳にする言葉に、人生100年時代到来と言われている。 もっと読む
2018-12-12 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月12日-05号 移行表明して正式協議が始まって2年後、2021年にやっぱり財政的なデメリットが多いからといって断念したときに、いやいや、そんなことは2018年時点でわかっていたじゃないかということになりましたら、富士市長、富士市議会、そして富士市全体の信用問題にかかわると思います。私は、もう判断できるだけの情報は集まっていると思います。   もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) ただし、その時々で必要な事業におきましては、しっかりと予算をつけて、めり張りを持たせることは、市が発展するための、また、子どもたちの未来のための将来への投資という意味において重要であり、その一つといたしまして、オリンピック・パラリンピックや新東名高速道路関連事業の完了となります2020年というのが非常に大きな分岐点、ターニングポイントになるのではないかと、そのように考えております。   もっと読む
2018-12-11 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月11日-04号 この多剤服用に関しましては、大きな社会問題になっているのは御承知のとおりだと思うんです。NHKのあさイチという番組でも取り上げられたと伺っておりますけれども、私は、この番組は残念ながら見ておりませんけれども、高齢者にとっては大変な問題である、また、医療保険財政にも大きな負担になるわけであります。そんなことから、今回この問題を取り上げさせていただきました。 もっと読む
2018-12-10 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月10日-03号 こちらも公物でございますので、いろいろ契約や条例で、御自分の都合の場合は御自分の負担でということのお約束はさせていただけるかとは思うんですが、最終的には長期間使用されずに放置をされるということになりますと、悪臭の問題ですとか、それから病害虫の問題等々も懸念されますので、結局放置ということではなくて、市の負担で撤去せざるを得ないのではないかなというふうに思っております。 もっと読む
2018-12-07 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月07日−05号 事業概要につきましては、海岸堤防整備事業につきましては、竜洋海洋公園工区及び海岸防災林工区における防潮堤の整備、土地改良事業は農道の舗装、交通安全施設整備事業は道路区画線の設置、道路側溝舗装新設改良事業は道路の舗装改良など、普通河川等改修事業は排水路の改修、鎌田第一土地区画整理支援事業は倉西川のつけかえでございます。 もっと読む
2018-12-07 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月07日-02号 道路法における道路管理者の責務は、道路上の危険を取り除き、道路を常時良好な状態に保つこととされておりますので、緊急性や危険性がある場合、支障となる枝等の剪定、伐採を行うことは必要であると考えております。   もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 さまざま、お話をさせていただきましたが、私は、人生 100年時代はこの地域であったりとかこの日本の課題とか問題ではないと思います。課題とか問題ではなくて、人類の進化により与えられたプレゼントだということで、ぜひ、人生 100年時代構想を全庁体制で推進し、 100年生きることを課題、問題ではなく、幸せにかえていただきたいと思い、質問を終わります。力強い推進、御期待申し上げます。 もっと読む
2018-12-06 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月06日−04号 広範囲での停電が続き、10月1日には小・中学校全校での休校、交通機関での運転の見合わせや道路交通どめによる交通網の乱れなど、市民生活は大きく混乱をいたしました。  そこで、中項目(1)として、台風24号による停電被害の総括と、今後の停電対策を伺います。   もっと読む
2018-12-06 静岡市議会 平成30年 都市建設委員会 本文 2018-12-06 内訳は道路部の道路橋梁災害復旧費が5億1,000万円、土木部の河川災害復旧費が1億1,000万円でございます。これらは、災害発生後の応急対応や復旧工事、また、国の災害査定を経て行う復旧工事などに利用する経費です。  また、この予算が不足する場合は、予算の流用により予算を確保し、緊急対応に当たります。 もっと読む
2018-12-05 静岡市議会 平成30年 市民環境教育委員会 本文 2018-12-05 もう一度言いますが、これは教員の働き方改革ということではなく、子供の学ぶ権利を十分に保障できているかどうかの問題で、何をさておいても緊急に改善しなければならない問題です。  では、どうしてこのようなことが起こるのか。1つは、教職員の多忙です。教育委員会は、校務支援システムによって勤務時間を短縮できると言いますが、はっきり言って焼け石に水です。 もっと読む
2018-12-05 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月05日−03号 そうすると、学校の中で、校舎の中で校庭の中も全部含めて敷地内だめ、病院もそうでしたね、私が市長になってから、病院の道路沿いで吸っているという苦情もいただきました。しかし、吸っている方から見たら、じゃあどこで吸えばいいんだよということになるわけですね。 もっと読む
2018-12-05 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号 では、抹茶を生産しようとした場合、実際に問題となるのが摘み取り前のかぶせです。御承知のとおり、掛川ではかぶせを行う栽培は主流ではありませんから、農家としては大きな初期投資が必要になってまいります。  抹茶の生産拡大については、市も課題として取り組んでおられるかと思います。 もっと読む
2018-12-04 富士市議会 平成30年12月 建設水道委員会-12月04日-01号 だけれども、なかなか進まなくて、やっとことしになって橋をかえてもらえるようになったんだけれども、松原川だけの問題じゃなくて、富士市にはいろいろな河川がたくさんあるわけで、市民からの要望というのがたくさんあると思うんですよ。先ほど90%以上はというお話ですけれども、実際問題はどうなんでしょう。 ◎渡辺 建設部長 今、稲葉委員のお話には2つの要素が含まれると思います。 もっと読む
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 磐田市では、既存の防災林、砂丘、道路のかさ上げ等により、安全性を向上させる海岸防潮堤整備を平成26年度から静岡県と連携して進めています。整備期間は20年間とのことですが、市民は防潮堤整備事業の短縮を求めています。解決すべき諸課題、今後の対応策、完成時期、防潮堤整備事業の期間短縮についての見解を伺います。  中項目の(7)です。 もっと読む
2018-12-04 伊東市議会 平成30年12月 定例会-12月04日-03号 ◎企画部長(中村一人 君)このラスパイレス指数が100を超えていることにつきましては、議員ご指摘のとおり、私どもも問題意識を持っておりまして、このままでよいというふうに考えているものではございません。 もっと読む