7362件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島田市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-07号

次に、その他に移り、所管事務調査として現在全国的にも虐待やいじめ、不登校などが社会問題となっていることから、島田市の子供を取り巻く環境の現状と課題についてを今後の当委員会として調査・研究していくテーマとすることと決しました。  最後に、議会閉会中も継続して審査・調査を行う旨を議長に申し出ること、及び委員長報告作成の一任を決し、午後0時15分に閉会いたしました。  

清水町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日) 本文 開催日: 2019-03-22

しかし、選択肢を持たなかった理由は、旧まちづくり交付金の交付に間に合わないということが選択の基準だったことは問題である。小中学校5校で学校給食の調理を民間委託にするということで来年度予算が組み立てられている。以上の問題点を指摘し、反対討論とする。」との発言がありました。  賛成討論として、「本予算は4月の町長選挙を控え新たな政策的な経費の計上を控えた骨格予算として編成されている。

伊東市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-07号

総務費の顧問弁護費用の増額は、相談がふえたことが問題ではなく、ふえてしまう行政運営に問題があることに気づいているでしょうか。加えて言えば、その依頼先は本市の諸問題に対して適しているのでしょうか。事が起こってから都度都度対応するのではなく、本市の問題の根底から対処できる法務専任者が必要ではないでしょうか。  

長泉町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-22

ここに4車線道路が必要なのか疑問なところはありますが、生活道路優先で予算を増やしていってほしいところです。  施政方針、「パートナーシップが確立し良質なサービスが効果的に提供されるまち」では、ながいずみ未来トークで出された意見を可能な限り町政に反映したいと述べていますが、他にも様々な要望があります。

藤枝市議会 2019-03-20 平成31年 2月定例会−03月20日-05号

次に、「小中一貫教育は、瀬戸谷、大洲、広幡のように、1小1中の地区は余り問題ないものと考えるが、それ以外の地区では無理があったり、学区再編を考えないとぐあいが悪いという問題が出てくると思われるが、どう考えているか。」という質疑に対して、「来年度に向けて、西益津、岡部、葉梨の3地区については地域協議を進めており、推進協議会で地区計画を策定し、平成32年度の4月を目途に進めている。

島田市議会 2019-03-15 平成31年3月15日経済建設常任委員会−03月15日-01号

保留事項でありました、歳出8款土木費、2項1目道路橋梁総務費のうち、水路橋通行監視事業(包括業務委託)について審査いたします。  当局から説明などあればお願いいたします。  田崎すぐやる課長。 ◎すぐやる課長(田崎武明) 補足説明は特にございません。 ○委員長(杉野直樹) それでは委員の皆様、質疑等ありましたらお願いいたします。  ないですか。では全体にしましょう。  

島田市議会 2019-03-13 平成31年3月13日経済建設常任委員会−03月13日-01号

直接いろいろな声も聞きますけれども、現状として、システムというか、農業委員会、人数が減って、地域推進委員のほうがいろいろなものをするというようなことになったのですが、現状として、問題があったかどうか。もちろん同じようなので、さほど問題ないわけですけれども、そのことについて説明してください。 ○委員長(杉野直樹) 鈴木農業委員会事務局長。

島田市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会−03月11日-06号

公用バス運行事業は自家用自動車による運行でありますので、業務委託先の事業者が、例えば道路運送法の規定による有資格者の配置を行う必要はないものと想定しております。  なお、運転手につきましては、公用バス運行事業が旅客運送に類した性格を持つ業務であるため、現在の嘱託員は大型二種免許保有者としております。  

清水町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日: 2019-03-07

まず最初は、道路問題の改善のためにということで質問いたします。  清水町の道路状況は非常に劣悪と言っていい状況です。高齢者や子供たちに優しい町になっていないという意見がたくさんあります。交通事故も県下でワーストワンという状況です。そういう状況でありますけれども、こうした清水町の道路事情の改善について質問いたします。  

島田市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会-03月07日-05号

◆19番(清水唯史議員) 公認コースだけ、また、公認大会というのは、各ポイントに審判員を立てたりとか、道路の安全対策とか、クリアしなければならない点があると思いますので、公認大会というのは相当大変なものだと思います。県内にも、確か静岡と浜松と焼津のハーフですか、その3つぐらいしかないと思います。  

伊東市議会 2019-03-07 平成31年 3月 定例会-03月07日-06号

ちょっと問題は違いますが、生活保護の、職員のジャンパーの問題で大変大きな報道もされた小田原市なんかでも、接遇に対しての改善をして、生活保護のパンフレットまで全部書き直してやっているんですが、この「お客様の利益となることは積極的に説明する。」

掛川市議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月07日-06号

近年、自動運転車の実用化に向けて技術革新が進められ、日本政府は2025年に高速道路での完全自動運転とすること、いわゆるレベル 4を目標に、企業とともに開発を進めております。創世会としても会派として直接、国土交通省に伺い、自動運転の実現に向けた現在の取り組みと今後の展望について学んでまいりました。全国各地で自動運転車の実証実験が行われ、エコパ周辺では、 2月 8日まで県が実証実験を行っておりました。

伊東市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会-03月06日-05号

小・中学校の統廃合の問題です。教育問題懇話会において慎重に話し合われ、先日答申がされました。この問題にはいろいろな考え方があり、どれが正解か判断はなかなか難しいものだと思います。また、市内県立高校の再編も進められている中、県と市の連携を検討することは重要であると考えます。現在の状況と課題を伺うとともに、統廃合に対する考えを伺います。  以上で壇上からの質問を終わります。

清水町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第3日) 本文 開催日: 2019-03-06

国のほうで毎月勤労統計の調査方法に不正があったということで非常に国会でも問題になっておりますが、果たして本当に個人の所得が回復傾向になっているのかどうかということは、国レベルでも疑問が持たれていることですし、町レベルでも、町民の所得が本当に回復傾向になっているかどうかということは、皆さん実感として疑問があるというところがあります。

島田市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会-03月06日-04号

2015年6月に改正道路交通法が施行され、14歳以上に対する自転車の危険運転への罰則が強化されました。また、2017年3月施行の改正道路交通法では、75歳以上の運転者に対する免許更新時などの認知機能検査が義務づけられました。事故防止に向けてさまざまな対策はとられているものの、現状では事故は多発しております。