運営者 Bitlet 姉妹サービス
643件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-25 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月25日−04号 そのため、従前より病害虫の回避と土づくり、減農薬・低化学肥料における有機農業や自然農法などの環境保全型農業を推進しております。環境保全型農業では、生物農薬やエコ栽培資材等、地球に優しい資材を導入し、栽培します。これらの資材は農家にとって生産コストのアップにつながりますが、販売に至っては残念ながら大きな価格差がつかないという大変難しい問題がございます。 もっと読む
2018-06-26 掛川市議会 平成30年第 2回定例会( 6月)−06月26日-03号 しかし、高級、中級茶の需要が伸び悩み、設備投資や肥料、農薬の経費率は高くなり、生産農家は有機栽培や被覆茶など努力はしているものの、これからの茶業に対し、不安材料が山積みです。今後の茶業振興を行う中で、掛川茶ブランドの再構築と支援策を考えるべきと思いますが、市長の所見を伺います。   1つ目です。私の認識では、市内の茶生産者も近隣市町に畑を保有しています。 もっと読む
2018-06-25 富士市議会 平成30年 6月 定例会-06月25日-03号 例えば、市民農園の話ですとか、農薬の話ですとか、ごみのことですとか、いろいろな周辺部独特のものもあると思いますので、これからぜひ横の連携をとっていっていただきたいというふうに思います。よろしくお願いいたします。  (5)のところです。どれほどの税収増があるかということであります。 もっと読む
2018-05-17 三島市議会 平成30年  5月 経済建設委員会-05月17日−01号 また、環境に優しく安心・安全で高品質な野菜産地を推進するため、佐野と山田の市民農園にて有機農法の体験の場を提供するとともに、減農薬、低化学肥料のエコファーマーや有機農業者を支援するための⑧の環境保全型農業推進事業に取り組みます。これらの取り組みは、箱根西麓三島野菜などのブランド化、農商工連携の推進や、シティプロモーションの一環でもある⑭のふるさと納税推進事業にも展開しております。   もっと読む
2018-03-08 函南町議会 平成30年  3月 定例会-03月08日−07号 主な事業として、環境衛生総務事務事業、環境保全事業、環境美化事業では、合わせて4,228万円計上されており、職員の人件費のほか、畜犬登録や狂犬病予防のための集合注射、TNR推進事業委託、河川等水質検査委託及びゴルフ場排水残留農薬検査委託、町内クリーン化事業委託料が予定されている。 もっと読む
2018-02-22 函南町議会 平成30年  3月 定例会-02月22日−03号 環境保全事業367万1,000円、町内の環境保全や公害防止、地球温暖化対策等に係る事務事業で、主なものは、事務事業委託料で、町内の河川の水質検査やゴルフ場排水の残留農薬検査委託料、地球温暖化防止対策実行計画の評価業務委託料など、住宅用太陽光発電システム設置費補助金は、静岡県の補助制度が平成29年度で終了しますので、平成30年度からは町単独事業として新たに補助事業を実施し、再生可能エネルギーの利活用や もっと読む
2018-02-21 掛川市議会 平成30年第 1回定例会( 2月)−02月21日-01号 また、掛川茶輸出戦略書に基づき、海外市場での販売促進活動を支援するとともに、輸出に対応した生産体制を構築するため、荒茶残留農薬検査や有機栽培の促進、さらには有機認証など第三者認証取得を支援してまいります。   もっと読む
2018-02-20 三島市議会 平成30年  2月 定例会-02月20日−01号 地域の特性を生かした農業の振興では、耕作放棄地の解消を推進し、農地の有効利用を図ることにより、箱根西麓三島野菜などの生産量の拡大、企業の農業参入、新規就農等について積極的に支援いたしますとともに、農商工の連携と6次産業化の推進に努めますほか、佐野体験農園や山田川自然の里を活用し、有機農業や減農薬・低化学肥料による環境保全型農業に取り組む農業者の育成・確保を推進するとともに、安全・安心、高品質な野菜生産地 もっと読む
2018-02-01 焼津市議会 平成30年2月定例会〔資料〕 そして「世界で一番企業が活動しやすい国づくり」 │    │ をめざすとして、究極の自由化に踏み込む自由貿易協定を推進し、農業と食料をアグリビジネ │    │ ス(農業生産から加工・貯蔵・流通販売・農業機械・農薬・肥料・品種改良・株式会社の農業 │    │ 参入など)の利益のための「アグリビジネスの権利宣言」を狙っている。           もっと読む
2017-12-05 掛川市議会 平成29年第 5回定例会(11月)−12月05日-02号 いろいろな取り組みが既になされているというふうに思いますが、薬草をつくってみたり、あるいは完全無農薬の野菜をそういう地域で生産するとか、いろいろな工夫が必要だというふうに思います。  一方では、山に返せという議論も当然あります。 もっと読む
2017-09-13 掛川市議会 平成29年第 4回定例会( 9月)−09月13日-02号 それから、輸出についてでありますが、課題は、海外の残留農薬基準に適合した茶の生産体制の構築と、掛川茶を輸出する事業者の拡大であります。本年度より掛川茶振興協会事業として、生産体制の面では荒茶の残留農薬検査費用、有機栽培茶の生産費用への補助事業を展開するとともに、高品質な掛川抹茶の生産に向けた茶農家への支援も行っております。   もっと読む
2017-06-15 御殿場市議会 平成29年 6月定例会(第2号 6月15日) ○産業スポーツ部長(勝俣 昇君)  まず、当市の農家の収入でございますが、営業規模や栽培する作物により異なっておりますが、一例を挙げさせていただきますと、専業農家で水稲を500アール作付する農家で、総収益は400万円程度となり、肥料や農薬、農業用機械等の経費を除いた所得は、総収益の3割から4割程度となっております。   もっと読む
2017-03-09 浜松市議会 平成29年  2月 定例会(第1回)-03月09日−04号 当初は、映像制作など空撮業務を中心に普及が進み、現在は、自然災害などの防災分野での活用のほか、土木測量や橋梁点検などの土木建設分野、植物の生育状況確認や農薬・肥料散布など農林業分野でも活用され、既に実用化が進められています。また、事前に設定した経路を自動飛行する自律飛行の技術も進み、最近では、10キロ以上離れた場所に荷物を運ぶ実験なども成功しており、物流分野でも実用化が期待されています。 もっと読む
2017-03-09 浜松市議会 平成29年  2月 定例会(第1回)-03月09日−04号 当初は、映像制作など空撮業務を中心に普及が進み、現在は、自然災害などの防災分野での活用のほか、土木測量や橋梁点検などの土木建設分野、植物の生育状況確認や農薬・肥料散布など農林業分野でも活用され、既に実用化が進められています。また、事前に設定した経路を自動飛行する自律飛行の技術も進み、最近では、10キロ以上離れた場所に荷物を運ぶ実験なども成功しており、物流分野でも実用化が期待されています。 もっと読む
2017-03-07 富士市議会 平成29年 2月 定例会-03月07日-05号 最後に、市街化区域内で農業を経営している方で、近年、農薬散布等を施すことによって周辺住民に迷惑をかけるなど、農業がしづらくなっているため、市街化調整区域内で農業を行えれば耕作放棄地対策にもつながると考えますが、この事業の促進に向けた優遇対策等は講じているのでしょうか。  以上を伺い、1回目の質問といたします。 ○議長(影山正直 議員) 市長。                もっと読む
2017-03-06 伊東市議会 平成29年 3月 定例会-03月06日-05号 それには、狭い面積で低農薬でよいものを栽培できる集約的施設園芸が伊東には適していると思います。また、温泉熱や少々の暖房を利用すれば観光的にも使えるマンゴーやスターフルーツ、ドラゴンフルーツ、パパイヤ、イチゴがつくれます。 もっと読む
2017-03-06 島田市議会 平成29年第1回定例会(第3号)  本文 2017-03-06 茶の実をつくるのでしたら、農薬散布とか、肥料とか、手間隙はほとんどかからないというふうに思いますので、その点、ぜひお調べをいただきたいと思います。そういう情報をお持ちでしたら、少しお聞かせください。 ◯議長(曽根嘉明議員) 北川産業観光部長。 ◯産業観光部長(北川雅之) 茶の実の利用ということでございます。 もっと読む
2017-02-21 掛川市議会 平成29年第 1回定例会( 2月)−02月21日-01号 また、掛川茶の輸出に向けては、掛川茶輸出戦略書に基づき、海外市場での販売促進活動を支援するとともに、輸出に対応した生産体制を構築するため、荒茶残留農薬検査や有機栽培茶園の一挙拡大、さらには有機認証やGAPなど第三者認証取得を支援してまいります。   もっと読む
2016-12-07 掛川市議会 平成28年第 4回定例会(11月)−12月07日-04号 緑茶輸出のためには、既に報じられているとおり、農薬基準や有機農法への取り組みが必要であるが、この課題への対応をどのように生葉の生産現場に伝えて取り組んでいくのか伺う。  この (6)、これが、私、海外戦略で非常に一番大事なところだと思います。 もっと読む
2016-12-06 掛川市議会 平成28年第 4回定例会(11月)-12月06日-03号 掛川市のお茶の現実を見ると、茶畑面積は10年前の80%、茶農家軒数は10年前の半分、静岡県のお茶白書をもとにすると、掛川市のお茶算出額の年々の減少、荒茶生産量の減少、茶の生産性では平たん地と中山間地と比較すると、労働力、肥料費、農薬費が高く、生産性が悪いことです。乗用型茶摘み機の導入は進んでいても、 1戸当たりの耕作面積は鹿児島に比べると少ないことで、過剰投資が懸念されています。   もっと読む