546件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜松市議会 2018-12-03 平成30年 11月 定例会(第4回)-12月03日−20号

(2)今後の歳入見込みと課税自主権の拡充についてです。  2045年には行政区再編の必要性として、人口減少、超高齢化、社会保障費の増大、インフラの老朽化という問題提起をしている。人口については13万人の減少としているが、しかし、最新の統計では約9万人の減少と大幅に見直しもされている。  

三島市議会 2018-11-30 平成30年 11月 定例会-11月30日−05号

6区画全体の建築費の総額を120億円程度と推測し、その半分を課税標準額と仮定しまして、60億円に税率の1.7%を乗じますと建物の固定資産税は1億200万円となります。これに土地の固定資産税2,520万円をプラスしますと固定資産税を1億2,720万円と推計しております。  

浜松市議会 2018-10-04 平成30年 10月 厚生保健委員会-10月04日−01号

また、市民税課税世帯は月額1020円がかかりますので、民間の類似サービスと同等になっています。利用したいのに利用できないことに対して何か手がないのか強く感じますので、声を拾っていただければと思います。 ◆鈴木恵委員 緊急通報システム事業は民間に委託していますが、通報件数の実績を伺います。 ◎健康福祉部次長(高齢者福祉課長) 29年度の通報件数は1314件で、救急車の出動に至ったのが78件でした。

伊東市議会 2018-09-11 平成30年 9月 定例会−09月11日-02号

本定例会に提出の平成29年度市政報告書の一部に誤りがあり、本日、文書で通知をさせていただいたところでございます。先日の訂正に続き、大変ご迷惑をおかけいたしまして、まことに申しわけございませんが、よろしくご了承の上、お取り計らいいただきますようお願いいたします。申しわけございませんでした。                 ━━━━━━━━━━━━ ○議長(井戸清司 君)これより議事に入ります。

清水町議会 2018-08-30 平成30年第3回定例会(第1日) 本文 開催日: 2018-08-30

改正の主な内容でありますが、地方活力向上地域等特定業務施設整備計画の県知事の認定期限を2年間延長するほか東京23区にある本社機能等を地方活力向上地域に移転し整備する事業に対しこれまで固定資産税の不均一課税としていたものを課税免除とするなど所要の改正を行うものであります。  以上、改正の内容について御説明申し上げました。よろしく御審議をお願い申し上げます。  

伊東市議会 2018-06-18 平成30年 6月 定例会−06月18日-02号

                 中 村 一 人 君 企画部行政経営課長            小 川 真 弘 君 同情報政策課長              稲 葉 信 洋 君 危機管理部長兼危機管理監         村 上   靖 君 総務部長                 浜 野 義 則 君 総務部庶務課長              小 川 直 克 君 同財政課長                木 村 光 男 君 同課税課長

伊東市議会 2018-06-15 平成30年 6月 定例会-06月15日-01号

              佐 藤 文 彦 君 同情報政策課長              稲 葉 信 洋 君 危機管理部長兼危機管理監         村 上   靖 君 危機管理部危機対策課長兼危機管理監代理  石 井 英 明 君 総務部長                 浜 野 義 則 君 総務部庶務課長              小 川 直 克 君 同財政課長                木 村 光 男 君 同課税課長

浜松市議会 2018-03-12 平成30年  2月 定例会(第1回)-03月12日−05号

高校生世帯を応援する趣旨に異を唱えるつもりはありませんけれども、県立高等学校が圧倒的に多いわけですから、広域行政を担う県として県税を使った統一した制度で実施すべきで、政令市を財政力があるとして別扱いするのは誤りであります。  そこで、本市の考え方を金原こども家庭部長に伺います。  ここで一旦分割します。 ○議長(渥美誠) 当局からの答弁を求めます。

富士市議会 2017-12-04 平成29年11月 定例会-12月04日-03号

次に、歳入面における合併の効果・影響及び地方交付税の合併算定がえ廃止の影響の見通しについてでありますが、市税につきましては、平成24年度以降、旧富士川町域において、都市計画税の税率を0.2%から0.3%に引き上げて課税しておりますので、その増収分はありますが、旧富士川町の市税の規模は旧富士市の6%程度でありましたので、大きな影響はなかったと認識しております。

藤枝市議会 2017-09-29 平成29年 9月定例会−09月29日-05号

という質疑があり、これに対して、「主に課税、児童手当、介護、後期高齢者等の業務に係る通知の発送事務や、書庫、倉庫として使用する予定である。相談業務など市民を対象とした業務については、現在検討中である。」という答弁がありました。  次に、「旧法務局の建物の耐震状況を伺う。」

御殿場市議会 2017-09-25 平成29年 9月定例会(第6号 9月25日)

収納率は景気の動向に左右されやすく、景気の上昇要因や下振れリスクが国内外には混在しておりますが、職員の滞納整理に関する能力を向上させ、納税相談の充実、収納体制及び滞納処分の強化を図るとともに、現年課税分への滞納整理の早期着手により、新たな滞納繰越分の発生を抑止するなど、さらなる収納率の向上を目指し、税負担の公平性、財政の確保に努めてまいります。  以上、答弁とさせていただきます。  

裾野市議会 2017-09-15 平成29年  9月 定例会-09月15日−委員長報告・討論・採決−05号

去る8月28日に提出いたしました第55号議案につきまして、誤りがあり、訂正をしたいので、裾野市議会会議規則第19条の規定により、別紙のとおり申し出するものであります。   訂正の内容でありますが、正誤表にありますとおり、別表第2に掲げる利用者負担額のうち、下線の引いてある金額をそれぞれ訂正するものであります。   以上、議案の訂正につきましてご承認を賜りますように、よろしくお願いを申し上げます。

伊東市議会 2017-09-12 平成29年 9月 定例会−09月12日-02号

本定例会に提出の平成28年度市政報告書及び平成28年度伊東市各会計歳入歳出決算及び基金運用状況審査意見書の一部に誤りがあり、本日、文書で通知をさせていただいたところでございます。大変ご迷惑をおかけいたしまして、まことに申しわけございませんが、よろしくご了承の上、お取り計らいいただきますようお願いいたします。申しわけございませんでした。                

磐田市議会 2017-09-11 磐田市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月11日−02号

去る9月8日の本会議におきまして、認第1号平成28年度磐田市一般会計決算、歳出の8款4項2目土地区画整理費の説明の中で誤りがありましたので、訂正させていただきます。新貝土地区画整理事業の進捗率を84.2%と発言いたしましたが、正しくは84.5%でございます。また、鎌田第一土地区画整理事業の進捗率を18.5%と発言いたしましたが、正しくは17.9%でございます。

磐田市議会 2017-09-08 磐田市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月08日−01号

内訳として現年課税分が99.20%、滞納繰越分が29.20%となり、前年度に比べ現年課税分が0.25ポイントの増、滞納繰越分が5.3ポイントの増となりました。  不納欠損額は、前年度比30.55%増の1億4,919万4,550円となり、前年度比の増減が顕著な税目は、個人住民税で約1,827万円、固定資産税で約1,543万円、それぞれ増加をしております。

伊豆の国市議会 2017-09-08 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月08日−06号

それと、すみません、この場をかりて、先ほど私の答弁で誤りがありましたが、先ほど、臨時財政対策債の関係で、後年度元利償還金についてを基準財政収入額に算入するというふうに言ってしまったんですが、これは返すお金ですので、基準財政需要額に算入されるということで訂正をお願いします。失礼しました。 ○議長(天野佐代里君) では、続けて副市長。

裾野市議会 2017-08-28 平成29年  9月 定例会-08月28日−議案説明−01号

審査の結果、審査に付された各会計の歳入歳出決算書を初めとする関連調書等は、いずれも地方自治法等関係法令に準拠して作成されており、その計数は、関係諸帳簿その他の証拠書類と照合した結果、誤りのないものと認められました。また、予算の執行及び関連する事務の処理は、おおむね適正に行われているものと認められました。   続きまして、2ページの総括意見をごらんください。