289件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

清水町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日) 本文 開催日: 2019-03-22

予算の増額は、従来、観光振興で持っていた事業を発展させるため組み替えたことによるものです。」との答弁がありました。  次に、委員から「観光振興の部分を含めた予算にしたことで企業の創業を狙っての予算か。」とただしたところ、「柿田川のバーチャル映像が完成し、これからどのように情報発信するかで企業との連携により新たな創業の芽が出るのかということを検討したいことから予算を組み替えたものです。」

伊東市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-07号

次に、子育て応援ガイドブック等作成事業の内容確認がされた後、本事業の必要性及び配布先を問う質疑があり、当局から、子育て世代はスマートフォン所持率が高いと思われ、子育て支援アプリ活用事業やアプリ以外にウエブサイトの開設等も行っているが、ガイドブックの作成を希望する声もあることから、未就学児がいる家庭及び母子手帳申請時等にガイドブックを配布する計画をしている、また、配架先としては、コミュニティセンターや

長泉町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-22

との質疑に対し、今後、状況の変化により適宜、見直しを行うが、主に、企業誘致や企業留置、ファシリティマネジメントに伴う義務教育施設建替えへの対応、子育てサポートの強化、高齢化社会に向けての対応、観光面を主とした交流人口の拡大、情報発信の充実等の行政課題に対応することが今回の職員増員の主な要因である。との答弁がありました。  

掛川市議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月07日-06号

私も使っていますけれども、VoiceTraとかアプリが非常に、こちらから言うのをすぐに切りかえて、外国人の方から聞くのを翻訳することができるようなアプリもございますので、そういったものを活用して、市民課だけではなくて、ほかの職員もそういったものを活用するような周知をしていきたいと思っております。 ○副議長(榛葉正樹君) 再質問はありますか。 9番、藤澤恭子さん。

伊東市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会-03月06日-05号

観光経済部長(近持剛史 君)今のパンフレットの話につきましては、観光課、また観光協会とか旅館組合、さまざまなところでつくっております。どちらかといいますと、いろいろなところでつくり過ぎまして、数が多過ぎて何の事業が載っているかわからない。

伊東市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-03号

第3款民生費からは、子育て支援アプリ活用事業、子どもの居場所づくり事業、母子・父子自立支援事業について伺います。子育て支援アプリ活用事業は、スマホを利用した子育て支援策で、時代の流れを感じさせる事業です。母親やおばあさん、あるいは近所の女性などから得ていた情報をスマホが提供してくれるようなイメージが浮かびます。その新しさと有効性を伺います。  

藤枝市議会 2019-03-01 平成31年 2月定例会-03月01日-04号

○議長(西原明美議員) 商業観光局長。 ◎商業観光局長(内記秀夫) 私から、標題2の志太温泉の復活についての1項目め及び2項目めについてお答えします。  初めに、1項目めの志太温泉の捉え方についてですが、志太温泉は、1885年(明治18年)に、後に元湯と改名した棄杖亭が開業し、1世紀余の間、藤枝の名湯として、さらには地元の湯治場として、本市の観光の一躍を担ってまいりました。  

藤枝市議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会-02月27日-02号

そのため、文化資源を観光の仕掛けとして活用する専任の担当を設けることで、蓮華寺池公園や玉露の里などの観光拠点、さらに本市の大きな特産でありますお茶や地酒など多様な地域資源との連携を総合的に捉えまして、街道観光として新たな施策を推進してまいります。  

伊東市議会 2019-02-25 平成31年 3月 定例会-02月25日-02号

122ページにかけての事業2は、1節の家庭児童相談員2人の報酬のほか、13節の児童福祉システム改修委託料や、14節の児童福祉システムリース料などが主なもので、事業3は、8節の伊東っ子誕生祝金や、12節の子育てアプリ利用料のほか、13節のファミリーサポートセンター運営委託料や、子育て応援ガイドブック等作成委託料などが主なものであります。

伊東市議会 2019-02-22 平成31年 3月 定例会-02月22日-目次

(1) 子育て支援アプリ活用事業    (2) 子どもの居場所づくり事業    (3) 母子・父子自立支援事業   5 衛生費における以下の主要事業について、その概要と、どのような効果を期待しているかを伺う。    (1) いで湯型デイサービス事業    (2) ふれあい収集事業   6 労働費における以下の主要事業について、その概要と、どのような効果を期待しているかを伺う。    

伊東市議会 2019-02-22 平成31年 3月 定例会-02月22日-01号

魅力ある観光地の創造につきましては、市民の皆様とともに、新たに策定した第3次伊東市観光基本計画に基づき、選ばれる観光地を目指す施策を展開してまいります。伊豆半島ジオパークにつきましては、一碧湖遊歩道の舗装整備や観察橋の改修など、ジオサイトのさらなる磨き上げを進めてまいります。

焼津市議会 2019-02-03 平成31年2月定例会(第3日) 本文

次に、地域資源を活用した観光交流についてであります。  焼津は海、山、川の自然環境、美しい景観、歴史、伝統、食文化、温泉、スポーツなど豊富な地域資源に恵まれ、観光についてもそのポテンシャルは非常に高いと考えております。特に焼津の食は観光誘客の柱であり、これまでも観光パンフレットを初め、各種プロモーションの媒体のメーン素材として紹介するなど、活用してまいりました。  

焼津市議会 2019-02-02 平成31年2月定例会(第2日) 本文

大井川港周辺のおもてなし拠点の創出には、クルーズ船の誘致が交流人口の増加につながり、大井川港の活性化はもとより、観光振興の大きな起爆剤となると考えております。  クルーズ船の誘致活動については、平成29年度にクルーズ船3社の幹部を招聘して、大井川港や周辺観光のPRなど誘致活動を行いました。

藤枝市議会 2018-12-07 平成30年11月定例会-12月07日-03号

3点目、国内外からの観光客の来訪の促進、観光地の魅力の増進、その他の地域の活性化に資するものに対する支援がありますが、来年度のラグビーワールドカップ、さらには2020年のオリンピック・パラリンピックの観光者に向けた藤枝市の観光促進の具体的な政策を伺います。  以上の標題につきまして、御答弁よろしくお願いいたします。 ○議長(西原明美議員) 当局から答弁を求めます。市長。           

掛川市議会 2018-12-05 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号

先日、目にした新聞記事に、無料通信アプリLINEのビジネス用サービスを使い、掛川市の官民グループがITで行政の業務改善・技術開発のイベントを開催したとありました。行政が全ての課題を解決するのが難しくなる中で、さまざまな立場の人が協力して解決を図る仕組みが重要と、代表を務める市の職員の方は述べられていました。こうした新鮮で柔軟な発想が、持続可能な掛川市をつくっていくのではないでしょうか。  

浜松市議会 2018-12-03 平成30年 11月 定例会(第4回)-12月03日−20号

タブレットの多言語翻訳アプリはまだまだ開発途上ではないでしょうか。日本の教育の入り口である小学校へのスムーズな移行は、これからの浜松を担う多彩な力の育成につながるのかもしれません。  続いて、質問の2番目は、女性の活躍推進についてです。  1点目は、浜松女性活躍推進プランについてです。  

伊東市議会 2018-12-03 平成30年12月 定例会-12月03日-02号

商店街とか、そういうところの協力も得て、ここでは授乳が可能とか、おむつがえが可能とか、商店の皆さんにシールでというのが、芦屋とか、そういうところの赤ちゃんの駅のスタートでありましたので、アプリの情報をやっていただいているので、ぜひ移動式赤ちゃんの駅の周知もあわせてお願いしたいと思います。  以上で私の一般質問を終わります。ありがとうございました。

島田市議会 2018-12-03 平成30年第4回定例会−12月03日-02号

市民のために情報を収集する、また、発信のための島田市のアプリのようなものをつくったらどうかなと私は考えているのですが、そういったことを考えたことはあるでしょうか。 ○議長(大石節雄議員) 鈴木市長戦略部長。 ◎市長戦略部長(鈴木将未) 情報の収集や発信に特化したというところのアプリというものは、今のところ考えてはおりません。

伊豆の国市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−04号

4、観光振興について。  伊豆の国市の観光振興策について、以下の質問をします。  (1)伊豆の国市が重点としている観光施策は何ですか。  (2)過去5年間の観光動向について、どのように捉えていますか。また、今後の観光動向はどのように推測していますか。  (3)観光関連の市の直轄事業と委託事業、補助事業の考え方はどうなっていますか。