6314件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-26 島田市議会 平成31年第1回定例会−03月26日-07号  木 将 未              眞 部 和 徳        部  長                 部  長        地域生活部長兼              健康福祉              杉 村 嘉 弘              横田川 雅 敏        支 所 長                 部  長        こども未来                産業観光 もっと読む
2019-03-25 島田市議会 平成31年3月25日議会運営委員会-03月25日-01号 最初に産業観光部ですが、文化資源活用課が新設されます。また、商工課に産業支援センター長兼務の参事が配置されることから、平成30年度と比較して構成員数が15人から17人と2人増員となります。トータルで行きますと、平成30年度が66人、平成31年度が68人と2人の増ということになります。  以上、平成31年度の常任委員会の構成案でございます。よろしくお願いいたします。 もっと読む
2019-03-22 清水町議会 平成31年第1回定例会(第5日) 本文 開催日: 2019-03-22 予算の増額は、従来、観光振興で持っていた事業を発展させるため組み替えたことによるものです。」との答弁がありました。  次に、委員から「観光振興の部分を含めた予算にしたことで企業の創業を狙っての予算か。」とただしたところ、「柿田川のバーチャル映像が完成し、これからどのように情報発信するかで企業との連携により新たな創業の芽が出るのかということを検討したいことから予算を組み替えたものです。」 もっと読む
2019-03-22 長泉町議会 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-22 との質疑に対し、今後、状況の変化により適宜、見直しを行うが、主に、企業誘致や企業留置、ファシリティマネジメントに伴う義務教育施設建替えへの対応、子育てサポートの強化、高齢化社会に向けての対応、観光面を主とした交流人口の拡大、情報発信の充実等の行政課題に対応することが今回の職員増員の主な要因である。との答弁がありました。   もっと読む
2019-03-20 藤枝市議会 平成31年 2月定例会−03月20日-05号            藤 村 啓 太      財政経営部長           山 田   司      市民文化部長           大 石 和 利      スポーツ・文化局長        山 田 雅 己      健康福祉部長           小 澤 一 成      健やか推進局長          松 野 京 子      産業振興部長           秋 田 弘 武      商業観光局長 もっと読む
2019-03-15 島田市議会 平成31年3月15日経済建設常任委員会−03月15日-01号 年度島田市一般会計予算中、所管に属するもの 2.その他 出席委員(6人)  委 員 長  杉 野 直 樹       副委員長  河 村 晴 夫  委  員  横 山 香 理       委  員  大 石 節 雄  委  員  森   伸 一       委  員  平 松 吉 祝 欠席委員(なし) 説明のために出席した者  危機管理部長                    眞 部 和 徳  産業観光部長 もっと読む
2019-03-14 島田市議会 平成31年3月14日総務生活常任委員会−03月14日-01号 今回、観光課において、観光戦略の策定に当たって、デジタルマーケティングを活用して、観光客の動向分析を通じて、地域活性化につながる観光戦略、総合戦略を作成していくといったものではございますが、こうした形で連携をとりながら実施していくというものでございます。   もっと読む
2019-03-13 島田市議会 平成31年3月13日経済建設常任委員会−03月13日-01号 ○委員長(杉野直樹) 佐藤観光課長。 ◎観光課長(佐藤修) 民間団体、民間の方々のやる気というものを、やはり観光としても捉える必要があるかと考えております。 もっと読む
2019-03-12 島田市議会 平成31年3月12日厚生教育常任委員会−03月12日-01号 ◎文化課長(太田直樹) 歴史資源活用事業の内容でございますが、川越街道、川越遺跡、諏訪原城跡などの市内の文化資源を活用した情報発信、プロモーションをやることにより、観光客等を誘致し、にぎわいをつくり出す事業で、それにかかる経費でございます。   もっと読む
2019-03-11 島田市議会 平成31年第1回定例会−03月11日-06号 〔5番 齊藤和人議員発言席へ移動〕 ○議長(大石節雄議員) 谷河産業観光部長。    〔産業観光部長 谷河範夫登壇〕 ◎産業観光部長(谷河範夫) 齊藤議員の歳出6款2項2目林業振興費中、森林環境整備促進事業費についての(1)の御質問についてお答えをいたします。   もっと読む
2019-03-07 清水町議会 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日: 2019-03-07 産業観光課長 前川君。 79 ◯産業観光課長(前川仁志君) 桐原議員の御質問にお答えいたします。   もっと読む
2019-03-07 島田市議会 平成31年第1回定例会-03月07日-05号 1.設置予定の観光案内所とこれからの観光施策について  「観光で稼ぐ」という文言を使って、当市はこれからの観光施策を進めていくと聞いております。とりわけ新東名島田金谷インターチェンジ周辺の賑わい交流拠点整備では、市が観光案内所を設置することになっております。そこで、この観光案内所を活用して、どのような観光施策を計画しているのか、以下、質問いたします。   もっと読む
2019-03-07 島田市議会 平成31年3月7日議案の審査方法等に関する特別委員会−03月07日-01号 ◆委員(山本孝夫) 特にこれはということはないのだけれども、例えば今回の観光云々の話が市のほうで出ました。これを観光についてもいろいろ施策を打った。その事業評価シートを出していただいた。 もっと読む
2019-03-07 長泉町議会 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-03-07 ジオパークについては、これまでもながいずみ観光交流協会が主体となり、まさにリードしていただいている部分であることから、その1周年記念事業として、ながいずみ観光交流協会に実施していただきます。   もっと読む
2019-03-06 清水町議会 平成31年第1回定例会(第3日) 本文 開催日: 2019-03-06 産業観光課長 前川君。 34 ◯産業観光課長(前川仁志君) 桐原議員の御質問にお答えいたします。  まず1点目の負担金、日本貿易振興機構の関係でございます。   もっと読む
2019-03-06 島田市議会 平成31年第1回定例会-03月06日-04号  木 将 未              眞 部 和 徳        部  長                 部  長        地域生活部長兼              健康福祉              杉 村 嘉 弘              横田川 雅 敏        支 所 長                 部  長        こども未来                産業観光 もっと読む
2019-03-06 長泉町議会 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-03-06 整備を予定しております鮎壺公園は、地域住民の利用とジオサイトである鮎壺の滝を訪れる観光客の利用の両翼からの整備が必要であると考えており、今年度、鮎壺公園の整備や下土狩駅周辺の活性化に向けて、国の補助を受け、官民連携による基盤整備を推進することを目的とする調査を実施しております。   もっと読む
2019-03-05 島田市議会 平成31年第1回定例会-03月05日-03号 2.観光施策について  当市を「観光で稼ぐまち」の視点から見ると、他の事業に比べて進捗状況が好ましくないと思われます。観光への取り組みの強化は、当市の存続に欠かすことのできないことと考え、以下について伺います。  (1)観光で稼ぐまちのため、観光戦略の具体的中身について伺います。   もっと読む
2019-03-01 長泉町議会 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-03-01 魅力ある観光交流事業の振興につきましては、本年4月で認定1周年を迎える伊豆半島ユネスコ世界ジオパークの自然文化、地域産業の更なる発展を目指し、ながいずみ観光交流協会が主体となった記念イベントを実施いたします。  第6に、「パートナーシップが確立し良質なサービスが効率的に提供されるまち」のための施策について申し上げます。   もっと読む
2019-03-01 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-03月01日-04号 ○議長(西原明美議員) 商業観光局長。 ◎商業観光局長(内記秀夫) 私から、標題2の志太温泉の復活についての1項目め及び2項目めについてお答えします。  初めに、1項目めの志太温泉の捉え方についてですが、志太温泉は、1885年(明治18年)に、後に元湯と改名した棄杖亭が開業し、1世紀余の間、藤枝の名湯として、さらには地元の湯治場として、本市の観光の一躍を担ってまいりました。   もっと読む