1021件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-13 島田市議会 平成31年3月13日経済建設常任委員会−03月13日-01号 対象となる空き店舗等は、2カ月以上、空き家または事業に供されていない店舗で、対象者は、新規に出店する者及び新規に出店する者に貸与する者です。  対象事業は@の業種で、事業継続期間3年以上、営業時間週4日以上、午前10時から午後5時までの時間帯に3時間以上の事業とします。  対象経費は@の工事費で、対象経費の2分の1以内、100万円を限度に補助します。   もっと読む
2019-03-11 島田市議会 平成31年第1回定例会−03月11日-06号 リノベーションの内容といたしましては、対象区域の中の空き家店舗等を、建物の用途及び機能を変更して、建物自体の価値を高める手法により活用するもので、単なる修繕等は対象としない考えです。1件当たりの補助金額につきましては、補助率2分の1以内、上限100万円を予定しております。  次に、(4)の御質問についてお答えをいたします。   もっと読む
2019-03-01 長泉町議会 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-03-01 就労支援体制の充実につきましては、従来の就労支援セミナーに加え、新たに起業を目指す方を対象とした起業に特化したセミナーを開催するとともに、下土狩駅周辺の空き家を活用した起業体験事業を実施することで、起業の促進及び下土狩周辺地域の賑わい創出を図ります。   もっと読む
2019-03-01 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-03月01日-04号 それから、もっと申し上げますと、例えば平成31年度、さらに強力に進めていく空き家、空き地の利用促進、こういったものも、住宅を取得したいという方の希望に呼応しまして、国の住宅取得促進税制、こういった制度と本市が行うこの空き地対策の促進、こういうものが相乗効果を発揮して、個人消費の喚起になっていくというように考えてございますので、本市が行うさまざまな施策が国の臨時的な対策と相乗効果を発揮して、経済対策、 もっと読む
2019-02-27 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-02月27日-02号 ◎都市建設部長(木野浩満) 私から、9項目めの空き家の解消に向けたマッチングのあり方についてお答えします。  空き家は所有者の財産である一方で、再利用することにより地域の活性化につながる有効な資源でもあります。 もっと読む
2019-02-25 島田市議会 平成31年第1回定例会−02月25日-02号 「住みよい生活環境をつくる」につきましては、市内でも空き家が目立ち始めていることから、こうした空き家を利活用するため、中古住宅の購入者に対する奨励金を交付するとともに、危険な空き家に対しては危険除去のための応急処置や、相続人の存在が明らかでない空き家の整理を可能とするなど、快適な住環境の確保に向けたさまざまな対策を講じてまいります。   もっと読む
2019-02-18 島田市議会 平成31年2月18日総務生活常任委員会−02月18日-01号 それとあと空き家が非常に目立ってきています。その辺ももう一度しっかり条例等検討していく必要があるのではないかと思いますので、そちらのほうも今までやってきた移住・定住対策、ことしやったことを生かしてもう少し深く、これというものを1つ絞ってやっていったらどうかと思います。  以上です。 ○委員長(曽根嘉明) 皆さんからそれぞれいただきました。 もっと読む
2019-02-18 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-02月18日-01号 中でも新年度は、空き家の流通を成長戦略に位置づけまして、定住人口を呼び込む貴重なストックとして、官民連携で重点的に活用を進めます。空き家の取得や改修に係る支援を拡充することで、子育て世代をターゲットに、リノベーションによる魅力的な低廉な住宅の供給、解体による新たな住宅の供給を促し、課題となる住宅団地の新陳代謝による再生にもつなげてまいります。   もっと読む
2019-02-15 島田市議会 平成31年2月15日経済建設常任委員会−02月15日-01号 でもいいのだけれども、そういう意味でのあそこの入れかえ、こういうふうに構造を決めてちょっと変えていくとどうのということで今やろうとしているけれども、まだ始めたばっかりなものだから、具体的には話せないという話もあったので、その具体的なものをそろそろ始めたようなまちへ行って調べてくるというのも、1つの、今回ちょうど課題になって、また来年に先送りになったものだから、中心市街地をやるならその辺かなということと、もう一つは空き家 もっと読む
2019-02-07 島田市議会 平成31年2月7日議員連絡会−02月07日-01号 利用した移住施策は島田市に住もう応援奨励金が8件、中古住宅購入奨励金が1件、空き家バンクが1件とのことでした。  2件目として、国は平成31年度から東京圏への人口一極集中の是正と人手不足に直面する地域企業の人材確保を図ることを目的に、地方創生推進交付金を活用した新たな移住就業支援金制度を創設する。 もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) この調査の空き家には、別荘等の二次的住宅、賃貸のために空き家となっている賃貸用の住宅、売却のために空き家となっている売却用の住宅も含まれており、賃貸や売買等の不動産市場に流通せず、建物の管理水準が低く、問題となる空き家となる可能性の高いその他の住宅は1,080戸と推計をされています。  本市のその他の住宅の空き家率は3%となっており、全国の5.3%、静岡県の5.0%より低い結果となっています。   もっと読む
2018-12-11 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月11日-04号 ◎福祉こども部長(川島健悟 君) 空き家の活用につきましては、次年度に空き家対策の計画を検討していると私も聞いておりますので、その中で具体的な支援策がありましたら、活用についてまた御相談させていただきたいと考えております。 ○議長(望月昇 議員) 25番米山議員。 ◆25番(米山享範 議員) ぜひ空き家もたくさんありますので、そちらのほうも誘導していっていただきたいと思います。   もっと読む
2018-12-10 藤枝市議会 平成30年11月定例会-12月10日-04号 その中で地域コミュニティーを維持するため、空き家バンクの対象地域の拡大や、来年度に初めて入居が見込まれる優良田園住宅の整備などを着実に進め、地域の持続性を確保するための生活拠点の形成を図ってまいります。   もっと読む
2018-12-10 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月10日-03号 3点目、住居が空き家になってしまった、老朽化しているので解体処分し、宅地として転売をしたい、合併処理浄化槽は市の所有になっているのだから市で掘削処分すべきだといった要求にはどのように対処するのか、お伺いいたします。   もっと読む
2018-12-07 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月07日-02号 次に、空き家対策としてのうち、来年度から実施予定の空き家の除去を支援する制度の内容についてでありますが、適正に管理をされていない空き家は、倒壊や飛散などの保安上の危険やごみ等の放置による公衆衛生の悪化、景観の阻害などの問題を引き起こし、周辺に悪影響を及ぼしております。 もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 空き家対策でも結果残しました。いい面ありますけれども、もう 1回しっかり考えて、あの生涯学習都市宣言をするときには、 1年半で 500回も市民対話を繰り返したわけでしょう。今新しい公共のもとで職員がどんどん減らされる、それをやれと言ったって無理です。新しい公共というのはそういうものなんです。 もっと読む
2018-12-06 静岡市議会 平成30年 都市建設委員会 本文 2018-12-06 3つ目には、農地を生産緑地として保全することによって空き家や空き地等の低未利用地の増加を抑制する効果があると、主にはこの3点の効果が見込まれるものと考えております。 もっと読む
2018-12-04 浜松市議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-12月04日−21号 3点目は、所有者不明や放置された土地、危険空き家になりそうな空き家などを民間に情報開示することで、利活用の可能性も生まれ流動性が高まり、解決の一助になると思います。そこで、情報開示の考えを山下市民部長に伺います。 ○議長(飯田末夫) 当局からの答弁を求めます。 ◎財務部税務担当部長(堀内治之) 9番目の1点目、所有者不明土地の現状と課題、対策についてお答えいたします。   もっと読む
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 小項目①として、市が目指すコンパクトシティ推進に当たり、空き家問題と並行して、住宅供給過剰の把握が必要ではないかと考えます。磐田市における住宅総数と世帯数の現状についてお伺いいたします。  小項目②として、民間住宅メーカーがさまざまな地域で私有地売却による住宅の開発などで定住を促進しています。住宅供給過剰の問題はないのかお伺いいたします。 もっと読む
2018-12-04 清水町議会 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 開催日: 2018-12-04 だと思うんですけれども、近隣住民にお願いして管理をしていただいていた家があって、それは管理をしているから空き家ではないという主張があって、空き家にはカウントしていなかったんですけれども、事情により管理をしていた方が亡くなって空き家になったという場合、2軒同時に空き家になってしまったという例もあります。   もっと読む