運営者 Bitlet 姉妹サービス
2337件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−06号 条例では副市長2人とするということで任期は記載されていませんが、地方自治法第136条には、副知事及び副市町村長の任期は4年とする。ただし、普通地方公共団体の長は任期中においてもこれを解職することができるとなっています。  よって、先ほどの総務部長の説明で伺った実質2年任期の副市長の任命そのものに違法性があるのではないかと考えられます。  4つ目の反対理由は、財政との関係であります。   もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) 全国知事会は、7月27日、「米軍基地負担に関する提言」というものを全会一致で採択をいたしました。 もっと読む
2018-12-10 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月10日-03号 従来比較表というのが一番上にあるんですけれども、そのすぐ横に、これも三重県での事例の1つだったんですが、ドローン測量から知事、副知事へ報告して改善命令まで、これは極端な例かもしれませんけれども、3日間で対応できたということで、時期を逸しない迅速な対応事例ということで書かせてもらったんですが、こういうことができるんじゃないかなと思っております。   もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 また、対象河川は、流域面積が大きく、洪水により国民経済上重大または相当な損害を生じる恐れがある河川として、国土交通大臣、または都道府県知事が指定をした洪水予報河川、または水位周知河川に限定をされております。   もっと読む
2018-12-05 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月05日−03号 それから、5点目の保安林の解除なんですが、私は、職員がいる前でも、知事に対しても、副知事に対しても、県の危機管理監に対しても、4人で行ったときも厳しい口調でお願いをしてきております。それはなぜかというと、この議場でも出ましたけれども、浜松でやれてなぜできないんだということが、やっぱり市民から見ると理解できない要因の1つだと思います。 もっと読む
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 子供の数が多いほど国保税は引き上がる均等割には、まるで人頭税、子育て支援に逆行しているという批判の声が上がり、全国知事会などの地方団体からも均等割見直しの要求が出されています。仙台市、清瀬市、旭川市などが子供の均等割の独自軽減を実施し始めています。子供の均等割の独自軽減について、見解をお伺いをします。  中項目の(5)です。 もっと読む
2018-12-03 伊東市議会 平成30年12月 定例会-12月03日-02号 しかしながら、先般、国からは、全国知事会、市長会、町村会で構成する地方3団体に対し、平成31年度については全額国庫負担とすることが示されたこともあり、今後も国の動向に注視してまいります。以上であります。 ◆6番(佐藤龍彦 君)順次2次質問を進めていきたいと思います。  まず、花でおもてなし事業のブーゲンビリアの植栽をしようとした経緯については、ある程度わかりました。 もっと読む
2018-11-29 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月29日−02号 全国知事会、全国市長会、全国町村会なども、国保の定率負担の増額を政府に要望し続けており、2014年には公費を1兆円投入して、協会けんぽ並み負担率にすることを政府に求めています。  ことし4月から国保の運営が県単位で行われています。広域化による国保税の値上がりが心配されましたが、当市は前年と同率です。 もっと読む
2018-11-29 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月29日−04号 去る11月21日の三島青年会議所主催の市長候補者による公開討論会においては、市長は、基本的にタワー型との考えを申し上げましたが、8月及び10月の市民説明会におけるアンケート調査でいただいた多くの建物の高さに係る御意見や知事のお考えも踏まえ、建物の高さを下げることの必要を感じているとのことで、市長からはこの件に関し、準備組合や事業協力者に相談するよう指示を受けております。   もっと読む
2018-11-27 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月27日−02号 景観の感じ方は千差万別で、皆が100%満足するものはありませんが、高層建築物に違和感を持つ方にも配慮し、知事のお考えも踏まえ、高さを下げる必要があると市長から指示をいただいておりますので、今後、準備組合や事業協力者に相談をしてまいります。   もっと読む
2018-11-20 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月20日−01号 ◎都市基盤部長(鈴木重利君) なぜこの時期かということですけれども、4月当初からずっとその固定資産台帳を見直ししてまいりましたけれども、起債のタイミングが今がリミットということで、起債には知事の同意が必要になりますので、この時期ということになりました。以上です。 ◆1番(土屋利絵君) 私から、3点質問させていただきます。   もっと読む
2018-11-05 静岡市議会 平成30年11月定例会(第5日目) 本文 全国知事会、全国市長会、全国町村会は、繰り返し国庫負担の増額を国に求め、全国知事会は、2014年に1兆円の公費負担増で、せめて協会けんぽ並みの負担にすることを政府に要望しています。日本共産党はこの考えに賛成し、財政力の弱い県には交付税措置の検討を提言しています。国にはこうした要望をしていますが、それが実現できなければ、静岡市の国保料は下げられないのでしょうか。 もっと読む
2018-11-02 焼津市議会 平成30年11月定例会(第2日) 本文 全国知事会、全国市長会、全国町村会は、加入者の所得が低い国保がほかの医療保険より保険料が高く負担が限界になっていることを国保の構造問題だとして、抜本的な財政基盤の強化が必要だと主張しています。  日本医師会などの医療関係者も、国民健康保険制度を守るために低所得者の保険料を引き下げ、保険証の取り上げをやめるように求めています。所得が低いのに保険料は一番高い、この不公平を正すのは政治の責任です。   もっと読む
2018-11-01 焼津市議会 平成30年11月定例会〔資料〕 これでは「まるで人頭税だ」「子育て支援に逆行している」との批  │    │    判の声があり、全国知事会からも「均等割」見直しの要求が出されていることは9月議  │    │    会でもお伝えした。 もっと読む
2018-10-22 三島市議会 平成30年 10月 経済建設委員会-10月22日−01号 ただ、私は市民合意、市民総意というのは、先ほど言いましたようなプロセスを経て導き出された結果が市民合意、市民総意というふうになり得るというふうに思っておりますので、今、川勝知事が言っているような拙速なやり方、もしくは異論が存在する中で事業を進めるということがあってはならないというふうに思っております。以上です。 ◆土屋[俊]委員 土屋でございます。 もっと読む
2018-10-10 富士市議会 平成30年 9月 定例会-10月10日-05号 市長は、もし来年2月に移行表明したら、川勝知事のところに行きますよね。川勝知事に何と言うんでしょうか。移行表明したのでお願いします、2年後、市議会は通らないかもしれませんが、とりあえずやってみてくださいと言うんでしょうか。これは相当失礼な話ですし、恥ずかしい話だと思います。あるいは市の移行プロジェクトチームのメンバーの前で何と言うんでしょうか。 もっと読む
2018-10-01 静岡市議会 平成30年 清水都心まちづくり特別委員会 本文 2018-10-01 官で載っているんだけど、知事も、あそこに庁舎が移転するときには、あんな危ないところへつくったって仕方がないなんていうことを言うわけだよね。だけど、一番危ないところを何とかしなきゃならないという防潮堤は、県がやらないといけないわけだよ。そうでしょう。  県との連携なくして、防潮堤の話はできないわけだよ。 もっと読む
2018-09-28 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月28日−06号 また、候補者のビラの作成の費用につきましては、選挙運動用自動車の使用及び選挙運動用ポスターの作成並びに都道府県知事及び市長の選挙における選挙運動用ビラの作成と同様に、条例で定めるところにより一定の金額の範囲内で公費負担することができることとされました。   もっと読む
2018-09-26 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月26日−05号 これまで私のほうで、豊岡市長と知事との面談をセットいたしましたり、自分からも県のほうに出向きまして、状況報告や情報提供等をしてきたつもりでございますが、知事からも報告がないというような御発言もいただいたこともございましたので、県から派遣されている副市長といたしまして、県と市のパイプ役として、それ以降はそういうことがないようにということで注意いたしまして、より適時適切に情報提供することに努めているところでございます もっと読む
2018-09-21 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月21日−03号 ◆19番(大石一太郎君) 手続きについては予定どおり淡々と進める話でしょうが、市民の関心が高い知事とかグランドワーク三島に対する市の考え、取り組み方針について聞いたのですが、答弁がありませんので、これは現段階では一致点がない、協議の余地がないと解釈いたします。市民は県との正常な関係、環境改善を求めていることを申し上げます。  市長はオール三島をよく使います。 もっと読む