777件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 島田市議会 平成31年3月14日総務生活常任委員会−03月14日-01号 財政のことばかり言うのですが、どこかで住民に痛みも感じてもらわないといけないときが来るということを考えると、この辺、リセットして考える時期ではないかと思うのですが。  市長もそういう痛みを感じてもらいながら、この財政運営にはとりかかっていくということを言っているものですから、その辺で、市長が考える、ここで聞くわけにはいきませんけれども、やはりこれはずっと続けていくのでしょうか。 もっと読む
2018-12-13 浜松市議会 平成30年 12月 新病院・新清掃工場建設調査特別委員会-12月13日−01号 それに加えて、陣痛が始まったときに麻酔を打って痛みを軽減するという方法らしいのですが、その場合に安全上どうかとか、院内の体制でソフト的なところも充実させないといけないものですから、助産師、看護師、医師がどうかかわるかといったことに加えて、医療機器の問題の両方を解決するということをやっている段階です。 ○鈴木育男委員長 院内では診療科ごとに集計していると思います。 もっと読む
2018-12-06 藤枝市議会 平成30年11月定例会-12月06日-02号 非常に大変な重量を背負ったことになろうかなあというふうにして思いますけれども、ランドセルメーカーでもこの辺はしっかりと調査をしていただいて、約3割の方々が肩の痛みを訴えているという御報告もあるようでございます。   もっと読む
2018-12-05 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号 これは掛川市のことですけれども、窓口業務の法人委託検討ということで、こちらの市民課でのことがどうしても委託の人たちだけにお任せできない部分があって、絶えずそこは正職の方がチェックするというようなシステムになっているということですけれども、それを法人化をしていけばクリアできるという、そういう時代でございますので、ぜひぜひ私が先ほど申しました見える化の一つとしては、やっぱり今まであったものが、そこは本当に痛みもっと読む
2018-10-04 浜松市議会 平成30年 10月 総務委員会-10月04日−01号 ◎土木部参事(道路企画課長) 1日につき大型車両が200台から400台が通行するのとしないのでは道路の痛みぐあいも全く異なりますので、道路補修費もふえていると言えます。 ◆高林修委員 トラックの走行がふえているのに全体の道路補修予算がそれほど変わらないのはどうしてですか。 もっと読む
2018-10-01 富士市議会 平成30年10月 総務市民委員会−10月01日-01号 痛みで高熱を出し、過呼吸に陥る私はモルヒネを投与され、もうろうとしたまま次の朝を迎え、ようやく主治医の診察を受けることができ、コンパートメント症候群だと診断を受けました。非常に珍しい事例なので、理由はわからないが、リハビリを頑張れば治ると言われ、就寝以外の時間全てをリハビリに費やしました。当初は、介助してもらわなければベッドからの移動もできませんでした。 もっと読む
2018-09-18 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月18日−03号 ランドセルメーカーが小学校を対象に行った調査では、1週間のうち最も重い日の荷物重量は平均で約4.7キロになり、ランドセルの重さを含めると平均約6キロ、小学生の約3割がランドセルを背負ったときに痛みを感じるという調査結果があります。専門家は、体重の20から30%の荷物を長時間持つと健康に悪影響があると指摘しています。   もっと読む
2018-09-07 浜松市議会 平成30年  9月 行財政改革・大都市制度調査特別委員会-09月07日−01号 ちょっときつい言い方をすると、当局が何と言っても住民サービスは下がると思っているので、区再編の推進側に立たれる方というのは、その痛みについては甘受することが必要だと思っています。それは今後大変だという内田委員、関委員が言うことにも相通ずるところがあると思う。   もっと読む
2018-08-29 浜松市議会 平成30年  8月 市民文教委員会-08月29日−01号 具体的な事故の様子ですが、赤信号で停車中の相手方車両の後ろに公用車が一旦停止しましたが、赤信号を待っている間にブレーキを踏む足が緩んでしまい、前に動き出し、当該車両に追突しリアドアをへこませ、相手の方に10回の通院を要する背中の痛みを負わせたものです。この事故を受け、事故を起こした職員に厳重注意を行うとともに、交通安全講習会や交通安全運動に参加し、改めて交通安全意識を高めるよう指示しました。 もっと読む
2018-08-24 三島市議会 平成30年  8月 臨時会-08月24日−01号 また、三島市全体のイメージダウン、そして市民の皆様もあらゆる場面で心の痛みを感じているのではないでしょうか。  豊岡市長は、市民の皆さんに私を殺してからにしてくれとおどしのような発言をしておきながら、いまだに謝罪の一つもなく、あれはパフォーマンスだという言葉をマスコミの前で発言しております。あらゆる角度から見ても、パフォーマンスだとしても使ってはいけない言葉というのがあります。 もっと読む
2018-08-10 浜松市議会 平成30年  8月 行財政改革・大都市制度調査特別委員会-08月10日−01号 市としても想定額3億円の固定資産税の減少を受け入れて、企業の経済活動、新規の設備投資が促進するようにということで、痛みを伴う、しかし経済の活性化につながるような厳しい判断をしました。 もっと読む
2018-06-26 富士市議会 平成30年 6月 定例会-06月26日-04号 いずれの学習におきましても、気になることがあれば1人で悩むことなく周囲に相談すること、強い痛みや不調がある場合には我慢することなく申し出て休憩をとる、服薬するなど適切な対応の仕方について、養護教諭とのチームティーチングなどを通して丁寧に指導しております。   もっと読む
2018-06-25 富士市議会 平成30年 6月 定例会-06月25日-03号 その事故とは、健康面で全く問題のなかった60歳代の男性が、作業中に胸の痛みを訴え、長期入院したというもので、補償制度担当の市民協働課に制度の適用を打診したものの、契約している保険会社に確認の上、示されたのが、特約条項で示す脳疾患や疾病は保険の対象外でした。 もっと読む
2018-06-22 浜松市議会 平成30年  6月 行財政改革・大都市制度調査特別委員会-06月22日−01号 乗り越えていくというのは人によって違うと思いますが、痛みを伴っていく改革を浜松市民に強いていくという視点なのか、痛みをごまかしながらいくのだというニュアンスもある委員もいます。ところが、痛みはなく住民サービスは低下しないと、そのためのものを書き込んでいくのが当局の考え方だと思います。その辺をわきまえながら発言していただきたい。 もっと読む
2018-06-03 静岡市議会 平成30年6月定例会(第3日目) 本文 このことを正しく私は言ってほしかったけれども、答弁が出ていないから残念ですけれども、ただ、私はそこにやはり痛みがあったと思うんですね。  ですので、現実には、調査委員会が中止になった後にちゃんと文書をもって自主的に被害児・保護者に提供しているんですね。だからそこに私はなぜ提供したのかという点を自分たちの反省も含めてきちんと述べていただきたいと思います。   もっと読む
2018-03-16 三島市議会 平成30年  2月 定例会-03月16日−07号 よい変化には痛みが伴う、このことも覚悟し、引き続き市政運営に努めてください。  市長は就任以来、その足で市内各所を回り、多くの要望、時には批判を聞いておられます。そういった市民の声、職員の知恵や努力、議員からの提案を集結した346億円の本予算案は、血の通った事業を十分に盛り込んだすばらしい予算案と判断いたします。 もっと読む
2018-03-06 掛川市議会 平成30年第 1回定例会( 2月)−03月06日-05号 市民も、そのあたりはやっぱり痛みを伴うということは覚悟しなければいけないのかなと思います。  それで、平成30年度の行政経営方針の中には、本市の戦略の柱である「明日の掛川をつくり豊かで潤いのある安心な暮らしを守る」が重点プロジェクトとして掲げられています。 もっと読む
2018-02-27 三島市議会 平成30年  2月 定例会-02月27日−02号 人と人のつき合いをやはり体感しながら、人の痛みをわかるような形、学力の向上はもとより、社会教育、大変重要だと思いますので、しっかりと進めていただきたいと思うところでございます。  続きまして、少年の船やチャレンジスクールの今後についてお伺いをいたします。  人づくりを目的とする社会教育にとって、少年の船やチャレンジスクールなど、重要であり、効果的であることは認識をいたしておるところでございます。 もっと読む
2018-02-21 浜松市議会 平成30年  2月 環境経済委員会-02月21日−01号 一旦、こういった大風呂敷のような制度ができてしまうと、そこに息をする市場が生まれてしまうわけですから、そこでまた利害関係が生まれるという収拾がつかない状況にもなるので、これを縮小することはまた痛みが生まれます。これは当然のことなので、その痛みを理解しながら納税の原則に立ち返ることが必要です。 ○太田利実保委員長 それでは、質疑・意見を打ち切ります。   もっと読む
2018-02-21 掛川市議会 平成30年第 1回定例会( 2月)−02月21日-01号 痛みを伴う決断をしなければならない状況もあるかもしれませんが、持続発展可能な掛川市のために必要な決断であれば、市民の皆様にも御理解いただけるものと考えております。施設管理の効率化、施設の長寿命化や多角的運用等、最適なサービスのあり方を見据えながら、十分に議論を尽くしてまいります。  次に、自治体経営の基本事項ということで、組織機構についてであります。   もっと読む