運営者 Bitlet 姉妹サービス
758件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号 これは掛川市のことですけれども、窓口業務の法人委託検討ということで、こちらの市民課でのことがどうしても委託の人たちだけにお任せできない部分があって、絶えずそこは正職の方がチェックするというようなシステムになっているということですけれども、それを法人化をしていけばクリアできるという、そういう時代でございますので、ぜひぜひ私が先ほど申しました見える化の一つとしては、やっぱり今まであったものが、そこは本当に痛みもっと読む
2018-10-01 富士市議会 平成30年10月 総務市民委員会−10月01日-01号 痛みで高熱を出し、過呼吸に陥る私はモルヒネを投与され、もうろうとしたまま次の朝を迎え、ようやく主治医の診察を受けることができ、コンパートメント症候群だと診断を受けました。非常に珍しい事例なので、理由はわからないが、リハビリを頑張れば治ると言われ、就寝以外の時間全てをリハビリに費やしました。当初は、介助してもらわなければベッドからの移動もできませんでした。 もっと読む
2018-09-18 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月18日−03号 ランドセルメーカーが小学校を対象に行った調査では、1週間のうち最も重い日の荷物重量は平均で約4.7キロになり、ランドセルの重さを含めると平均約6キロ、小学生の約3割がランドセルを背負ったときに痛みを感じるという調査結果があります。専門家は、体重の20から30%の荷物を長時間持つと健康に悪影響があると指摘しています。   もっと読む
2018-08-24 三島市議会 平成30年  8月 臨時会-08月24日−01号 また、三島市全体のイメージダウン、そして市民の皆様もあらゆる場面で心の痛みを感じているのではないでしょうか。  豊岡市長は、市民の皆さんに私を殺してからにしてくれとおどしのような発言をしておきながら、いまだに謝罪の一つもなく、あれはパフォーマンスだという言葉をマスコミの前で発言しております。あらゆる角度から見ても、パフォーマンスだとしても使ってはいけない言葉というのがあります。 もっと読む
2018-06-26 富士市議会 平成30年 6月 定例会-06月26日-04号 いずれの学習におきましても、気になることがあれば1人で悩むことなく周囲に相談すること、強い痛みや不調がある場合には我慢することなく申し出て休憩をとる、服薬するなど適切な対応の仕方について、養護教諭とのチームティーチングなどを通して丁寧に指導しております。   もっと読む
2018-06-25 富士市議会 平成30年 6月 定例会-06月25日-03号 その事故とは、健康面で全く問題のなかった60歳代の男性が、作業中に胸の痛みを訴え、長期入院したというもので、補償制度担当の市民協働課に制度の適用を打診したものの、契約している保険会社に確認の上、示されたのが、特約条項で示す脳疾患や疾病は保険の対象外でした。 もっと読む
2018-06-03 静岡市議会 平成30年6月定例会(第3日目) 本文 このことを正しく私は言ってほしかったけれども、答弁が出ていないから残念ですけれども、ただ、私はそこにやはり痛みがあったと思うんですね。  ですので、現実には、調査委員会が中止になった後にちゃんと文書をもって自主的に被害児・保護者に提供しているんですね。だからそこに私はなぜ提供したのかという点を自分たちの反省も含めてきちんと述べていただきたいと思います。   もっと読む
2018-03-16 三島市議会 平成30年  2月 定例会-03月16日−07号 よい変化には痛みが伴う、このことも覚悟し、引き続き市政運営に努めてください。  市長は就任以来、その足で市内各所を回り、多くの要望、時には批判を聞いておられます。そういった市民の声、職員の知恵や努力、議員からの提案を集結した346億円の本予算案は、血の通った事業を十分に盛り込んだすばらしい予算案と判断いたします。 もっと読む
2018-03-06 掛川市議会 平成30年第 1回定例会( 2月)−03月06日-05号 市民も、そのあたりはやっぱり痛みを伴うということは覚悟しなければいけないのかなと思います。  それで、平成30年度の行政経営方針の中には、本市の戦略の柱である「明日の掛川をつくり豊かで潤いのある安心な暮らしを守る」が重点プロジェクトとして掲げられています。 もっと読む
2018-02-27 三島市議会 平成30年  2月 定例会-02月27日−02号 人と人のつき合いをやはり体感しながら、人の痛みをわかるような形、学力の向上はもとより、社会教育、大変重要だと思いますので、しっかりと進めていただきたいと思うところでございます。  続きまして、少年の船やチャレンジスクールの今後についてお伺いをいたします。  人づくりを目的とする社会教育にとって、少年の船やチャレンジスクールなど、重要であり、効果的であることは認識をいたしておるところでございます。 もっと読む
2018-02-21 掛川市議会 平成30年第 1回定例会( 2月)−02月21日-01号 痛みを伴う決断をしなければならない状況もあるかもしれませんが、持続発展可能な掛川市のために必要な決断であれば、市民の皆様にも御理解いただけるものと考えております。施設管理の効率化、施設の長寿命化や多角的運用等、最適なサービスのあり方を見据えながら、十分に議論を尽くしてまいります。  次に、自治体経営の基本事項ということで、組織機構についてであります。   もっと読む
2018-01-17 浜松市議会 平成30年  1月 厚生保健委員会-01月17日−01号 ◆小黒啓子委員 在宅で治療できる環境が整うことが大事ですが、特にがんということになると、痛みのケアが必要になって通常の介護とは違ってきます。在宅で療養したいという希望に対して、どうやってサービスを提供していくかが課題です。  今回の計画については、がんで亡くなる人を減らしていくように、まずは予防と早期発見に力を入れていく内容で動いています。 もっと読む
2017-09-28 裾野市議会 平成29年  9月 定例会-09月28日−一般質問−07号 そして、その前文の中には、広島、長崎の多くの被爆者がこれまで本当に痛みを伴ってきた、そのことに心を寄せるという、それを留意をするという文言も入り、これも画期的な条文となっています。条約は9月20日に各国の署名が始まって、50カ国以上の批准で発効されるということで、現在53カ国がもうその署名をされているということで、90日後にはこの条約が発効される、本当にすばらしいことになっています。 もっと読む
2017-09-27 裾野市議会 平成29年  9月 定例会-09月27日−一般質問−06号 これを機首を上げるときに、いかに痛みに感じないで次の一歩につなげるかということについては非常に大事なことだと思いますので、ぜひ今言われたようなことを含めて、しっかり市民と課題に向き合う機会をぜひつくっていただきたいと思います。    もっと読む
2017-09-21 三島市議会 平成29年  9月 定例会-09月21日−04号 ガバメントクラウドファンディングのインターネットサイト「ふるさとチョイス」によりますと、ふるさと納税による支援の対象事業として、難病と闘う子どもたち、毎日の治療に伴う痛みを和らげるための研究とか、夕張高校は絶対になくさないための夕張高校魅力化プロジェクトなど多彩な事業があります。多くの目標額を上回るふるさと納税が寄せられていると聞いています。   もっと読む
2017-09-01 富士宮市議会 平成29年  9月 定例会(第3回) 人の心の痛みを感じるのであれば、私はこれはできないことではないかと考えます。 例えば、御自分の子どもが戦争で「天皇陛下万歳」と言って特攻隊で自爆したという知らせを受けた母親は、天皇のために命をささげようと書かれた教育勅語を現代に通じる名言だとはとても言えないと思います。 もっと読む
2017-06-28 掛川市議会 平成29年第 3回定例会( 6月)-06月28日-03号 冒頭で説明をさせていただきましたが、現在、小学校・中学校で実施されている運動器健診は骨、関節、筋肉、神経にゆがみやずれや痛みがないかということの検査、足より上のことです。これは私の独自な思いであれなんですが、別に医学的なエビデンスがあるわけではないんですが、私、家も土台が大事で、人間もやはり足が基本として家の土台と同じく大事だと思います。 もっと読む
2017-06-21 三島市議会 平成29年  6月 定例会-06月21日−03号 ファシリティマネジメントとは、削減面積の目標数値に合わせなければ、将来の三島市の財政状況を考えると施設を維持することが不可能なので、市民に痛みを与えながらも、苦しい説明を繰り返しながら進んでいくものというふうに考えていました。  管財課に伺います。三島市のファシリティマネジメントの考え方は、教育委員会の考え方というふうなことと合致しているのでしょうか。 もっと読む
2017-06-20 裾野市議会 平成29年  6月 定例会-06月20日−一般質問−04号 状況は、今行政経営監のほうからご説明いただいたので、ちょっと(5)の関連になりますので(5)に進みますが、先ほども述べましたけれども、市民に痛みを伴った歳出抑制の取り組みをやっぱりお願いしている以上、我々も含めて市民サービスに直結しない執務コストというものは、徹底した削減ということについて進めていかなければいけないし、組織の意識向上を目指すということは当然の責務ではないかと私は考えます。    もっと読む
2017-06-20 富士市議会 平成29年 6月 文教民生委員会-06月20日-01号 やっぱりいじめにかかわっている子の親とか、いじめられた子の親というのも、これまた難しい選択にもなるわけですけれども、子どもの心の痛みとか、そういうのがわかる保護者をしっかりと選任しなければならないというふうに思っています。そこで、申しわけないけれども教育長に答弁していただきたいのですが、PTA連絡協議会に選任していただくということが正しい選択でしょうか。教育長はどのようにお考えでしょうか。 もっと読む