1810件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊東市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-07号

また、使用料及び手数料について、国の政策である幼児教育・保育の無償による影響額を問う旨の質疑があり、当局から、10月から無償の対象となる3歳及び4歳、並びに低所得者層における、ゼロから2歳までの半年間分の保育料等で1,740万円の減を見込んだ上で計上しているとの答弁がありました。  

掛川市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月22日-09号

他の委員より、バイオマス産業都市構想事業検討委託料の木質バイオマスの取り組みについて質疑があり、当局より、木質の小型バイオマスガス発電の研究を実証実験をしながら、実用に向けて進めているとの答弁がありました。  他の委員より、葛ヶ丘団地汚水処理施設修理費について質疑があり、当局より、汚泥脱水機の分解整備が主であるとの答弁がありました。  

島田市議会 2019-03-13 平成31年3月13日経済建設常任委員会−03月13日-01号

◎商工課長(菊池智博) まだ活性計画はありませんので、今の段階では計画の中の事業ということではありませんけれども、やれることはやっていくということでありますとともに、計画をこれからつくっていったときには、活性させるための具体の事業という位置づけになってくると思います。 ○委員長(杉野直樹) 森委員。

島田市議会 2019-03-12 平成31年3月12日厚生教育常任委員会−03月12日-01号

◆委員(桜井洋子) これは関連なんですけれども、幼児教育や保育の無償ということが始まるということなので、そういうことも関連すると、今、保育需要はすごくふえてくるということを、多分、当局のほうもいろいろ考えていると思うんですが、これまでの保育園の入所希望という枠以上に、希望者が多くなってくるということは、どういうふうに捉えていらっしゃいますか。 ○委員長(村田千鶴子) 鈴木保育支援課長。

島田市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会−03月11日-06号

◆5番(齊藤和人議員) それでは、再質問をさせていただきますが、特定健診の自己負担が完全無償されるということですが、それに伴う増額の事業費がどのくらいなのか、お伺いします。  それと、もう一点が、今の御答弁の中で、平成29年度の受診率が40%であったということですが、これによって受診率はどのくらいのアップを見込んでいるのか。その2点をお聞きいたします。

掛川市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月11日-08号

また、国が進める幼児教育・保育の無償により、2019年10月から、全ての 3歳児から 5歳児、市民税非課税世帯のゼロ歳児から 2歳児までの保育料の無償がスタートするが、市町村に与える影響についてはほとんど議論されていません。  そこで、幼児教育の無償が市町村に与える影響や無償までに検討すべき事項について伺います。  

島田市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会-03月07日-05号

◆19番(清水唯史議員) 実は、私と、また私の周辺の方からも声が挙がっていたのですけれども、オーナーの方は市に対して、無償でも結構なので、使っていただければ結構、または譲渡しても結構だという声も、私は伺ったこともあります。  

掛川市議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月07日-06号

しかし、学校施設の老朽は待ってはくれません。早急の対応が必要と考えますが、掛川市の教育施設再整備の今後の取り組み方針を伺いたいと思います。  小項目 3問目です。  来月開園のおおさかこども園を皮切りに、南部地域のこども園が毎年整備され、ことし10月の保育料無償を控え、待機児童対策においても大変重要な施策であります。

伊東市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会-03月06日-05号

2点目は、中学生までの医療費の無償について本市の考えを伺うとともに、その影響額及び課題をどのように考えているのか伺います。  最後の3つ目の質問です。学校給食費の無償または負担軽減に対する本市の考えを伺います。希望的観測としての質問ではなく、無償に向けて建設的に議論をしていきたいと思います。しかし、やはり平成29年度までの全国の給食費無償の実現状況は決して多いものではありません。

島田市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会-03月06日-04号

1.幼児教育の無償に伴う保育環境整備について  平成31年2月12日に閣議決定された幼保無償法案に先立ち、当市では保育料の第2子半額、第3子以降の無償を実施しており、また、待機児童対応においても積極的に取り組んでいると私は思っております。  しかし、全国的には無償より待機児童の解消を、との声も根強くあるのが現実です。

長泉町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-03-06

住民税非課税世帯を除く、2歳まで全員無償した場合の当町の保育料実費負担額でございますが、平成29年度実績を町基準に基づき算出しますと、0歳児~2歳児の園児数は415名で、保護者からの保育料実費負担額の合計は年間で約9,540万円でございます。そのうち、住民税非課税世帯の園児数は30名で、保護者からの保育料実費負担額の合計は年間で約17万円でございます。  

島田市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会-03月05日-03号

平成31年、2019年10月からは、国の幼児教育無償が始まり、3歳以上の子供についての保育料等が無償となる予定です。  今後も、保育園等に預けたい保護者がふえることが予想されますので、動向を注視していきたいと考えております。  以上、答弁申し上げました。  引き続き教育長から答弁をさせます。 ○議長(大石節雄議員) 濱田教育長。    

伊東市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会-03月05日-04号

次に3点目として、幼児教育の無償の対象拡大についてお伺いをいたします。現在、本市においては、国に先んじて入学前5歳児の幼稚園、保育園の無償を行っており、この10月より国の幼児教育無償が示されており、国の方針においては、3歳から5歳児の原則全世帯無償とし、ゼロ歳から2歳においては住民税非課税世帯が対象とされているということであります。

伊東市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-03号

第8款土木費からは、空家等対策推進事業、道路施設長寿命事業、立地適正計画策定事業について伺います。空家等対策推進事業は平成30年度に新規事業として実施されました。その実態調査の結果及び平成31年度からの計画を伺います。  道路施設長寿命事業は新規事業です。現在の道路施設の問題点と事業内容及び今後の計画を伺います。  立地適正計画策定事業も新規事業です。その内容と今後の計画を伺います。  

藤枝市議会 2019-03-01 平成31年 2月定例会-03月01日-04号

今後、幼児教育・保育無償の制度を周知する中で、保護者からの相談や申請に基づき、幼児教育・保育無償の要件でございます保育の必要性や潜在的待機児童数を確認してまいります。  次に、5項目めの放課後児童クラブの指導員の現状についてでございます。  

藤枝市議会 2019-02-28 平成31年 2月定例会-02月28日-03号

1項目め、本市の芝生への取り組み状況と県内他市の芝生への取り組み状況を伺います。  2項目め、校庭芝生へのメリット・デメリットに対する考え方について伺います。  3項目め、鳥取方式による芝生に対する見解を伺います。  4項目め、今後における芝生への取り組みについて伺います。  以上、御答弁よろしくお願いいたします。 ○議長(西原明美議員) 当局から答弁を求めます。

伊東市議会 2019-02-25 平成31年 3月 定例会-02月25日-02号

事業1は教育総務課職員1人の人件費で、事業2は、小学校校舎などの老朽の把握及び中長期的な更新計画とともに、維持管理費など学校施設全体のトータルコストの削減及び平準を図ることを目的とした小学校施設長寿命計画の策定委託料や宇佐美小の屋上防水工事に係る請負費が主なものであります。