運営者 Bitlet 姉妹サービス
1652件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月21日−06号 別の委員より、今回、移転する団体が家賃等をとることになるのかとの問いに、移転後も無償と考えているが、会議室が減るといった、募集時点からの状況の変更があるので、指定管理料を含めて指定管理者と協議が必要な部分がある。指定管理者とは今後、順次協議を進めていくとのことでした。 もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) 今回の無償は、基本的には3歳以上児に限定されておりまして、特に保育料の負担が重い0~2歳児は対象外です。さらに、給食費の実費徴収や自治体の財政負担が増えることも懸念をされておりますが、制度の中身自体が利用者にまだ理解されておりません。無償が地域に与える影響と対応について、以下伺います。  まず最初に、幼児教育・保育無償の制度概要と対象となる施設数、人数などについて伺います。 もっと読む
2018-12-11 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 総務委員会-12月11日−01号 そういった改定の内容によって若干変わりますし、今回の場合、例えば、12月にしかないので、一応そこで1年分を1回上げておいて、次の年に平準をするということになりますので、2年目以降は2回の期末手当のほうで反映させるということが行われます。大体の場合は8月に人事院勧告が出て、その後、国会を通してということになりますから、こういうことが実際には多くなるというふうに御理解いただければと思います。   もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 ただ、なぜ私がこんなことを言うかといいますと、実は、私たちの世代も成人してからいきなり年金がやばいらしいとか少子高齢なんだよというのを、結構、成人になってから認識したところがありました。ただ、この高齢というのは、1970年から実はもうずっと始まっていて、1994年、私が小学生ぐらいだと思うんですが、もう高齢社会になっていたんですよ。 もっと読む
2018-12-06 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月06日−04号 特に、災害現場からの情報をSNSなどの多様な手段で収集し、二次災害、三次災害を防止する情報の共有・見えるが喫緊の課題となっています。そこで、中項目(3)として、災害時の情報の共有と見えるの取り組みを伺います。   もっと読む
2018-12-05 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月05日−03号 次に、幼児教育の無償についてお伺いします。来年10月の消費税10%導入を受け、その増税分を医療、介護、年金、そして子育て支援に充てる中で、幼児教育の無償が進められます。昨日の代表質問でも、地方自治体の財政負担や年度途中の10月1日スタートの課題等が出され、市長より、国会議員とつながりのある議員さんは行ってほしいと言われましたので、昨日、政府の大口厚生労働副大臣の秘書にそれを報告いたしました。 もっと読む
2018-12-04 清水町議会 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2018.12.04 ◯生涯学習課長(下山義夫君) 以前は、各区の単位子供会が地域の社会教育活動を担っておりましたが、現在は、親や子供の価値観の多様により各種団体等で多彩な体験ができるようになったことが、子供会の加入者の減少につながっているものと考えております。また、少子や保護者の多忙なども影響しているものと考えております。  以上でございます。 ◯議長(石垣雅雄君) 答弁を終わります。 5番 中野君。 もっと読む
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 安倍政権が来年度から進める幼児教育・保育の無償により、家計の負担が軽減される一方で、保育園の入園希望者の増加や保育の質などについて懸念がされています。  1点目です。幼児教育・保育の無償の制度の内容についてお伺いをします。  2点目です。磐田市の幼児教育・保育の現状と無償による影響、そして対応についてお伺いをします。  3点目です。 もっと読む
2018-12-03 伊東市議会 平成30年12月 定例会-12月03日-02号 3点目として、私立幼稚園の無償の実態について伺います。  最後の4点目は、保育料無償に対する国の動向及び来年度以降の財源についてお聞きします。  就学前1年間の幼稚園・保育園の保育料の無償は、県下では伊東市のみでの大変先進的な子育て支援策と考えています。しかし、基本的に保育料の無償は重要な施策である中で、莫大な財政負担がかかります。 もっと読む
2018-11-30 伊東市議会 平成30年12月 定例会−11月30日-目次 5 ごみの処理方法の多様とリサイクルの促進及び環境に配慮した製品の利用促進について、以下3点伺う。     もっと読む
2018-11-30 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月30日−03号 次に、④「庁舎のあり方協議会における複合・多機能の検討状況について」であります。庁舎のあり方協議会では、庁舎の建てかえに伴い、他の公共施設との複合、多機能ではありませんが、付加することが必要な機能(施設)に関する検討を行っております。   もっと読む
2018-11-29 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月29日−04号 全国的な傾向でございますけれども、地域社会のきずなの希薄などにより、新たに入団する若年層が年々減少し、近年40代以上の割合が増加するなど、団員の高齢と同時に職業のサラリーマンも進んでおり、本市も同様の傾向となっております。   もっと読む
2018-11-28 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月28日−03号 地球の温暖が現在のペースのまま続くと、早くて2030年には世界の平均気温が産業革命より1.5度上昇するおそれがあるそうです。温暖を抑制するための多国間の枠組みパリ協定は、平均気温上昇を2度より十分低く保ち、1.5度に抑える努力をするという目標を掲げています。 もっと読む
2018-11-27 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-11月27日−01号 これは少子高齢や核家族の進行など社会情勢の変化に対応するため、駒場霊園へ永年合葬式の焼骨収蔵施設を整備することから、本条例を制定するものでございます。  内容につきましては、設置及び位置、使用者の資格、使用の許可、使用料等必要な事項を定めるものでございます。なお、施行期日は平成31年4月1日です。   もっと読む
2018-10-05 函南町議会 平成30年  9月 定例会-10月05日−06号 上下水道課  (1)下水道事業特別会計  平成29年度の管渠施工延長は、市街区域内汚水管渠は532メートル、市街調整区域内汚水管渠は586.46メートル、合計で1,118.46メートルとなっている。 もっと読む
2018-10-04 掛川市議会 平成30年第 3回定例会( 9月)−10月04日-05号 委員から、生物循環パビリオンは稼働から23年経過し、老朽が進んでいるようだが、耐震は済んでいるのかとの質疑があり、当局から、既に耐震済みであるとの答弁がありました。  委員から、倉真分団の消防車輌の入れかえに関連して、旧車輌の処分方法について質疑があり、当局から、市内全域の事業所に声をかけ、欲しいところに無償で払い下げしているとの答弁がありました。   もっと読む
2018-09-26 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 予算決算委員会民生教育分科会-09月26日−01号 102ページの成果と今後の課題ということなんですけれども、課題のところで、施設の老朽に対応した適正な改善を図っていくというところで記入されております。毎年iプラザ、豊田の福祉センター、リフレU、大体修繕費として100万円から200万円程度ぐらいの予算をつけて修繕をしているわけなんですけれども、この施設の老朽について、どこを指しているか。   もっと読む
2018-09-21 御殿場市議会 平成30年 9月定例会(第6号 9月21日) 一方で、国におきましては、消費税の増税分を財源として、来年の10月から幼児教育の無償を行うとの方針が示されたことから、市としましては、今後の国の動向を踏まえ、現行制度の見直しについて実施時期も含めた上で検討してまいります。  なお、その際には、利用者が混乱しないよう十分配慮するとともに、制度が決まり次第、早急に周知を図ってまいります。   もっと読む
2018-09-21 長泉町議会 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文 開催日:2018.09.21 委員より、公共施設長寿命基金への積み立てについて、毎年、当初予算において5,000万円の積み立て措置が講じられているが、今後増額する予定は。との質疑に対し、現在の公共施設長寿命計画では、2026年(平成38年)以降の10年間が公共施設の建替え時期のピークを迎え、建替え費用だけでも50億円以上が見込まれている。 もっと読む
2018-09-19 掛川市議会 平成30年第 3回定例会( 9月)−09月19日-03号 海外ですと、そういった問題を国として法制して、フランスでは、もう幼稚園、小学校、中学校でもう学校では少なくとももうメディアを使わないというような、スマホとか、そういった携帯電話を使わないような法制しているところもあるというふうに伺っております。   もっと読む