4166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島田市議会 2019-03-14 平成31年3月14日総務生活常任委員会−03月14日-01号

年度島田土地取得事業特別会計予算  ○ 議案第25号 社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例について  ○ 議案第29号 島田地域情報化推進基金条例を廃止する条例について  ○ 議案第30号 島田・金谷町新市建設計画の変更について  ○ 議案第31号 島田・川根町まちづくり計画の変更について  ○

島田市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会-03月07日-05号

◆17番(山本孝夫議員) 連携ということになりますと、島田だけでやれる話ではないのですが、せっかくこういった冊子を、これは静岡まで入っているわけですね。川根本町、静岡、それから島田が入っているわけなのですが、当然、広範囲のところと連携してやる事業なのですね。  

島田市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会-03月05日-03号

確保に向けた動向ですが、一定の医師数を確保するためには、大学医局からの医師派遣が不可欠であるため、浜松医科大学や京都大学等を訪問し、学長や附属病院長、各教授等と面談し、医師の派遣をお願いしております。  平成31年度につきましては、市民病院に10人の臨床研修医が採用予定となっており、4月当初の医師数は平成30年度当初より増加し、90人程度となる見込みです。

藤枝市議会 2019-03-01 平成31年 2月定例会-03月01日-04号

        以上1件上程(質疑後、予算特別委員会へ付託) 日程第3 第2号議案 平成31年度藤枝国民健康保険事業特別会計予算      第3号議案 平成31年度藤枝簡易水道事業特別会計予算      第4号議案 平成31年度藤枝土地取得特別会計予算      第5号議案 平成31年度藤枝公共下水道事業特別会計予算      第6号議案 平成31年度藤枝駐車場事業特別会計予算      

藤枝市議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会-02月27日-02号

(第2号)        第19号議案 平成30年度藤枝介護保険特別会計補正予算(第2号)        第20号議案 平成30年度藤枝後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)        第22号議案 平成30年度藤枝病院事業会計補正予算(第1号)         以上5件    (3) 建設経済環境委員長報告        第13号議案 平成30年度藤枝一般会計補正予算(第5号)(分割付託分

浜松市議会 2019-02-20 平成31年  2月 議会運営委員会-02月20日−01号

平成31年  2月 議会運営委員会 − 02月20日−01号 平成31年  2月 議会運営委員会 − 02月20日−01号 平成31年  2月 議会運営委員会           浜松市議会議会運営委員会会議録 1 開催日時  平成31年2月20日(水)午前10時開議 2 開催場所  第1委員会室 3 会議に付した案件  1 本会議2日目の運営について  (1)委員会審査の結果について  (2

浜松市議会 2019-02-07 平成31年  2月 議会運営委員会-02月07日−01号

について  (3)討論について  (4)市政に対する質問について  (5)会期について  (6)会期中の日程表・議事日程・議事の順序及び議案付託件目表について  2 追加予定議案について  3 追加が見込まれる議案について  4 意見書等の提出について  (1)静岡県に対し「浜松 防潮堤工事用道路の一部分 復旧工事開始時期延期を求める意見書」の提出を求める陳情(鈴木信行さん ほか提出)  (2)電話

浜松市議会 2019-02-07 平成31年  2月 行財政改革・大都市制度調査特別委員会-02月07日−01号

平成31年  2月 行財政改革・大都市制度調査特別委員会 − 02月07日−01号 平成31年  2月 行財政改革・大都市制度調査特別委員会 − 02月07日−01号 平成31年  2月 行財政改革・大都市制度調査特別委員会           浜松市議会行財政改革・大都市制度調査特別委員会会議録 1 開催日時  平成31年2月7日(木)午後3時15分開議 2 開催場所  第1委員会室 3 会議

浜松市議会 2019-02-04 平成31年  2月 建設消防委員会-02月04日−01号

平成31年  2月 建設消防委員会 − 02月04日−01号 平成31年  2月 建設消防委員会 − 02月04日−01号 平成31年  2月 建設消防委員会           浜松市議会建設消防委員会会議録 1 開催日時  平成31年2月4日(月)午前10時開議 2 開催場所  第4委員会室 3 会議に付した案件  1 専決処分(法第180条関係)について<道路保全課>  2 専決処分(法第

浜松市議会 2019-02-04 平成31年  2月 環境経済委員会-02月04日−01号

◆内田幸博委員 こういったものもそうですが、浜松瑕疵100%ということです。これも、基本的に保険がおりたわけでしょう。そうすると、が入っている保険というのはすばらしい保険だと思います。我々が入っている保険とは違うと感じています。  極端なことを言いますと、全て100%が悪いということになると、公共施設全てに適用されてくるわけです。それで、本人の過失が一切ないのかということです。

浜松市議会 2019-02-04 平成31年  2月 総務委員会-02月04日−01号

10:13 △3 浜松国民保護計画の変更について ●結論  危機管理監代理(危機管理課長)から、浜松国民保護計画の変更について説明があり、これを聞きおきました。 ●発言内容 ○黒田豊委員長 次に、協議事項3、浜松国民保護計画の変更について、当局から説明してください。

浜松市議会 2019-01-18 平成31年  1月 建設消防委員会-01月18日−01号

平成31年  1月 建設消防委員会 − 01月18日−01号 平成31年  1月 建設消防委員会 − 01月18日−01号 平成31年  1月 建設消防委員会           浜松市議会建設消防委員会会議録 1 開催日時  平成31年1月18日(金)午前10時開議 2 開催場所  第4委員会室 3 会議に付した案件  1 第2回浜松都市計画審議会について  2 浜松市立地適正化計画の策定

伊豆の国市議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−06号

◎総務部長(名波由雅君) 静岡県内で副市長2人制をしいておりますのは23市中13でございます。これは個々に言ったほうがよろしいですか。  2人制はまず静岡浜松、沼津、三島、富士宮、伊東、島田、富士、焼津、掛川、藤枝、御殿場、それから裾野でございます。  以上です。 ○議長(天野佐代里君) では続けて、答弁者、市長。 ◎市長(小野登志子君) お答えします。  

浜松市議会 2018-12-13 平成30年 12月 新病院・新清掃工場建設調査特別委員会-12月13日−01号

14:00 △1 浜松医療センター経営状況報告について ●結論  健康福祉部次長(病院管理課長)及び健康福祉部参与(浜松医療公社事務局長)から、浜松医療センター経営状況報告について説明があり、これを聞きおきました。 ●発言内容 ○鈴木育男委員長 それでは、1の浜松医療センター経営状況報告について、当局から説明してください。

富士市議会 2018-12-13 平成30年11月 定例会−12月13日-06号

先ほど富士での長期入院患者が222名、これは富士、富士宮が圧倒的に多いんですけれども、あと沼津、静岡、三島なども何人か行っております。先ほど言った、退院する場所があれば退院できるのに、退院する受け皿がないので入院している人は、長期入院の大体3割といわれています。富士で在宅支援があれば帰ってこられるのに入院している人が、222人の3割ぐらいというと、七、八十人でしょうか。

浜松市議会 2018-12-13 平成30年 11月 定例会(第4回)-12月13日−22号

(第2号)  第4 第122号議案 平成30年度浜松介護保険事業特別会計補正予算(第2号)  第5 第123号議案 平成30年度浜松後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)  第6 第124号議案 平成30年度浜松と畜場・市場事業特別会計補正予算(第1号)  第7 第125号議案 平成30年度浜松農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)  第8 第126号議案 平成30年度浜松中央卸売市場事業特別会計補正予算

浜松市議会 2018-12-12 平成30年 12月 議会運営委員会-12月12日−01号

2)討論の通告者について  (3)市長提出追加事件について  (4)議会提出事件について  (5)議事日程・議事の順序について  2 人事案件について  (1)浜松教育長  (2)浜松人事委員会委員(3人中1人)  (3)人権擁護委員候補者(61人中5人)  3 議長からの諮問について  4 2月定例会のスケジュール等について  (1)2月定例会のスケジュールについて  (2)質問について 4 

富士市議会 2018-12-12 平成30年11月 定例会-12月12日-05号

県内のほかのを見ますと、県職員やOBから副市長を招いているはたくさんあります。富士宮も沼津も三島もそうです。  そういう中にあって、市長はそういったことを何もこの1年間手当てせずに、中核移行という県から自立していこうという方向性を打ち出しています。私はこればっかりの方向に進むのは不安を感じるし、疑問に思います。