353件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富士市議会 2018-12-13 平成30年11月 定例会−12月13日-06号

残土処理等に対する対策は広域的な課題が少なくないと思われますことから、富士山ネットワーク会議においても、情報の共有と連携について取り組むべきではないかと思いますが、所見を伺います。  次に、2といたしまして、小中学校へのリーディングスキルテストの導入、活用についてであります。  

富士市議会 2018-12-10 平成30年11月 定例会-12月10日-03号

そこなんですけれども、完了検査等々、関係各所において、出入り口の適合性だとか、雨水の処理の適合性だとかを見ていくということであったんですけれども、残土の処理等々につきましては是正をしなきゃいけない事例も出ているような話でしたが、この検査フローなんですが、資料のi-Constructionの裏側になります。

富士市議会 2018-10-09 平成30年 9月 定例会-10月09日-04号

次に、土採取現場、または残土処理現場の安全対策についてでありますが、台風21号に伴う強い風雨、これは、まずは9月4日から5日ごろでありますが、これを受けて、市内大淵地先の残土処理現場から、民家の近くに泥流が流出する事態が発生をしております。  これに関しまして、ア、泥流の流出の原因と対応、現況及び今後への対応について。  

磐田市議会 2018-09-06 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−01号

平成30年度は、従来からの収益事業であります缶飲料等自動販売機設置事業や啓発看板事業、建設残土埋立処分事業等の運営業務、並びに市職員駐車場管理運営事業などを継続して行い、収益の拡大を図る計画となっております。  また、旧日本道路公団へ支払うインターチェンジ・パーキングエリア建設負担金の支払原資の確保のため、既存収益事業の継続・拡大について進めていく予定となっております。  

浜松市議会 2018-08-29 平成30年  8月 建設消防委員会-08月29日−01号

今回の変更の理由は、当初設計においてニューマチックケーソン基礎工沈下掘削により発生する残土について、河川管理者との事前協議により残土処分場へ搬出することとしていましたが、実施に当たり河川管理者である国土交通省浜松河川国道事務所と再度協議したところ、施工箇所付近の河川内への存置の指示をいただいたものです。これに伴い、残土処理工3860立米について減工するものです。

静岡市議会 2018-07-03 平成30年 企業消防委員会 本文 2018-07-03

まず、こちらが推進残土と一緒に排出された木片の実物でございます。こういったものが排出されました。  こちらの図を使って説明させていただきます。  掘進機の仕様図にありますように、300ミリのスクリューゲートという排出口を通って推進残土が出てくるため、小さく切断された状態、引き裂かれた状態で出てまいります。

藤枝市議会 2018-06-04 平成30年 6月定例会-06月04日-01号

次に、5項都市計画費の三輪立花線(横内)につきましては、残土の処理地である県事業の施工地の工事進捗におくれが生じたため、年度内の事業が完了せずに繰り越したものです。  最後に、10款教育費、2項小学校費のトイレ環境改善事業につきましては、国の防災・減災対策による補正予算により、小学校トイレ洋式化改修工事を前倒しで行うもので、年度内の執行が困難となったため繰り越したものでございます。  

浜松市議会 2018-05-14 平成30年  5月 市民文教委員会-05月14日−01号

変更の理由については、当初は残土を舞阪処分場に運ぶ予定でしたが、その土砂が沿岸域の防潮堤の土砂に使えるということになり、そちらに運ぶこととなったことによる減額です。  工事の概要については、校舎棟改築、鉄筋コンクリート造4階建、延3302.50平米ほかです。契約方法は総合評価一般競争入札で、契約者は中村組・鈴木組特定建設工事共同企業体です。 ○平間良明委員長 当局の説明は終わりました。

浜松市議会 2018-03-14 平成30年  3月 建設消防委員会-03月14日−01号

国直轄事業ですので、この残土についてヒ素等が出ているかどうかは確認がとれていません。調査坑を掘って出た土については国直轄事業の中で処分されていますので、吉沢の発生土受け入れ地には入っていません。 ◆落合勝二委員 青崩峠については今のところ重金属類は発生しない見込みということですか。 ◎道路企画課長 国直轄事業であるためヒ素等の重金属類が発生しているかどうかは確認をとっていません。

浜松市議会 2018-03-13 平成30年  3月 環境経済委員会-03月13日−01号

撤去後については、場所が春野町豊岡という中山間でも比較的奥のところにありますので、跡地の有効活用については難しい面もありますが、隣接地に天竜区の区振興課の所管している土地がありまして、そちらは、公共工事の残土処分場として利活用をしています。一体的な土地になるので、あわせて活用を図っていきたいと考えています。  

伊東市議会 2018-03-06 平成30年 3月 定例会-03月06日-06号

それともう一つ、西側の敷地のほうに切り土が発生するのではないかというご質問でございますが、今、具体的な切り土の高さがどのぐらいあるのかということについては即答はできないので、確かに切り土、盛り土のバランスをとって今回の事業は造成工事を完了させる、残土が出ないような工事を行うという話は聞いております。  

浜松市議会 2017-10-04 平成29年 10月 建設消防委員会-10月04日−01号

◎道路企画課長 今回は佐久間第2トンネルの基礎等の重金属類を含んだ発生土の受入費として、佐久間町浦川に残土処分場を設けて処分しています。 ◆落合勝二委員 今後、本格的に三遠南信自動車道の建設を進める中で、重金属類による汚染がどの程度になるか、受け入れることが可能なのかという見通しはいかがですか。 ◎道路企画課長 予算額9180万円ほどを想定していましたが、約2000万円弱となりました。

浜松市議会 2017-10-03 平成29年 10月 環境経済委員会-10月03日−01号

◎産業総務課第三都田地区開発担当課長 今回造成する中で、土が余りますので、その残土で谷を埋める計画でした。さらに区域内のほか、隣接のの民有地も合わせて埋めるようになりましたので、崩壊の危険性はないものと考えています。 ◆酒井豊実委員 そうであるならなおさら、適切な工程でもって転圧をかけながら埋め土の材質にもよりますが、将来大きく陥没していくというのは世の常であります。

磐田市議会 2017-09-08 磐田市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月08日−01号

平成29年度は、従来からの収益事業であります缶飲料等自動販売機設置事業や啓発看板事業、建設残土埋立処分事業等の運営業務並びに市職員駐車場管理運営事業などを継続して行い、収益の拡大を図る計画となっております。  また、平成30年度までの間、旧日本道路公団へ支払うインターチェンジ・パーキングエリア建設負担金の支払原資の確保のため、既存収益事業の継続・拡大について進めていく予定となっております。  

掛川市議会 2017-06-29 平成29年第 3回定例会( 6月)−06月29日-04号

当初の計画は、先ほど来、申し上げておりますように、コストを極力抑えるという形の中で、公共事業の残土等を基盤盛土の材料にしております。先ほど申し上げましたように、公共事業で言う菊川の河道掘削等々の公共事業の残土の計画を予定をしていましたけれども、事業の推進が思うように図れなく、盛土材の供給ができないということで、やむなく規模を縮小した施工となってしまいました。  以上でございます。

磐田市議会 2017-06-23 磐田市議会 会議録 平成29年  6月 建設産業委員会-06月23日−02号

◎都市整備課長(松村俊文君) 先ほどの中日本高速道路の含めた残土量ですけど、16万立米となります。  以上です。 ◆委員(山田安邦君) 16万立米出て4億2,000万かかるって話だったんですが、これ中日本当然地元の工事なもんだから、その差ですがアバウトですが7万立米ぐらいは、これは中で処理ができて残土として出てくるんですかね、処分土として。

磐田市議会 2017-06-19 磐田市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月19日−02号

また残土処理費用の算出根拠について、金額の妥当性については、一般的な公共事業の発注に使っている単価により算定している。参考に、舘山寺スマートインターの工事も直近で行っているので、それをもとに国、県、中日本高速道路株式会社と協議している。残土費用の根拠は、立方メートル当たり何キロ運ぶと幾らという基本的な価格であるので、それを基本に算出、精査を積み上げたものであるとのことでした。  

磐田市議会 2017-06-12 磐田市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月12日−01号

なお、当初設定した債務負担行為から、限度額が約6億7,000万円増額となっておりますが、これは残土処分につきまして、当初は現場内処理を予定しておりましたが、一部地権者の用地が取得できなかったことにより、現場内処理が不可能となったため、これを防潮堤整備に活用することとしたことから、残土処理費用が増額となったことのほか、擁壁工やボックスカルバート工、排水工の追加などが主な要因でございます。