828件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-06 島田市議会 平成31年第1回定例会-03月06日-04号 県外であれば、鳥取県の一部自治体では固形燃料化を図っている事例や、福岡県の一部自治体では建築資材にリサイクルしている事例など承知はしておりますが、詳細は把握しておりません。  なお、環境省において、使用済み紙おむつのリサイクルを促す手引きとなるガイドラインを策定していく方針との新聞報道がありました。 もっと読む
2019-03-05 島田市議会 平成31年第1回定例会-03月05日-03号 いずれにいたしましても、佐野議員の御指摘のとおり、施設には定期的な修繕に加え、特別修繕が必要であり、その際には大きな財政負担が生じるので、引き続き健全経営に努め、建設時の目的であります地域振興、大井川流域のとなる施設、地元経済効果を踏まえ、公共施設マネジメントの観点に立って、将来的には民間資本の活用方策も視野に入れて考えていく必要があると思っております。  以上でございます。 もっと読む
2019-03-01 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-03月01日-04号 このため運行の一部を小型バスにかえるということは、燃料費の削減にはつながりますが、総合的に見て経費の削減にはつながらないため、大型バスの運行ということになっております。以上です。 ○議長(西原明美議員) 深津寧子議員。 ◆5番(深津寧子議員) 一概に大きなものを小さくすれば経費がそれだけ済むという問題ではないということを理解いたしました。   もっと読む
2019-02-27 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-02月27日-02号 続きまして、消費の引き上げにつきまして、既定路線と考えているのかという御質問でございますけれども、平成31年10月1日から、ことしの10月からの消費引き上げにつきましては、消費税法で定められているところでございます。国においても、その対応に関する施策が展開されているところでございますので、本市においても、消費引き上げを前提に関連予算を計上させていただいているというところでございます。   もっと読む
2019-02-25 島田市議会 平成31年第1回定例会−02月25日-02号 このように、新たな時代の幕開けにふさわしいこれからの島田市のとなる事業を鋭意進めてまいります。  輝きのあるまちの未来を描きたい  輝創都市実現への市民総意の強い思いは、島田・金谷・川根それぞれの地域が持つ特徴を生かしたまちづくりを進める原点です。   もっと読む
2018-12-10 藤枝市議会 平成30年11月定例会-12月10日-04号 ただ、来年は消費の問題があって、多少は景気消費の冷え込みがあるのかなあとちょっと感じているところであります。現状の藤枝市の景気は、市長はまあ了としているのか、その辺について再質問、まず一点をしたいと思います。 ○議長(西原明美議員) 市長。 もっと読む
2018-12-05 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号 次に、大項目 2、森林保護、木材利用の (1)生涯木育宣言や森林環境譲与についてですが、森林環境譲与は、平成31年度から段階的に市町に配分されることになっており、このような中で、掛川市においては来年度予算編成をするに当たり、掛川市森林組合や時ノ寿の森クラブ及び中遠農林事務所などと森林環境譲与の使途について、検討会を 3回開催しております。   もっと読む
2018-11-30 浜松市議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月30日−19号 本市がこのように重点施策を進める中、国では、森林環境(仮称)を初め、森林管理及び木材の利用促進を図ることになっています。  森林環境は、国民からをいただく森林環境と、これを森林整備等に使う森林環境譲与(仮称)の2つのから構成されます。  森林環境は、個人住民の均等割の納税者の皆様から、国税として一人年額1000円を上乗せして、2024年から市町村が徴収する予定となっている制度です。 もっと読む
2018-10-05 富士市議会 平成30年 9月 定例会-10月05日-03号 次に、32目諸費について、委員から、過年度分市還付金が生じたことにより税務管理調整諸費を3400万円増額するとのことである。 もっと読む
2018-10-05 浜松市議会 平成30年 10月 市民文教委員会-10月05日−01号 中山間地域では軽トラックや農業機器の燃料になるということで一番困るのはガソリンだと聞いていますので、今回はガソリンに絞って実証実験を行っていくものです。 ◆柳川樹一郎委員 極力早いうちに、実証モデルや試験ではなく実働できるよう、陰ながら応援していきます。 ○平間良明委員長 それでは、質疑・意見を打ち切ります。 もっと読む
2018-10-04 藤枝市議会 平成30年 9月定例会−10月04日-05号 を求める意見書  ゴルフ場利用は、ゴルフ場に関連するアクセス道路の維持管理や治水等の災害防止対策、ごみ処理等の環境対策など、ゴルフ場が立地している上で生じる行政需要への対応に必要な財源をゴルフ場利用者に求めるという合理的な仕組みに基づく都道府県である。 もっと読む
2018-09-21 御殿場市議会 平成30年 9月定例会(第6号 9月21日) 2点目、どのような税目が他市町より高い、あるいは低いのかについては、他市町と比較しますと、当市は軽自動車、たばこ、入湯が高く、都市計画が低いと認識しております。ただし、いずれも市収入に占める割合が少ない税目です。  なお、市町民に関しては、最も高い市町よりも1万8,000円余、固定資産に関しては、最も高い市町よりも3万7,000円余低く、3市3町で中間に位置しています。   もっと読む
2018-09-19 掛川市議会 平成30年第 3回定例会( 9月)−09月19日-03号 とりわけ家族になって、おじいちゃん、おばあちゃんと生活をするという家庭がいろいろ少なくなって、そういう意味では、いろんなことを継承していくということがなかなか難しくなってきているというふうに思います。そういう意味では公がある講座のようなものをセットして、理解を深めていくということが大事だというふうに思っています。   もっと読む
2018-09-03 伊豆の国市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月03日−03号 それから、もう一点、その基本計画はつくらないという答弁だったんですけれども、本来、国としては、これ、つくってもらいたいということで、珍しくその作成に当たっては、地方交付の措置まで考えているというようなものがあるわけなんですけれども、これはつくられる段階では、地方交付の措置というものを考慮しての結果なんでございましょうか。お伺いします。 ○議長(天野佐代里君) 答弁者、福祉事務所長。 もっと読む
2018-06-27 富士市議会 平成30年 6月 定例会-06月27日-05号 また、このシステムの財源に充てるため、国は、平成31年度の税制改正に向け、(仮称)森林環境及び(仮称)森林環境譲与の創設を検討していると伺っております。現段階では、(仮称)森林環境譲与の使途として、間伐、人材育成や担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発といった森林整備及びその促進に関する費用に充てなければならないことが示されているにとどまっている状況であります。 もっと読む
2018-06-18 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号 ハード的なものは、それこそ新学習指導要領の実施に合わせるように段階的に導入しているもので問題ないと思うんですが、先ほどコンピューター研究教育の関係ですか、各学校一、二名お見えだと思うんですが、そういった方が小中学校でとなってサポートされていると思うんですが、その辺の実態についてちょっと伺いたいと思います。 もっと読む
2018-06-14 函南町議会 平成30年  6月 定例会-06月14日−01号 次に、議長宛てに提出された陳情書等の取り扱いについて6月6日の議会運営委員会で協議した結果、3月14日受け付けの静岡県弁護士会会長、近藤浩志氏からの「静岡地方裁判所沼津支部における労働審判の実施を求める意見書の採択に関する陳情書」、3月26日受け付けの、静岡県保険医師会、聞間元氏からの「給与所得等に係る市町村民・道府県民特別徴収税額の決定・変更通知書(特別徴収義務者用)マイナンバー記載の中止を求 もっと読む
2018-03-13 富士市議会 平成30年 3月 環境経済委員会-03月13日-01号 (1)の車両管理費は3193万2000円で、パッカー車及びトラック等36台の燃料費、修繕費、車検費が主なものでございます。  以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ◎前嶋 新環境クリーンセンター建設課長 続きまして、304ページ、305ページをお願いいたします。 もっと読む
2018-03-12 静岡市議会 平成30年 都市建設委員会 本文 2018-03-12 また、運送事業としましては、燃料費とか運行に必要な経費の一部を助成して、この事業をうまく使っていただくものでございます。   もっと読む
2018-03-12 三島市議会 平成30年  2月 定例会-03月12日−04号 平成30年1月時点で、静岡県管理河川のうち、全県下で延長702キロメートルにわたり、県と地元市町と586団体との間でリバーフレンドシップが締結されており、県は活動に必要な草刈り機や清掃用具などを貸与するほか、年間2万円以内で消耗品や燃料等の継続的な支給が行われております。  一方、市町は、清掃美化を行う際に生じた刈り取った草や、空き缶などの分別ごみの処分について支援しております。   もっと読む