運営者 Bitlet 姉妹サービス
2845件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月12日-05号 まさに素材として世界レベルの競争状態にあると言えます。この世界標準に向けた国内、海外の動向をどのように捉えているでしょうか。 ○議長(望月昇 議員) 産業経済部長。 もっと読む
2018-12-05 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号 掛川の抹茶がまだメジャーでない現状から一歩踏み出すためには、まずはメーカーに働きかけ、茶草葉の世界農業遺産の希少価値の高さ、掛川茶の品質のよさを理解してもらい、よし、商品は世界農業遺産の掛川茶でいってみようという気になってもらう必要があります。   もっと読む
2018-12-03 富士市議会 平成30年12月 環境経済委員会-12月03日-01号 議員 6.説明のため出席した者(15名)            副市長       仁藤 哲 君            環境部長      栢森孝幸 君            産業経済部長    成宮和具 君            環境総務課長    櫻井 務 君            環境保全課長    鈴木宏昌 君            廃棄物対策課長   荻野祐司 君            環境 もっと読む
2018-12-03 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−04号 産業振興祭も商工会の事業ですが、伊豆の国ブランドの披露、販売と静岡県より経営革新の認証を受けた事業所の製品や技術の披露の場であり、この事業については市は商工会に補助金を交付しております。商工会の理事会などでお祭りの統一について意見が出ることもあると伺っております。   もっと読む
2018-11-30 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月30日−05号 平成28年度の地域ブランド推進協議会に、当初これカンショの商品開発で200万円の補助金の交付申請をしていましたが、補助金の交付要領によれば上限が50万円となっています。しかし、これ市長が特別に認める場合はこの限りでないと入っています。公文書を開示したところ、市長と協議をしたと記載されておりました。この協議はいつやったのかお聞かせください。 もっと読む
2018-11-29 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月29日−02号 これには多くの議論があると思いますので、消費税の増税やごみ処理施設の使用に当たっての伊豆市との料金統一をすべきか否かなど、幾つかの観点から検討を行っております。  次に、(2)です。ごみ処理費用については、住民に負担は求めないといった旧町からの基本的な考え方を変えるのかについてであります。   もっと読む
2018-11-29 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月29日−04号 加えて、市民生活に直結する庁舎や清掃センターの建設、三島市の持続的発展に大きく寄与し、長年の懸案事項でもありました三島駅南口の再開発事業など、大型プロジェクトが前に進み出したことから、この事業費を考慮した長期的な財政計画を作成し、お示しする必要があるものと判断したものでございます。   もっと読む
2018-11-28 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月28日−03号 日本陸連、プロジェクト、ウエルネス陸上というJAAF RunLink加盟について伺います。  その内容は、2018年11月13日、日本陸上競技連盟はプロジェクトJAAF RunLinkを発足。競技団体としての新たな役割として、ウエルネス陸上の理念の実現に向け、2040年までにランニング人口2,000万人を目指すとしています。   もっと読む
2018-11-05 静岡市議会 平成30年11月定例会(第5日目) 本文 本市は、2015年の子ども・子育て支援制度施行と同時に市内の公立保育園全てを廃止し、認定こども園に移行しました。さらに、市立こども園の配置適正化方針で民営化、統廃合を決定し、対象となる園を毎年2園から3園選定し、市内14区域ごと、平成55年には公立こども園を1~2園程度しか配置しない民営化、統廃合を推し進めています。   もっと読む
2018-11-02 焼津市議会 平成30年11月定例会(第2日) 本文 さかなセンターも大人向けの場所というイメージなので、子ども向けの施設や商品などで子どもでも楽しめるように。どうしても地震・津波のイメージがあるので、今以上に防災面を充実させてより安心して住めるように。焼津と言えばさかなだけど、ふるさと納税で体験型の返礼品をしてさかなだけではない焼津のPRを。魅力的な施設をふやして安心して観光できるようになどです。   もっと読む
2018-09-28 伊東市議会 平成30年 9月 定例会−09月28日-06号 〔8番 犬飼このり君登壇〕 ◆8番(犬飼このり 君)伊東時代。犬飼このりです。市議第14号 平成30年度伊東市一般会計補正予算(第2号)について賛成の立場で討論をいたします。   もっと読む
2018-09-27 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 予算決算委員会総務分科会-09月27日−01号 ◆委員(根津康広君) 固定資産税の家屋のとこでお聞きしたいと思いますが、税務概要の家屋の増減のところで388というのが出ているんですが、これは、増築の家屋の増というのはどの程度になるんですか。 ◎市税課長(神谷愛三郎君) 家屋の増築ですが、税務概要は、30年度中の増築の状況になりますので、30年度でお答えをします。 もっと読む
2018-09-25 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月25日−04号 ニューファーマーの受け入れ事業といたしましては、がんばる農業人支援事業がございます。これは、研修受け入れ農家とJA、市町、県などが地域受け入れ連絡会を組織し、新規就農希望者に研修受け入れ地域での就農に向け、1年間の実践研修や就農準備等の総合的支援を実施し、地域担い手として育成する事業でございます。 もっと読む
2018-09-20 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月20日−02号 を所有することに価値を見出す「モノ消費」から、商品やサービスを購入したことで得られる体験に価値を見出す「コト消費」へと、消費傾向が変化していることなどを背景に、商業床の取得、利用に対する事業者の反応が大変厳しい状況であったことによります。   もっと読む
2018-09-19 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月19日−04号 しかし、ことしは例年にない猛暑が続き、熱中症が心配されたため、生活保護利用者の体調を地区担当員が訪問により確認をし、熱中症予防対策の注意喚起と、エアコン支給対象となる世帯には、制度の周知を行いました。  次に、生活保護世帯への夏季加算と低所得者世帯のエアコン購入費助成については関連がありますので、一括して回答いたします。 もっと読む
2018-09-19 御殿場市議会 平成30年 9月定例会(第5号 9月19日) 椿サミットについて、私と黒澤佳壽子議員の会派市民ネットなでしこは、過去3回、京都府与謝野町、石川県野々市市、長崎県上五島町の全国椿サミットへ視察に行きました。それぞれのまちが椿を生かしたまちのアピールをされていました。  与謝野町では樹齢千年の滝の椿のツアー、そして椿文化資料館がありました。   もっと読む
2018-09-19 掛川市議会 平成30年第 3回定例会( 9月)−09月19日-03号 まず、パネル設置をめぐり問題となっている事例と、適切なソーラーパネル設置についてでありますが、掛川市ではエネルギービジョンや地球温暖化対策実行計画を策定し、市民、民間、公共が協議をしながら、防災や景観等と調和をとりつつ、再生可能エネルギーの導入を積極的に進め、平成29年度末時点で掛川市全電力消費量のうち9.07%を占めるなど、順調に推移をしています。 もっと読む
2018-09-13 伊東市議会 平成30年 9月 定例会-09月13日-04号 図書館・文化ホール建設計画に関し、さきの6月定例会において、文化ホールの規模については、600席から700席程度を検討している旨の答弁がされましたが、労働組合や企業の研修会等宿泊を伴う交流人口を目的とした活用も視野に入れた場合、少なくとも1,000席程度の規模が必要ではあると考えるが、いかがか伺うものです。   もっと読む
2018-09-12 伊東市議会 平成30年 9月 定例会-09月12日-03号 まず、伊東時代。による決算大綱質疑を許します。                〔9番 杉本一彦君登壇〕 ◆9番(杉本一彦 君)おはようございます。伊東時代。の杉本一彦でございます。通告に従い、これより会派を代表し、平成29年度伊東市決算大綱質疑を行います。  本日は一般会計決算を踏まえ、第8款土木費の中から1点、第10款教育費の中から大きく3点についてお伺いしていきたいと思います。   もっと読む
2018-09-11 三島市議会 平成30年  9月 経済建設委員会-09月11日−02号 平成28年度と比較しますと寄附金額は64%に減額となっておりますが、この要因としましては、ふるさと納税ポータルサイトを利用する自治体が増えたことや知名度があるブランド商品を取りそろえる自治体が一層増え、寄附金が多くの自治体に分散したこと、さらには国の通達の寄附金額に対する返戻金割合を3割以下にすることなどの指導を重視している自治体は、寄附金額を減らす傾向にあることから、三島市の寄附金も減少したものと もっと読む