7772件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

掛川市議会 2019-05-14 令和 元年第 2回臨時会( 5月)-05月14日-01号

  市長       松井三郎君      教育長      佐藤嘉晃君   監査委員     横山茂明君 〇委任(嘱託)を受けた  出席   副市長      久保田崇君      戦略監      鈴木哲之君   理事兼総務部長  高柳 泉君      企画政策部長   山本博史君   協働環境部長   栗田一吉君      健康福祉部長   松浦大輔君   健康福祉部付参与 大竹紗代子君

島田市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-資料

─────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤ │議案第14号│平成31年度島田市介護サービス事業特別会計予算 │○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│ ├─────┼───────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤ │議案第15号│平成31年度島田市後期高齢医療事業特別会計予

島田市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-07号

う関係条例の整備に関する条例について  第19.議案第26号 島田市都市計画大規模集客施設制限地区の区域内における建築の制限に関する条例の一部を改正する条例について  第20.議案第27号 島田市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例について  第21.議案第28号 島田市水道布設工事監督の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理の資格基準に関する条例の一部を改正する条例

清水町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日) 本文 開催日: 2019-03-22

委員から「この限度額に適用する被保険は何人いるのか、該当するのは一般で何人なのか、退職で何人なのか。」とただしたところ、「一般被保険での影響世帯数は133世帯、調定額で400万円を見込んでいます。退職分の該当はありません。」との答弁がありました。  ほかに質疑なく、討論なく、採決の結果、本案は賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  

伊東市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-07号

━━━━━━━━━━━━ ○議長(井戸清司 君)  △日程第2、市議第47号 伊東市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例、市議第48号 伊東市水道布設工事監督の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理の資格基準に関する条例の一部を改正する条例、市議第49号 伊東市水道水源保護条例の一部を改正する条例、市議第60号 平成31年度伊東市下水道事業特別会計予算、市議第61号 平成31年度伊東市競輪事業特別会計予算及

掛川市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月22日-09号

委員より、会計管理費に関連して、指定金融機関等に行っている管理監督の内容について伺うとの質疑があり、当局より、規則に基づき、現地での出納簿やさまざまな書類のチェックを実施し、気づいた点を指導している。指定金融機関の指定方法は、手上げ方式としており、前回は静岡銀行とスルガ銀行の 2行の中から、スルガ銀行に決めたとの答弁がありました。  

長泉町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-22

委員より、寄附への返礼品はどのように考えているか。との質疑に対し、カタログギフトのような返礼品の導入は考えていないが、長泉ブランド認定品等を寄附への謝意として送ることは検討している。との答弁がありました。  委員より、今後はガバメントクラウドファンディングを通じた寄附のみとなるか。との質疑に対し、ふるさと納税が目的を指定する従前どおりの寄附金についても、引き続き受けていく予定である。

藤枝市議会 2019-03-20 平成31年 2月定例会−03月20日-05号

指定管理管理する施設は16条例、25施設ですが、こちらは人件費と維持補修費と物件費に2%を上乗せしています。人件費も含めて2%ですから、使用料は指定管理管理している施設のほうが特段に高くなります。  そして、手数料については、市の説明どおり原則非課税で課税されません。これは消費税法第60条6項の規定です。自治体が一般会計で公共施設を運営する場合、消費税は払っていない。

島田市議会 2019-03-14 平成31年3月14日総務生活常任委員会−03月14日-01号

まず、委託した各業務を統括する管理責任が配置されます。この管理責任が、それぞれの委託業務全般に係る事項として、労務管理、定期的な現場の業務遂行状況の管理、契約事項にかかわることの調整などを行います。この管理責任は、委託業務全体に係る業務を行いますので、より多くの委託業務を包括的に発注することで、この部分に係る経費が節減されることが期待できます。  

島田市議会 2019-03-13 平成31年3月13日経済建設常任委員会−03月13日-01号

それに対しまして、今度、森林環境譲与税があって、例えば、管理できないという地権の方の意向調査をして、経営管理権をこちらが借りるような形にして、それで林業事業体に管理してもらう、あるいは、どうしてもできない場合は、市が直接間伐事業をやるという形で、これからは公的な譲与税を活用して、そういった管理手法をとっていくということで考えております。 ○委員長(杉野直樹) 平松委員。

島田市議会 2019-03-12 平成31年3月12日厚生教育常任委員会−03月12日-01号

◆委員(桜井洋子) 包括業務委託にすると、仕事ごとに、監督責任を置くという話がありました。それで、5事業、サタデーオープンスクール、教育相談のカウンセリング、教育センターの仕事です。ことばの教室企画・運営、発達障害と個別指導、教育支援員です。図書館支援。それぞれに管理を置くんですか。学校ごとに置くんですか。  先ほどの指示命令系統の話があります。

島田市議会 2019-03-12 平成31年3月12日全員協議会−03月12日-01号

◆19番(清水唯史) 私の趣旨が伝わっていなかったのですけれども、業者を決定する、例えば指定管理に出す場合にはプロポーザルで何社か出て、ここに決定しましたといって、決定した時点で議決事項になります。今回の包括業務委託を決定する場合は、議決事項になるのかどうか、その確認です。 ○議長(大石節雄) 萬屋副市長。

島田市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会−03月11日-06号

◎産業観光部長(谷河範夫) 制度の概要といたしましては、林業振興と森林資源の適切な管理の両立を図るため、森林経営意識が低く小規模で零細な森林所有の森林を、市町村を介して意欲と能力のある林業経営管理してもらうことであります。それで、林業経営の集積・集約化を図っていくものでございます。  

掛川市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月11日-08号

について   議案第 4 号  平成31年度掛川市介護保険特別会計予算について   議案第 5 号  平成31年度掛川市公共用地取得特別会計予算について   議案第 6 号  平成31年度掛川駅周辺施設管理特別会計予算について   議案第 7 号  平成31年度大坂・土方工業用地整備事業特別会計予算について   議案第 8 号  平成31年度掛川市簡易水道特別会計予算について   議案第 9 号  

清水町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日: 2019-03-07

その内訳につきましては、学校施設として要望された安全施設が1件、管理が町以外の信号機の設置や通行規制に関するもの、歩道拡幅に関するものなどの5件がございます。また未対応の箇所につきましては、当時それぞれの管理に要望内容をお伝えし、対応をお願いしております。  以上でございます。

島田市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会-03月07日-05号

そういうときには、それを野放しにしてしまうとずっと活動してしまうことになりますので、希望する各団体においては、申請書ですとか、計画書ですとか、そういった裏づけをもって申請を出していただくようなことをすれば、かたくなに使わせないということではないと私は理解をしますが、今後、そういう工夫といいますか、各学校施設等の管理、中学校、小学校の学校になると思いますが、理解をいただければ、そのようなことも、第3

伊東市議会 2019-03-07 平成31年 3月 定例会-03月07日-06号

 第6 市議第47号 伊東市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例  第7 市議第48号 伊東市水道布設工事監督の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理の資格基準に関する条例の一部を改正する条例  第8 市議第49号 伊東市水道水源保護条例の一部を改正する条例  第9 市議第50号 伊東市江戸城石垣石丁場跡保存活用委員会設置条例  第10 市議第51号 静岡地方税滞納整理機構規約

掛川市議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月07日-06号

こうした動きの中、先日、天竜森林管理署長にお会いして話を伺ったところ、小笠山のレクリエーションの森・自然観察教育林指定は、できれば今までどおり継続したい、そのためには地元自治体や関係を含めた協議会組織を設置していただき、管理適正化や利用増進・活動活発化を図れればというようなお話でした。  こうした動きに対する市長の受けとめ方、見解を伺います。  次に、 2点目。

伊東市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会-03月06日-05号

この辺のところというのは、普通河川とするか準用河川とするかという、指定の基準というのはどういうものになっているのかということについて、まずお答えをいただきたい。 ◎建設部長(石井裕介 君)指定の基準ということなのですけれども、特別な基準はございません。上流域で、例えば宅地化が進むなど重点的な整備を計画的に行う必要があるときなどに準用河川として指定した経過はございます。