運営者 Bitlet 姉妹サービス
926件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 昨年度からは、けんかやふざけ合い、暴力行為なども児童の被害性に着目して、いじめとして数えることで、認知件数が増加しています。文科省は、軽微なものも含めていじめが背景にあることを視野に学校側が対応している結果だと分析しています。小中学校の不登校児童生徒は約14万人で、前年度より1万人以上増加して過去最多を更新しています。 もっと読む
2018-11-30 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月30日−03号 未来をつくり出す子供たちの成長には、保護者を含めた地域住民が総がかりでの教育が必要であることから、家庭教育学習や、生涯学習を進めております。   もっと読む
2018-11-30 伊東市議会 平成30年12月 定例会-11月30日-01号 捨てる場所の一つとなっているのがコンビニエンスストアで、コンビニエンスストアでは家庭ごみを捨てないでくださいと注意書きがあり、家庭ごみの投棄が悩みの種になっております。家庭用に比べて倍の値段のごみ袋を使用しなければならない企業にとっては大きな負担になっております。そこで、時間外でも各種ごみを投棄することのできる場所をつくることができないかお伺いいたします。   もっと読む
2018-11-28 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月28日−03号 売主である開発事業者が平成30年6月末に土壌調査を開始し、7月に調査報告がまとまり、市に対し結果報告がありましたが、土壌汚染対策法の調査対象項目は、いずれも規定数値のため、汚染の心配はないものの、埋設物が第6区画の広範囲にわたり低密度に分布していることが推定される内容でした。   もっと読む
2018-10-11 富士市議会 平成30年 9月 定例会-10月11日-06号 2番、貧困対策における市役所の部局間連携による推進体制はどのようになっているのでしょうか。  3番、発達面、行動面、学校生活において支援を必要とする子どもの育ちについて、保護者や学校、関係機関に対し、現在の支援体制を伺います。  次に、配偶者暴力相談支援センターの充実について伺います。   もっと読む
2018-09-21 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月21日−03号 平準化について庁の検討委員会の方向性、方針等あればお伺いしたいと思います。 もっと読む
2018-09-18 富士市議会 平成30年 9月 一般・特別会計決算委員会-09月18日-01号 それとちょっと関連しているんですけれども、160ページの地域・家庭緑化費の(2)生け垣作り助成費です。これは予算ですと50万円ついていましたけれども、実績が3万4000円、1件です。平成28年度は6件で、前年対比でも非常に減っているという状況ですけれども、この自己評価、また、生け垣づくりの他市との水準の違いなどがありましたらお答えください。 もっと読む
2018-09-14 伊東市議会 平成30年 9月 定例会-09月14日-05号 そうすると、そういうものというのは行政が一般家庭の家計の支出と同じようなレベルで行政判断をしていたから困るわけですから、こういうものについてはそういうことがないということをちゃんと検証していく作業を絶対に入れなければいけないだろうと思うんですね。この辺のところについてしっかりとしてもらわなければいけないなと思います。   もっと読む
2018-09-13 三島市議会 平成30年  9月 福祉教育委員会-09月13日−02号 もう1つ、担当課の相談受付窓口カウンターに、私いつも気になっているんですが、暴力許さないという、暴力ストップというポスターが敷いてあると思うんです。掲示では張ってあるけれども、敷いてある。あれは何のためにやっているのでしょうか。 もっと読む
2018-09-11 伊東市議会 平成30年 9月 定例会−09月11日-02号 自立相談支援事業につきましては、伊東市社会福祉協議会に委託し、社会福祉課にくらし相談センターこころを設置してワンストップの相談窓口として開設しており、庁各課や地域包括支援センター、医療機関等との連携により、相談支援員2人が就労支援や家計管理の支援等を実施し、平成29年度は125人に対して支援を行い、うち22人が就労に結びついております。 もっと読む
2018-09-05 伊豆の国市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月05日−05号 児童家庭相談窓口の専門職並びに専任職の配置状況と相談実績についてであります。  児童家庭相談については、保健福祉・こども・子育て相談センターが窓口となります。教員免許がある家庭児童相談員2名と保健師が主として相談支援を行っております。また相談センターには女性相談員、メンタルヘルス相談員、社会福祉士もおりますので、必要に応じて連携をとりながら相談支援を行っております。   もっと読む
2018-09-04 伊豆の国市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月04日−04号 それと、なおかつ夜、豪雨の中、例えば役所から車を出してアナウンスしていただいても全く聞こえないんじゃないかなというふうに考えていますので、これまで戸別受信機というのを旧大仁町では多くの家庭に入っておりましたけれども、戸別受診機の、私は考え方として復活をしていくほうがいいんじゃないかなというふうに思いますし、ここまで大きい災害が幾つも見られるようになった現状を考えますと、確実に市が出す情報が各家庭に伝 もっと読む
2018-09-03 伊東市議会 平成30年 9月 定例会-09月03日-01号 153ページにかけての事業3は、民生委員・児童委員、定数160人の活動に要した経費で、事業4は、女性の生活相談や家庭暴力からの保護などに要した経費で、事業5は、市長が所轄庁となる市内の社会福祉法人6法人の監査に要した経費であります。事業6は、福祉基金への積立金で、事業7は、福祉団体等への補助金であります。 もっと読む
2018-09-03 焼津市議会 平成30年9月定例会(第3日) 本文 本市では、母子健康手帳交付時から妊婦への支援を行うとともに、出産後は、産婦健診や産後ケア事業、そして、生後2カ月ごろまでの乳児の家庭を訪問する乳児家庭全戸訪問事業を実施し、育児に関する不安や悩みに対し、全戸を訪問し、丁寧に対応しております。  それ以後は6から7カ月、1歳6カ月、3歳と各ステージで健診、相談を実施し、そのつど虐待の有無を含め、見守りを行っております。   もっと読む
2018-09-02 焼津市議会 平成30年9月定例会(第2日) 本文 男性職員の育休について、この質問の背景にあるのは、家庭で育てる、家庭で期待する子育てから社会構造が変化している、このことがあります。また、9月5日、NHKニュースで出産後の死亡が多い、自殺者と言っていました。また、産後の鬱病が10人に1人、このような報道もありました。   もっと読む
2018-09-01 焼津市議会 平成30年9月定例会〔資料〕 伺う   │    │   イ 相談体制の充実を図るため、子ども家庭総合支援拠点について伺う         │    │    (ア) 子ども家庭総合支援拠点の設置状況について伺う                │    │    (イ) 専門的な対応力向上をするために、弁護士や医師等の外部人材を活用して助言等を │    │      求めているか又は他の方法でのスキルアップ研修等の実態を伺う          もっと読む
2018-06-22 三島市議会 平成30年  6月 定例会-06月22日−05号 このような事案は、家庭に隠れていることが多く、発見が難しいため、行政、児相、近隣住民、お医者さん、町内会長、民生委員等々の人たちにより、見守り連携により早期の発見、対処が必要であります。また、そういう事案で転居した場合などは、他市町との連携、フォローなども必要と感じます。検討することは山ほどあると感じているところでございます。   もっと読む
2018-06-08 長泉町議会 平成30年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018.06.08 近年、殺人、交通事故、性犯罪、家庭暴力等と犯罪は多様化しております。あってはならないが、いつ犯罪に巻き込まれ被害者となる可能性は否定できません。加害者側には逮捕されれば国選弁護人や保護司会等の支援がありますが、被害者側の支援環境は国・県の条例はありますが、まだ自治体は整っていません。   もっと読む
2018-06-03 焼津市議会 平成30年6月定例会(第3日) 本文 平成30年3月に公表された内閣府が行った男女間における暴力に関する調査の報告書によれば、女性の3人に1人、男性の約5人に1人は配偶者から暴力を受けたことがあり、女性の約7人に1人は何度も暴力を受け、命の危険を感じた経験があるとの報告があります。  DV、ドメスティックバイオレンスという言葉としては知っていても、その実態は余り知られていないのではないでしょうか。 もっと読む
2018-06-01 焼津市議会 平成30年6月定例会〔資料〕 これが良好な教育環境と両立すると思うか                  │    │  ウ 発売場で予想屋の営業はしない。しかしファンサービスイベントとして「予想セミナ │    │   ー」を実施することがあるとの回答。 もっと読む