運営者 Bitlet 姉妹サービス
1918件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月21日-06号 2点目は、新電力事業としてシュタットベルケの研究・推進については、シュタットベルケ導入に向け、市民、民間との協議、連携を深めながら、電力の自由化を含め、余剰電力の有効活用を推進すべきと考える。また、電力に関する市民の意識を高めていく必要がある。   もっと読む
2018-12-14 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−06号 そういう中で、当然今言った推進の検討業務ですとか、並びに官民連携の業者選定を初めとする準備、それから実施方針等の確認、また基本協定を締結するまでの間の進捗、こういったものについては、当然国交省の理解をいただかないとなかなか進まないところだと思います。   もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) いずれにいたしましても、本市が発展するためには、そして、本市の今後10年後、20年後、さらには100年後を見据えたときに、安定し、かつ未来の子どもたちが夢を抱ける行政経営の推進に向けては、何よりも民間企業のすぐれた技術、またノウハウを最大限活用すること、また市民の皆さんの参画によります行政運営を行い、市民協働、官民協働で取り組むことが重要であると考えております。   もっと読む
2018-12-10 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月10日-03号 ◎上下水道部長(山田教文 君) 先ほど御紹介のあった水道法の改正につきましては、新聞、テレビ等で報道されておりますけれども、私どもは、官民連携の拡大というのは、経営の効率化とか合理化に向けて大変有効な手法だというふうに思っております。 もっと読む
2018-12-06 静岡市議会 平成30年 都市建設委員会 本文 2018-12-06 したがいまして、河川施設管理者として今後もハード面の整備を確実に進めていくことはもちろんでございますが、防災部局等と連携しながらソフト面の対策もあわせて実施してまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-12-05 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月05日−03号 この問題については、6月定例会で設置に向けた調査の開始等についてお伺いし、9月定例会で官民協力体制での整備等についてお伺いしましたが、今回は、国会で今夏の記録的な猛暑を受けて、熱中症対策として公立小中学校などの普通教室のうち、エアコン未設置の約17万教室全てに設置するため、822億円が計上されましたので、各自治体が来年度中に設置すると動き出したことを踏まえ、お伺いをいたします。 もっと読む
2018-12-05 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号 今後も引き続き被覆栽培に適した品種への改植、専門機関である県茶業研究センターや、両農協とも連携を図りながら茶農家への支援に取り組んでまいります。  これから需要がふえていくというふうに思っておりますので、しっかり県、農協も含めて連携を取って進めていきたいと思っております。   もっと読む
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 猛暑対策と並行して、環境に配慮した、当市でも実践しているミストシャワーや緑のカーテン等のさらなる普及や官民協力による節電や省エネルギー対策の取り組みが、これからさらに必要と考えますが、市長の見解を伺います。また、これも先に述べましたが、台風24号がもたらした被害は、私たち市民に厳しいアドバイスというか試練を与えたのではないかと思っています。 もっと読む
2018-12-03 伊東市議会 平成30年12月 定例会-12月03日-02号 このプロジェクトにつきましては、市内の観光関連団体で実行委員会を組織し、公の場所には行政が、商店街を初めとする民地には実行委員会が主導となりブーゲンビリアの整備を行い、市民や観光客の皆様が花で楽しむことができる環境整備を推進する計画であり、また、翌平成29年度は市制施行70周年であったことから、記念事業として官民協働で花の少ない夏季に色づくブーゲンビリアをまちじゅうに咲かせ、花によるおもてなしをすることで もっと読む
2018-11-30 伊東市議会 平成30年12月 定例会-11月30日-01号 さらに、キャンプ場を利用される青少年育成団体に設備整備のご協力をいただくなど、官民一体となって施設環境の向上に努めております。当該施設は、気軽に利用できるキャンプ場として多くの方から好評いただくとともに、幅広い有効活用も図られていると考えており、今後につきましても、安全に利用できるよう管理に努める中で、利用者等のご意見を伺いながら利便性の向上を図ってまいります。   もっと読む
2018-11-05 静岡市議会 平成30年11月定例会(第5日目) 本文 次に、市単独の河川改修事業を初めとする各事業の債務負担行為補正の追加においては、工事の発注時期や業務量の平準化を図ることで、官民ともに働き方改革に資する取り組みを評価するとの発言があった一方、その取り組みが施工時期の平準化につながっているかなどのフォローアップを着実に行っていただきたいとの要望がありました。   もっと読む
2018-11-04 焼津市議会 平成30年11月定例会(第4日) 本文 人事院は、毎年、国民一般の標準的な生活費用、標準生計費と民間賃金の調査を実施し、官民給与の比較を行い、両者の格差を算出し、職員の給与を民間給与と合わせることです。しかし、この標準生計費と企業規模というのが、事業規模で50人以上が調査対象です。圧倒的に多い50人未満の小規模企業、これらは調査に含まれていません。  自治体の一番の基本は、福祉の充実です。国政において多くの福祉予算が削られています。 もっと読む
2018-11-03 焼津市議会 平成30年11月定例会(第3日) 本文 また、交流人口1,000万人を達成するためには、多様な地域資源を活用、連携、循環させるなど、さまざまな取り組みが必要と考えており、観光、文化、スポーツ、産業という4つの分野に分類をし、それぞれ5年後をめどとした成果指標を設定する中で進行管理を行ってまいります。   もっと読む
2018-11-02 焼津市議会 平成30年11月定例会(第2日) 本文 今後も所有者への啓発のほか、空き家の活用や流通を促進するため、関係団体や地域等と連携を図りながら空き家の対策に取り組んでまいります。  次に、人口問題への対応についてであります。   もっと読む
2018-10-12 富士市議会 平成30年 9月 定例会-10月12日-07号 具体的には平成28年12月に官民データ活用推進基本法を定め、地方公共団体は努力義務として官民データ活用推進基本計画を策定することとしております。この基本計画に盛り込む事項といたしましては、行政手続オンライン利用の原則化、情報の円滑な流通の確保、オープンデータの推進、AI、IoT、クラウド等の先端技術の活用などが挙げられております。   もっと読む
2018-10-10 富士市議会 平成30年 9月 定例会-10月10日-05号 このため、空き家の改善等を所有者とともに考えるほか、一定の強制力をもって所有者に働きかけることができるよう、関係機関に協力を仰ぎながら、消防や環境、道路などの庁内関係部署が連携し、対応してまいります。   もっと読む
2018-10-09 富士市議会 平成30年 9月 定例会-10月09日-04号 富士市の新たな観光施策として、せっかく富士市で始まったバンジージャンプ事業が、正式に富士市と契約がなされて官民連携の運営がされている以上、市としては運営会社と連携を強化して情報発信をするべきであり、地域の活性化策につなげるべきであります。また、この事業を長期運営する上でも、渓谷橋周辺整備を含め、さらなる須津川渓谷のインフラの整備が求められます。 もっと読む
2018-10-05 富士市議会 平成30年 9月 定例会-10月05日-03号 次に、民間の資金力を活用したPPP、PFIについて、どこまで検討しているのかについてでありますが、指定管理者制度や公設民営による施設整備などを含め、官民連携して公共サービスの提供を行う手法がPPPであり、そのうち民間の資金やノウハウを積極的に活用する手法がPFIと呼ばれております。総合体育館の整備手法につきましては、本年度基本計画を策定する中でPFI導入可能性調査を行い、決定する予定であります。 もっと読む
2018-10-04 静岡市議会 平成30年 企業消防委員会 本文 2018-10-04 そして、下水道事業の場合はもう1つ、下水が通ってきたときに水洗化をしていただくためにお宅につなげるんですけれども、そのときの費用が数十万円かかるということで、各金融機関と連携した融資制度があります。 もっと読む
2018-10-02 伊豆の国市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月02日−08号 高齢者が安心して医療を受けることができるよう静岡県後期高齢者医療広域連合と連携し、収納率の向上や被保険者の健康増進とさまざまな努力を重ねていくことを期待しまして、議案第51号 平成29年度伊豆の国市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について賛成討論といたします。 ○議長(天野佐代里君) ほかに討論の通告はありませんでしたので、討論なしと認めます。これにて討論を終結いたします。   もっと読む