768件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊東市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-07号

入湯税について、平成30年度は減となる見込みの中で増額計上とした理由を問う旨の質疑があり、当局から、平成30年度の減額見込みは北海道及び大阪における大規模地震、並びに西日本の豪雨災害等に起因するものと分析していること、また、平成30年12月の1カ月分については13.6%増であり、景気回復の兆しがあること、さらに、平成31年度は静岡デスティネーションキャンペーンによる誘客が期待できることから増額計上としたとの

伊東市議会 2019-03-07 平成31年 3月 定例会-03月07日-06号

そこで、同じような不祥事の後、改革を進めているまちから学びたいと視察を思い立ち、大阪の河内長野市に行ってきました。この河内長野市は、生活保護費の横領という職員の不祥事が起きてしまったまちですが、市長を本部長とするコンプライアンス推進体制ができ、さまざまな改革に継続的に取り組んでいます。その成果も踏まえ、以下4点について質問いたします。  

島田市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会-03月05日-03号

また、内閣は、各自治体に取り組みの意義や活用を進めていることを鑑み、これらをこれからのまちづくり計画に取り込むことができないかお伺いをいたします。  次に、(3)の庁内の組織改編についてお尋ねをいたします。  平成25年度に執行体制が変わり、平成26年、平成27年の大幅な改編に始まり、その後も毎年改編が繰り返され、新年度においても再編案が上程をされております。

藤枝市議会 2019-02-28 平成31年 2月定例会-02月28日-03号

どうやって周知したらいいのかなあというのは非常に難しいところだと思うんですけれども、ちょっと調べてみましたら、大阪ではおもしろい取り組みをやっているんですね。これは、ちょっとホームページから引っ張ってきたんでありますけれども、これは、大阪に在住している学生と大阪市と大阪が一体となって、ギャンブル依存症に対する周知のポスターというのがあります。  

藤枝市議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会-02月27日-02号

実はこの地方創生関係の事業というのは、国では内閣が中心になって行っていますけれども、平成27年度からいろいろ始まりまして、初めは地方創生先行型交付金というようなものがありました。最近では、地方創生推進交付金の中で、拠点整備というのがある。

富士市議会 2018-12-13 平成30年11月 定例会−12月13日-06号

大阪池田市でも、あの事件がありましたが、精神障害者地域生活支援センター咲笑(さくら)で、いろんな勉強会や体験会や、市の広報番組に出演するとか、啓発をして、精神の方たちの理解を深めるということをしているそうです。ぜひ富士市も、意識をして精神の支援に力を入れていっていただきたいなと思います。  次に、拠点機能の充実化について、整備方針について伺います。  

伊東市議会 2018-12-13 平成30年12月 定例会−12月13日-04号

ことしの6月18日に大阪北部で発生した大地震により、震度6弱を記録した高槻市の小学校で、古く、もろくなったブロック塀が倒壊し、通学中の女子児童が下敷きになり、幼い命が亡くなる痛ましい事故が起こりました。また、今夏の酷暑とも言える天候が続く中で、隣の愛知県豊田市の小学校で、1年生の男子児童が校外学習の後に重度の熱中症である熱射病にかかり、間もなく、その幼い命を落とした事故が起こりました。

富士市議会 2018-12-12 平成30年11月 定例会-12月12日-05号

サッカーに絞って調べてみますと、柳沢敦選手が出身地の富山県の射水市民栄誉賞を、本田圭佑選手が大阪の摂津市民栄誉賞を、ことしのワールドカップで2ゴールを上げた乾貴士選手が滋賀県の近江八幡市民栄誉賞を受賞されています。  郷土が生んだスターをたたえるというのは大事なことだと思います。受賞の報道を聞いたらうれしい気持ちになる市民はたくさんいると思います。

富士市議会 2018-12-10 平成30年11月 定例会-12月10日-03号

私ども会派凜の会は、本年10月31日に大阪和泉市に行政視察に伺いまして、和泉市におきますPFIを活用した浄化槽整備事業についてお話を伺い、和泉市の現状と課題について勉強してまいりましたので、これらを踏まえ、以下、質問させていただきます。  質問の1点目ですが、上下水道部では、本年4月に公共下水道計画区域を見直して、100ヘクタール縮小いたしました。

藤枝市議会 2018-12-06 平成30年11月定例会-12月06日-02号

◆12番(山本信行議員) ちょっと自分のほうで調べさせていただいて、全国的なこの重さということもありまして、大阪のある学校では、実際にタイヤのついた引きずるような形のものでもオーケーですよというところもあるようでございます。指定がないようですので、そこら辺は柔軟に対応をしていただければなあというふうにして思います。  

掛川市議会 2018-12-05 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号

しかし、むしろ鹿児島県であったり京都であったりといった、他の産地に出おくれていると言わざるを得ない現状は、市も課題として御認識かと思います。  まず、海外市場・国内市場とも鍵になる抹茶について考えてみたいと思います。  てん茶そして抹茶の生産については、市の茶振興計画にもあるとおり、現状、市内の生産量は決して多くありません。一部では、そもそも、やぶきたは抹茶に向かないという声もあります。

浜松市議会 2018-12-04 平成30年 11月 定例会(第4回)-12月04日−21号

最近の我が国の経済は、名目GDPと実質GDPがともに過去最大規模に拡大し、好調な企業収益を背景とした設備投資の増加や雇用・所得環境の着実な改善が見られるなど、景気は緩やかに回復しているということでありましたが、内閣が先月14日に発表した7月から9月期の実質国内総生産GDPは、2四半期ぶりのマイナス成長に陥り、今や景気は一進一退の展開となっています。  

島田市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会−12月04日-03号

例えば、大阪のI市、イズ何とか市というところにおいて、財政が大変だということで、ここはふるさと納税をたくさん集めて話題になっている、批判を浴びている部分がありますが、ここの市は、ガバメントクラウドファンディングをたくさんやっています。つまり、市の方々が、財政的に困っているから、いろいろなことを勉強して、いろいろな施策を打ってこれをやっているのです。そういう努力をその自治体はしているのです。

富士市議会 2018-12-04 平成30年12月 文教民生委員会-12月04日-01号

しかし、大阪北部地震や台風24号による大規模停電が発生するなど、今後も地震や異常気象等による災害がいつどこで発生してもおかしくない状況にあることから、来年の台風シーズンまでに工事を完了させるために早期に改修工事を実施し、災害リスクの軽減を図るものであります。  以上で議第108号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ○鈴木 委員長 説明を終わります。  質疑を許します。

島田市議会 2018-12-03 平成30年第4回定例会−12月03日-02号

そしてこの敷地は22.7ヘクタールですか、非常に大きくて、大阪市のダイワハウスに業務代行を決めてやっていくというようなことを聞きましたけれども、これについての島田市の対応というものはどのように考えていますか。 ○議長(大石節雄議員) 鈴木市長戦略部長。 ◎市長戦略部長(鈴木将未) そうした情報があることは我々も承知はしております。

伊東市議会 2018-12-03 平成30年12月 定例会-12月03日-02号

熊本地震、西日本豪雨、大阪北部地震、台風21号、北海道胆振東部地震、これら相次ぐ災害は、自然災害がいつ、どこで起こるかわからず、万全の備え、また、一人一人の防災意識の向上が不可欠という意識づけがこれまでの災害において教訓にもなり、今までの想定を超える災害、被災状況から、個人、そして家庭においての防災意識も変わりつつあることも感じているところであります。

伊豆の国市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−04号

交付金交付要綱が届いておりませんので確定的なことは言えませんが、国が10月に都道府県教育委員会施設助成担当係長会議において説明した資料によりますと、制度の趣旨として、大阪北部地震で安全性が問題となったブロック塀について、倒壊の危険性のあるブロック塀を整備するとともに、災害ともいえることしの猛暑を受け、児童生徒等の健康被害を及ぼさないよう、熱中症対策として各学級に冷房設備を整備するとあります。  

浜松市議会 2018-11-30 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月30日−19号

ことし6月18日、大阪北部地震で顕在化したブロック塀は、設置基準値の規定外でありました。本市でも、ブロック塀について点検をした結果、基準値外のブロック塀がありました。  台風24号でも、防球ネットが倒れた災害もありました。また公共施設内で植えられている樹木も老朽しているため倒木した樹木もあります。  老朽した樹木の存在やブロック塀だけでなく、基準を満たさないものがある可能性があります。

伊豆の国市議会 2018-11-30 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月30日−03号

以前に、インクルーシブ教育というのも取り上げているんですけれども、大阪でもう10年以上も、インクルーシブ教育を実践している公立の小学校があります。『みんなの学校』というドキュメンタリー映画等で有名な学校でありますが、障害のある子供たちも非常に個性的な子供たちも、みんな一緒に、一緒の教室で学んでいます。