運営者 Bitlet 姉妹サービス
17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-02-27 浜松市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月27日−02号 しかし、平成30年を迎えた今、堺屋太一氏が約20年前に予測小説「平成三十年」の中で描いた、抜本的な変革を先送りしたことで、課題の十分な解決に至らず、環境変化への対応に立ちおくれた我が国の姿が、現実のものになろうとしております。  現在国を挙げて進めている地方創生の取り組みについても、各自治体が成果をいかに上げるかが一層重要となっています。 もっと読む
2014-02-25 浜松市議会 平成26年  2月 定例会(第1回)-02月25日−02号 人口減少が経済や文化を発展させた例は多いと、ルネッサンス文化を例にとり、作家の堺屋太一氏はみずからの著書で述べています。さらに、超高齢社会はビッグチャンスであるとも指摘しています。30年先には、高齢世代が人口の4割を占める最大の階層になります。時間的にも余裕があって、大変大きな金融資産を保有している。 もっと読む
2007-12-14 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成19年 11月 民生病院委員会-12月14日−01号 団塊の世代というのは堺屋太一が51年に本を出して、22年から24年に生まれた方を団塊の世代と呼ぶようになりました。最高に生まれているのが260万人ぐらい生まれていたわけですよね。その方々がもらう方へだんだん回りつつありますね。   もっと読む
2007-12-12 御殿場市議会 平成19年12月定例会(第2号12月12日) なぜ民間と行政と組織が違うかと言いますと、堺屋太一氏が書いております、組織の「死に至る病」、堺屋太一氏は、通産省におりましたけれども、今現在、本省の組織は、皆この病気にかかっているということを本に書いてありました。組織が固定化すると、従業員は職場での居心地の良さを追求する。権限を増やし、手続をややこしくし、抜てき人事を排して年功序列に徹する。情報は内部に秘匿され、外部監査や評価を避ける。 もっと読む
2006-11-03 静岡市議会 平成18年11月定例会(第3日目) 本文 団塊の世代というのは、昨日青木議員が紹介してくださったように、作家の堺屋太一さんが1976年に発表した小説、「団塊の世代」に端を発した言葉です。第2次世界大戦が終わった日本で1947年から1949年までの3年間に生まれた約800万人の人たちを指して言うことが多いようです。この議場の中にもたくさんいらっしゃると思います。後ろにたくさんいらっしゃるのかもしれません。   もっと読む
2006-11-02 静岡市議会 平成18年11月定例会(第2日目) 本文 団塊の世代について、1点、増加する退職者のサポートにつきまして、2点、生きがい対策の推進につきまして、小説「団塊の世代」を1976年に発表いたしました団塊の名づけ親となりました堺屋太一氏の定年後の生き方の記事が目に映りました。ちょっと抜粋させていただきました。   もっと読む
2006-03-07 伊東市議会 平成18年 3月 定例会-03月07日-04号 戦後の昭和22年から24年までの3年間に生まれた、いわゆるベビーブームの時期に生まれた世代は、堺屋太一氏の小説で使われた「団塊の世代」と称され、今日の日本の経済に大きな影響を与えた年代でもあります。 もっと読む
2005-11-01 富士宮市議会 平成17年 11月 定例会(第4回) 堺屋太一氏が言われたように、今は大変な時代ということになっているということに早く気がつかないと、取り返しがつかなくなるということであると思います。この給与の案は、限界を超えているとは思いません、私は。耐えられるものだというふうにも思います。財政再建の事例は、大変古くから多くの事例が語られております。 もっと読む
2004-02-01 富士宮市議会 平成16年  2月 定例会(第1回) 1995年12月発行の堺屋太一の著書にこう書いてあります。「従来の知識や経験でははかれないこれからへの不安。「これまで」にかわるものが見えないことへの不信。夢とおもしろみのない未来図に対する衰退の予感から来る不満。いつの時代でも世の中は変わる。そういう意味では時代は常に不連続だ。いつの時代、どんな世の中でも人は本音と建て前を使い分ける。だから、世の中のことはいつもわかりにくい。 もっと読む
2000-03-10 三島市議会 平成12年  3月 定例会-03月10日−05号 堺屋太一経済企画庁長官と宮沢喜一大蔵大臣は、いずれも見るべき効果がなかったことを認めました。地域振興券は60年償還の赤字国債で賄われ、金利が3%になると、元利合計では1兆 6,000億円もの借金となってはね返ってきます。しかもそのために増えた国の借金は、今の若者が払うことになると追及しました。また、地域振興券が大型店で使われた比率が高いとの指摘も認めました。 もっと読む
1999-03-19 静岡市議会 旧清水市:平成11年第1回定例会(第8号) 本文 1999-03-19 しかし、堺屋太一経済企画庁長官は、10月から12月期が底で、ことしに入って下げどまり現象が、かなり広い範囲で広がっていると、上方修正の見方を述べられております。  また政府は、現在この経済状況を打開しようと、社会資本整備や減税、貸し渋り対策や地域振興券など、総額では20兆円を大きく上回る緊急経済対策を打ち出し、経済のプラス成長を最大のテーマとして取り組んでいるところであります。   もっと読む
1998-12-14 裾野市議会 平成10年 12月 定例会-12月14日−一般質問−04号 また、堺屋太一経企庁長官は、「可処分所得の増加として計算をした場合、約0.14%の景気の押し上げ効果がある」と、このような見通しを示すとともに、「地域振興券は地域別の限定があり、地域振興として期待が持てる」と、このように述べております。 もっと読む
1998-12-02 長泉町議会 平成10年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日:1998.12.02 堺屋太一さんが書いている「楽市楽座」というのは、秀吉も信長もそういうことをして大名を使っていたそうです。是非、そういうことも一つの頭のどこかに置いて、やっていただきたい。それで、あるそこの中のニキビの一つの家ですけども、ちょっと声がありまして聞くと、私は人間じゃあありませんと。おばあちゃんが言っているわけです。だって、生きているじゃあ。 もっと読む
1998-09-30 静岡市議会 旧清水市:平成10年第3回定例会(第5号) 本文 1998-09-30 先日の日曜討論を聞いておりますと、堺屋太一長官は、土地というものを資産ということではなくて、資源という考え方をすべきだと、そういう時期に来ている。そして土地利用というものを今までの窮屈な規制の前にさらしておくのではなくて、資産としてではなくて資源として活用するように改革をすべきだと、こういうことを言っておりまして、まことに清水市もそうあってほしいなと、こういうふうに思ったわけでございます。   もっと読む
1997-06-06 長泉町議会 平成9年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日:1997.06.06 それから織田信長の堺屋太一さんのあの本、本っていいますか、記述を読みますと、織田信長っていう武将は、なんでもどんどん行くですけども、ありとあらゆる人の知恵を借りて、その人を使って、その人がどっかで挫折するときがあると、自分がでていってもっていくと。だからその例をだんだん聞きますと、もうこの辺で町長さんの大英断が必要だなという気がいたしますけど、いかがでしょうか。 議長(大沼) 町長。 もっと読む
1996-03-05 藤枝市議会 平成 8年 2月定例会-03月05日-02号 ◆2番(山内弘之君) 御答弁いただきましたが、第1の項目につきましては、堺屋太一さんの本のとおり「大変な時代」に突入しているわけでございます。ぜひ、私のねらいは福祉予算も有効性とこれからに備えるという意味合いで申し上げましたので、そのようなお考えでこれからのお取り組みをお願いいたします。  具体的には、有償福祉サービスも今後の検討課題というお言葉をいただきました。 もっと読む
1995-12-14 静岡市議会 旧清水市:平成7年第4回定例会(第5号) 本文 1995-12-14 堺屋太一さんによりますと、大競争の時代、ネガコンペンテーションエージということも言われておりますけれども、そういった中で再構築が必要じゃないかというお話でございますけれども、こういった戦略についての考え方で、現状をどう考えていくかということでございますが、こういった時代背景に常に対応して物事は進めていかなければならないという観点に立ちまして、現在清水港のFAZ事業推進協議会の中に、今3部会ございます もっと読む
  • 1