運営者 Bitlet 姉妹サービス
10374件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-05 富士市議会 平成31年 2月 ごみ処理施設建設特別委員会-02月05日-01号 ただ、市の監督員、それから設計施工管理のコンサルも入っていますので、問題があったら、その都度現場に行って対応して解決するというようなことを繰り返して行ってきて、何とか現場のほうは、工程的には若干前後もあるんですけれども、動いているのかなというところでございます。   もっと読む
2018-12-26 三島市議会 平成30年 12月 臨時会-12月26日−01号 あわせて委託料の財源更正がされているんですけれども、こちらも一般財源から起債に変更がされているという中で、どういったやり繰りがあったかということと、それをやる理由ですよね、さかのぼってやるということに対しては問題がないというのは承知をしているんですけれども、あえてそこをそうやって起債に替えていくということは財政的なメリットがあってしかるべきなんだろうというふうに考えますけれども、その点についての見解 もっと読む
2018-12-21 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月21日−06号 磐田市老人クラブ連合会では、住みよい磐田をつくる市民連絡会から協力要請があり、高齢者の共通問題と認識し、協力することを正副会長会で決議した。その後、9地区の単位クラブの会長にお願いをし、会長から各クラブの会員に任意で協力してもらう形で、約1,300から1,400の署名を集めたとのことでした。   もっと読む
2018-12-21 三島市議会 平成30年 12月 議会基本条例等検討特別委員会(第14回)-12月21日−01号 まず、パブリックコメントに対する特別委員会の考え方の公表についてということで、前回皆様の御意見を伺う中で修正をさせていただき、また委員外議員の皆様にも資料提供をする中で、何か問題といいますか、御意見があればということで、14日を締め切りとして皆様を通して取り上げていっていただくということになっておりましたけれども、私のほう、また事務局のほうには、そういった御意見は一切ございませんでしたので、当該資料 もっと読む
2018-12-21 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月21日-06号 当局説明の後、質疑を求めたところ、特に申し上げるべき質疑なく、委員間討議を求めたところ、委員より、簡易水道はわかりにくい部分が多いので、調査研究を重ねるべきとの意見が出され、他の委員より、簡易水道の源流では土砂や流木、葉が詰まる等の問題があるので、一度現地調査をしたほうがよいとの意見がありました。   もっと読む
2018-12-18 富士市議会 平成30年12月 ごみ処理施設建設特別委員会-12月18日-01号 そういうことも考えると、外壁やそういったものがちょっと傷みがあったりとか何かというときに早く発見すれば改修も楽だし、緑化してあることによって、かえって手間もかかったり金もかかったりということになるのではないかと思うし、かえって病害虫の問題、緑化することによっての消毒だとか管理そのものも大変になってくると思います。 もっと読む
2018-12-14 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−06号 私どもは市長戦略部といたしましても、伊豆の国市といたしましても、現在この山積している問題を皆さんの前にご提示しております。しかし、それだけではありません。それ以外にもっと今から取り組んでおかなければ5年先、10年先に間に合わないということもございます。そこのあたりは皆さんの前に提示することはできませんでした。 もっと読む
2018-12-13 富士市議会 平成30年11月 定例会−12月13日-06号 新々富士川橋計画の発表後、当該地区では数多くの問題があることから反対同盟が結成をされました。その数多くある問題の1つに岩松中学校問題があったわけです。  先ほど教育長もお話しされましたように、1万3000台からの車両が入るということです。 もっと読む
2018-12-13 伊東市議会 平成30年12月 定例会−12月13日-04号 本条例案については、その審議において、これまでに幾つかの問題点を指摘してきております。  まず問題となるのは、伊東市政治倫理審査会についてです。第8条以下で規定されるこの審査会は、第7条に規定される資産等報告書等の審査を市長に求められた場合に初めて機能する位置づけになっており、審査会に自立的な審査や調査を行う独自の権能が与えられておりません。 もっと読む
2018-12-12 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第3号12月12日) 2025年問題は医療、介護、福祉面のみならず経済面でも労働力不足を含め、国のあり方を変えるほどの大きな問題であると考えられております。  また、最近よく耳にする言葉に、人生100年時代到来と言われている。 もっと読む
2018-12-12 静岡市議会 平成30年 清水都心まちづくり特別委員会 本文 2018-12-12 7 ◯大村委員長 望月賢一郎委員に申し上げますが、前にも再三この庁舎の問題については委員の皆さんにお願いしていますが、細かいところにつきましては、今、検討委員会でやっています。 もっと読む
2018-12-12 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月12日-05号 移行表明して正式協議が始まって2年後、2021年にやっぱり財政的なデメリットが多いからといって断念したときに、いやいや、そんなことは2018年時点でわかっていたじゃないかということになりましたら、富士市長、富士市議会、そして富士市全体の信用問題にかかわると思います。私は、もう判断できるだけの情報は集まっていると思います。   もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) しかしながら、保育士等の資格がある臨時職員への比率が高いことも、あるいはまた、臨時職員の数が多くなっていくという事情もよく理解できますけれども、やはり人件費が非常に問題であるということは、ここで明らかではないかというふうに私は考えます。  そこで、質問いたします。31年度から施行されると認識しておりますけれども、会計年度任用職員制度への対応、これはどのようなものかお伺いをいたします。 もっと読む
2018-12-11 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月11日-04号 この多剤服用に関しましては、大きな社会問題になっているのは御承知のとおりだと思うんです。NHKのあさイチという番組でも取り上げられたと伺っておりますけれども、私は、この番組は残念ながら見ておりませんけれども、高齢者にとっては大変な問題である、また、医療保険財政にも大きな負担になるわけであります。そんなことから、今回この問題を取り上げさせていただきました。 もっと読む
2018-12-10 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 民生教育委員会-12月10日−01号 ◆委員(小柳貴臣君) 1つ前の質問になってくるんですけれども、紹介議員の先日の発言、本会議の質疑のときもそうでしたけれども、今回もそうですけれども、日本とヨーロッパを比較されていますけれども、そうすると避けて通れない問題というのが、税問題とか、いろいろ出てきますよね。消費税の関係とかいろいろ。 もっと読む
2018-12-10 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 建設産業委員会-12月10日−01号 この場合でも使用者の対応も期間に影響してきますので、どれだけの期間で納付してくれるかというところも問題がありますので、それ次第ということになります。  それから、宗教的な行為についてどうだということの質問ですが、いろいろな宗教の方が利用されるという前提で合葬墓をつくりますので、他の方に迷惑をかけない程度の行為ということでいきたいと思います。 もっと読む
2018-12-10 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月10日-03号 しかしながら、浄化槽の大きさが変更となる場合や移設がやむを得ない場合は、使用年数との関係で、処分制限期間などの問題もありますので、国との協議を踏まえ、撤去工事を含め、どのような場合に市の対応が可能であるか、一定の基準を設けて対応していきたいと考えております。   もっと読む
2018-12-07 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月07日−05号 また、現在の相談件数や問い合わせ状況から、現体制で特に問題はないと考えております。  次に、各種事業をどのように行っていくかについてですが、今回の改正は、場所の移転であり、先の9月定例会の質疑で川崎議員に回答したとおり、各種事業については担当課で実施し、市民活動団体と連携・協力しながら、引き続き交流センター講座を活用して啓発を実施していきたいと考えております。以上です。 もっと読む
2018-12-07 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月07日-02号 今後、財政部局との調整を図り、具体的な仕組みをつくっていく必要があるとの意見や、市内小規模事業者の現状や、さまざまな問題を把握するために、陳情者の願意に沿って、意見を聞く機会を設けることが必要であるとの意見がありました。   もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 さまざま、お話をさせていただきましたが、私は、人生 100年時代はこの地域であったりとかこの日本の課題とか問題ではないと思います。課題とか問題ではなくて、人類の進化により与えられたプレゼントだということで、ぜひ、人生 100年時代構想を全庁体制で推進し、 100年生きることを課題、問題ではなく、幸せにかえていただきたいと思い、質問を終わります。力強い推進、御期待申し上げます。 もっと読む