運営者 Bitlet 姉妹サービス
6948件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-05 富士市議会 平成31年 2月 ごみ処理施設建設特別委員会-02月05日-01号 次に、2の指定管理制度による運営管理につきましては、循環啓発棟は、市民及び民間事業者の協働のもと、創意工夫により効率的な運営を行い、利用者となる市民に、より高いサービスを提供することができるようにするために、指定管理者制度による運営管理を行います。期間は5年ごとを予定しております。   もっと読む
2018-12-26 三島市議会 平成30年 12月 臨時会-12月26日−01号 現時点におきましては熱源などが決定していないことから、詳細な仕様は決まっておりませんけれども、設定温度の管理はもちろんのこと、消し忘れを防止する機能や省エネ効率の高い運転状況を維持できる機能を集中管理できるような機器の導入を検討してまいりたいと考えております。  以上です。 ◆6番(村田耕一君) 最後に入札方法について確認をさせていただきたいと思います。   もっと読む
2018-12-21 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月21日-06号 区長会や学習センターが将来にわたり効率的に機能していくには、ある程度のまとまりがある組織体に変え、その中で将来の自分たちのまちをどうしていくのか話ができる組織体になるべきだと思っているとの考えが述べられました。   もっと読む
2018-12-14 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−06号 このことは効率的な行政運営の実現につながり、さまざまな施策の実現はよりよい伊豆の国市を築き、市民生活の充実及び公共の福祉の増進に大きく寄与するものと考えます。  それでは、本案の説明をさせていただきます。  改正文は7ページとなりますが、本案の説明に当たりましては別添の議案の参考資料の3ページ、伊豆の国市副市長定数条例の一部を改正する条例案新旧対照表をあわせてご確認願います。   もっと読む
2018-12-13 伊東市議会 平成30年12月 定例会−12月13日-04号 3 若年性認知症の支援については、若年性認知症支援コーディネーターの効果的・効率的な活動を推進するため、コーディネーターに対する研修など支援体制を整備するとともに、本人の状態に応じた就労継続や社会参加ができる環境の整備を進めること。 4 認知症の全国規模の疫学調査と疾患登録に基づくビックデータの活用を通し、有効な予防法や行動・心理症状に対する適切な対応など認知症施策の推進に取り組むこと。 もっと読む
2018-12-12 静岡市議会 平成30年 清水都心まちづくり特別委員会 本文 2018-12-12 それにつきまして、この基本計画の中でさらにそこの下に書かれていますステップ1において、効率的で機能的な庁舎とするための検討、ステップ2として、行政サービスの質を確保しつつ、省スペース化を図るための検討、ステップ3として、さらなる省スペース化を図るための検討、そういうステップを踏んで検討を進める中で、最終的には基本理念に掲げるコンパクトな庁舎という中で、庁舎面積につきましては、これはピロティ部分の面積 もっと読む
2018-12-12 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月12日-05号 本市は、地区ごとの人口密度にばらつきが大きいことや、富士駅、吉原中央駅、新富士駅と交通結節点が分散していることなどから、単一の交通手段による面的なサービスの提供や全域を直通便でカバーする施策を実施した場合には、路線を網の目のように張りめぐらせることとなり、極めて効率の悪い運用になってしまいます。 もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) 民営化に代表される民間活力の導入につきましては、行財政運営上、一定水準の市民サービスを継続的に維持する手段の一つであると考えていることから、御殿場市幼児の教育・保育施設整備基本構想をもとにした具体的な施設運営体制、運営母体について実現可能で効率的な手法について検討を進めてまいります。   もっと読む
2018-12-11 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月11日-04号 また、例えば地震災害を経験し罹災証明書の発行に苦労した九州地方の自治体が共同で、航空写真による住家の被害認定調査の効率化というものを提案し、事務手続の迅速化が図られるようにもなりました。地域のことは地域に聞こうというのが、内閣府地方分権改革推進室の基本的なスタンスです。この方式が始まった平成26年の地方自治体からの提案数は535件に上りました。 もっと読む
2018-12-10 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 建設産業委員会-12月10日−01号 磐田市におきましても、保有する施設を適切かつ効率的に管理し、機能を十分に発揮させて安定した下水道事業経営を目指していくためには、経営基盤の強化を図る必要があると判断し、雨水事業を含めた公共下水道事業及び農業集落排水事業について、地方公営企業法を適用することといたしました。  次に、資料2ページをごらんください。   もっと読む
2018-12-10 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月10日-03号 自治体が公共事業を行う場合、その設置運営をするよりも、民間の資金やノウハウを活用して、公共施設の設計から建設、それから維持管理、運営まで、これらのサービスを一元的に提供していくという手法をもって、それによってより効果的、効率的なサービスを提供できるというものがPFIと言われているところであります。この設置業務を実際行うとして、業者としては特定目的会社を設置いたします。 もっと読む
2018-12-07 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月07日−05号 また、生前予約を承知していない親族が他の墓地へ納骨してしまった等の事例も見受けられるなど、効率的な経営が難しい状況があることも確認いたしました。いずれにいたしましても、生前予約でありましても、合葬墓に収蔵する手続をする方が必要なことや既に供用開始している普通墓地との整合を図ること等を考慮して、生前予約を採用しないことといたしました。以上です。 ○議長(増田暢之君) 次に、21番、鈴木喜文議員。 もっと読む
2018-12-07 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月07日-02号 過年度に要望された箇所も残っていると聞くが、要望に応えられているのかとの質疑に対し、当局より、要望件数が年々増加傾向にある中、できるだけ多くの要望に応えられるよう、その都度予算を確保し、効率的な維持補修に努めていますとの答弁があり、さらに委員から、本事業は、市民の生活に密着した道路や河川の維持補修に関するもので、優先度は高いと考える。 もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 今、掛川駅から駅通りを通って中心の商店街、そして掛川城、その先に図書館がありますので、図書館があって福祉センターがありますので、動線上に大変ニーズの高い目的地がそろっている効率のよい点字ブロックの誘導ブロックの整備になるかなと思いますので、ぜひ、前向きに御検討いただきたいと思っておりますけれども、市長にちょっと御提案というかお聞きしていただきたいのですが、私は、ぜひ掛川城に来ていただいて上っていただきたい もっと読む
2018-12-06 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月06日−04号 一方で、直営職員の正規補充は困難な状況でありまして、今後の人員の減少に対応するためには、業務の効率化、委託化を図っていく必要もあると考えます。   もっと読む
2018-12-06 静岡市議会 平成30年 都市建設委員会 本文 2018-12-06 夜間でも、貨物列車が通過する際には作業を停止する必要がありまして、作業時間に非常に大きな制約を受けるため、効率性が悪く、長期間の施工となります。そのため、鉄道見張り員の配置、それから安全確保に関する費用が多くかかっております。  また、桜橋がかかる一般県道入江富士見線は第2次緊急輸送路でありまして、日当たりの通行車両は2万台を超えております。 もっと読む
2018-12-05 静岡市議会 平成30年 市民環境教育委員会 本文 2018-12-05 案件の決定に影響しない参考、確認のための質疑で、当局の対応に時間を要するものは後日の報告または資料提出を受けることとして、効率的な委員会運営に御協力ください。  また、意見・要望については質疑終了後にお述べいただくこととし、質疑の段階で意見・要望に及ぶ発言は避けていただくようお願いいたします。  説明員の皆様には、簡潔、明瞭な答弁をお願いします。       もっと読む
2018-12-05 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月05日−03号 一般的に市町村合併は、人件費をはじめとした行政経費の効率化や財政基盤の強化等のメリットがある一方で、一体感の醸成に時間を要すると認識しております。今後は、少子高齢化や人口減少社会への対応など、基礎自治体単独では解決が困難な課題の発生なども予想されることから、合併にこだわらず、必要に応じて関係周辺市町との連携を進めていかなければなと考えております。   もっと読む
2018-12-05 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号 また、事務作業の効率化を主眼とした事務改善活動として、パソコン操作自動化ソフトの実証実験や、各種医療費受給者証の自動更新など14件に取り組むとともに、市民サービスの費用対効果を向上させる事業改革として、各種証明書のコンビニ交付サービス拡大の検討など 6件に取り組んでいるところであります。   もっと読む
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 地域活動の効率的な企画と運営、役員の負担軽減を目的に地域づくり協議会がつくられました。一括交付金については理解されつつあります。この協議会の拠点として交流センターが位置づけられました。交流センターは各団体の活動を支援し、生涯学習を推進します。地域の皆さんが年齢や性別や国籍に関係なく気軽に訪れ交流できる場所です。  中項目の(1)地域づくり協議会について。 もっと読む