運営者 Bitlet 姉妹サービス
1173件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月21日−06号 同じ委員より、磐田中部幼稚園と西幼稚園の園児及び保護者、磐田中部小学校と西小学校の児童に公募のお願いをしたとのことだが、詳細はとの問いに、中部幼稚園と西幼稚園には、全員に配布をしてお願いした。中部小学校は全児童に配布、西小学校は全クラスに5枚ずつ配布し、不足した場合は増し刷りをして対応したとのことでした。   もっと読む
2018-12-04 清水町議会 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2018.12.04 厚生労働省では、毎年11月を児童虐待防止推進月間と定め、学校や家庭、地域など社会全般にわたって、児童虐待問題に対する深い関心と理解を得ることができるように、期間中に児童虐待防止のための広報啓発活動、そういったさまざまな取り組みを集中的に実施しております。  しかし、社会生活が多様化する現代、児童虐待と一言で済ませる問題ではありません。児童虐待の種類も多岐にわたります。 もっと読む
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 若いお母さんから、学齢期の子供たちの居場所である児童館の再整備の声が上がっております。県内では富士市がことし子育て支援センター併設の児童館を新設しました。ことし10月、改正児童館のガイドラインが策定され、地域の子供、子育て支援に資する児童福祉施設としての児童館のさらなる機能拡充を目指して、各自治体宛てに通告がされたと思います。 もっと読む
2018-11-30 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月30日−03号 これは虐待やネグレクトで愛情が受けられないまま育つと、その心の傷から、問題行動と呼ばれる行動をとってしまう。これがとても自閉症と症状が似ていたり、表情が乏しいとか、言葉のおくれがあるとか、そういうことで、ちょっと間違えられるのですけれども、その愛着障害というのは、大人になっても対人の関係が保てない、コミュニケーションがとれないと、そういう心の傷がずっと残る障害であると思います。   もっと読む
2018-11-30 伊東市議会 平成30年12月 定例会-11月30日-01号 障がい児支援に係るサービスにつきましては、2カ所の児童発達支援事業所において、療育の観点から集団療育及び個別療育を行う必要があると認められる、主に未就学の障がい児に対し、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練等の支援を行っております。 もっと読む
2018-11-28 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月28日−03号 それでは、児童虐待の実態と対策について伺ってまいります。  全国の児童虐待相談状況を調べてみますと、とにかく右肩上がり。子どもが虐待されているというのは、約3割警察への通報で判明しています。2014年の虐待総数約8万9,000件のうち、警察への相談件数は33%の2万9,000件でした。 もっと読む
2018-11-20 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月20日−01号 、補助対象となる児童の増加に伴い400万円を、家庭児童相談室費では、平成28年度児童福祉法改正において児童虐待に関する相談対応機能の強化が求められる中、本市においても家庭児童相談室に寄せられる相談件数が増加傾向にあることから、当該相談員1人を増員するための経費に239万9,000円をそれぞれ追加しようとするものであります。   もっと読む
2018-10-05 函南町議会 平成30年  9月 定例会-10月05日−06号 事務局事務事業では、教育支援センターにおいての相談回数が増加し、学校、児童生徒、家庭が抱える問題等の意識を共有し、問題等が発生する前の支援の充実を図り、保護者が子供に抱えるさまざまな不安を取り除く一助となるなど、大きな役割を果たしている。   もっと読む
2018-10-04 掛川市議会 平成30年第 3回定例会( 9月)−10月04日-05号 委員から、家庭児童相談室の児童虐待に関する相談実績及び対応について質疑があり、当局から、実績については、身体的内容が18件、性的虐待が 3件、ネグレクトが24件、心理的虐待が53件、その他を含めると年間で 200件である。対応には、要保護児童対策として 2名の職員と、家庭児童相談室の 4名の職員が、ケースに応じて、訪問や電話、あるいは来訪により相談を受けている。 もっと読む
2018-09-28 伊東市議会 平成30年 9月 定例会−09月28日-06号 ━━━━━━━━━━━━ ○議長(井戸清司 君)  △日程第9、発議第4号 児童虐待防止対策のさらなる強化を求める意見書を議題といたします。                もっと読む
2018-09-21 長泉町議会 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文 開催日:2018.09.21 委員より、要保護・準要保護児童就学援助費で来年度の新入学用品費の対象となる新小学校1年生と新中学校1年生のそれぞれの人数は。との質疑に対し、新小学校1年生は15人、新中学校1年生は25人を見込んでいる。との答弁がありました。  委員より、入学前に支給済みの児童・生徒が転出した場合の対応は。 もっと読む
2018-09-20 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月20日−02号 児童福祉法の一部を改正する法律が2016年5月に成立し、第1条には、「全ての児童は、児童の権利に関する条約の精神にのっとり、適切に養育されること、その生活を保証されること、愛され、保護されること、その心身の健やかな成長及び発達並びにその自立が図られることその他の福祉を等しく保障される権利を有する」と改めて掲げられました。   もっと読む
2018-09-19 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月19日−04号 ②として、教育現場(小学校・中学校)における今年度の熱中症発症の状況、猛暑時の対応、熱中症を想定される児童・生徒への、その際の対応をお伺いします。  ③夏時期の中学校の部活動について、猛暑への対応や熱中症予防の対策についてお伺いします。  ④全小中学校エアコン設置に向けた調査に関する議案が今定例会にて上程されています。 もっと読む
2018-09-18 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月18日−03号 このように、恵まれた環境で過ごしている子供たちが多い中で、一方では不幸な児童虐待の報告件数が全国的に増加するばかりです。静岡県は、一昨年と比べ、29年度の児童相談所への報告、相談件数は若干減りましたが、29年度の磐田市の相談件数は57件ありました。この57件は、新規相談だけではありません。 もっと読む
2018-09-18 御殿場市議会 平成30年 9月定例会(第4号 9月18日) 当市においては、平成30年度当初予算で、真の子育て支援日本一を推進するまちづくり事業に11億6,000万円余の予算を計上し、子ども医療費の助成、放課後児童健全育成事業等、27項目を推進しています。 もっと読む
2018-09-13 三島市議会 平成30年  9月 福祉教育委員会-09月13日−02号 次の障がい者虐待防止対策事業、ちょっと下の部分になりますけれども71万2,126円、こちらにつきましては、11件の虐待通報が平成29年度はございました。調査の結果6件、これを虐待ケースといたしまして県とタイアップして対応いたしております。 もっと読む
2018-09-12 三島市議会 平成30年  9月 福祉教育委員会-09月12日−01号 次に、児童手当支給事業17億761万5,000円でございますが、児童手当の支給額と支給状況は、市政報告書77ページ上段にございます。児童手当の受給者数は、平成30年3月末現在7,881人で、前年に比べ207人の減少となっております。   もっと読む
2018-09-07 長泉町議会 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018.09.07 本町では児童までが対象になっていますが、拡大して生徒までにすべきではないかというふうに思っています。私のすぐ自宅の近くにもサービスの施設ができました。「わかあゆ」の放課後児童会が、今、事業の対象になっていますが、対象や定員を増やすべきではないかというふうに思いますので伺います。 ◯議長(植松英樹) 福祉保険課長。 ◯福祉保険課長(井出雅人) お答えします。   もっと読む
2018-09-06 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−01号 ◎こども部長(山内秋人君) 児童手当返還金の経緯でございますが、これは、外国人の方が出国のさかのぼりの発覚によりまして、その分の、その期間支払っていた児童手当について債権放棄という形でございます。  平成26年12月に発覚をしたものでございまして、平成24年2月28日に出国をしたと。ですから、平成24年3月分から平成26年9月までの31カ月分の児童手当の返還ということでございます。   もっと読む
2018-09-05 伊豆の国市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月05日−05号 本市においても一層の虐待防止の取り組みが必要とあると考え、以下の質問をいたします。  (1)全国的に児童虐待相談件数がふえたと聞きますが、本市における相談体制を充実するための児童家庭相談窓口の専門職並びに専任職の配置状況とその相談実績は。  (2)本年6月に立ち上げられました子育て世代包括支援センターが果たすべき児童虐待防止への役割とその実例は。   もっと読む