運営者 Bitlet 姉妹サービス
4942件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 藤枝市議会 平成31年 2月定例会−03月20日-05号  平成31年度藤枝市国民健康保険事業特別会計予算        第8号議案 平成31年度藤枝市介護保険特別会計予算        第9号議案 平成31年度藤枝市後期高齢者医療特別会計予算        第11号議案 平成31年度藤枝市病院事業会計予算        第26号議案 消費税及び地方消費税の税率引上げに伴う関係条例の整理に関する条例(分割付託分)        第29号議案 藤枝市放課後児童健全育成事業 もっと読む
2019-03-01 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-03月01日-04号 岡村議員の代表質問ともちょっとかぶりますけれども、児童虐待事件についてでございます。  児童虐待事件につきましては、児童相談相談へのキャパシティーが限界に来ているという報道もございました。本市家庭相談への児童虐待、DV、ネグレクトなどの通報・相談の状況、件数を伺います。担当員1人当たりの通報・相談数、もしおわかりであれば県の児童相談も含めどのようであるか伺います。   もっと読む
2019-02-28 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-02月28日-03号 初めに、2項目めの市内の要保護児童に対する特別養子縁組、里親委託件数の推移についてでございます。  児童相談が施設に措置しております児童数は、平成28年度が36人、昨年度が37人ととなっておりまして、里親を委託している児童数は、平成28年度が9人、昨年度が9人となっております。   もっと読む
2019-02-27 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-02月27日-02号 最後にお願いでありますが、今、児童虐待が大問題になっているわけですが、今までも、そしてこの後も誰かが質問するようでありますが、ぜひ学校、児童相談、教育委員会、福祉関係、そして警察とも連絡を密にして、今休んでいる生徒の実態調査をして、ぜひ千葉県のような悲惨な事故が起こらないようにお願いして終わりたいと思います。どうもありがとうございました。 もっと読む
2018-12-21 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月21日-06号 まず、歳出中、第 3款民生費について、委員より、放課後児童健全育成事業費 1,570万 1,000円の増額補正について、市内北部地区の学童保育 6クラブを民間委託する予定であったものが、引き続き社会福祉協議会に委託することになった理由と今後の方針について質疑があり、当局より、 6クラブ一括の委託条件を出したことで受け入れ困難となった。 もっと読む
2018-12-13 富士市議会 平成30年11月 定例会−12月13日-06号 ここで取り上げられている読解プロセスは、まさにさきに述べた本市の児童生徒が課題としている事柄と一致する内容であり、これからの本市の授業改善について考える際の視点として参考になると考えられます。 もっと読む
2018-12-13 伊東市議会 平成30年12月 定例会−12月13日-04号 通常、市が弁護士に個別の問題で法律相談を行った場合、顧問料とは別に、1回4時間程度の相談で2万5,000円になることが議会答弁で明らかになっています。委員の報酬を費用弁償条例で規定する額とするなら、日額上限は7,500円なのであり、通常の弁護士の相談業務の報酬として支払われるべき本市の基準額を大きく下回るものとなっています。 もっと読む
2018-12-12 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第3号12月12日) 認知症にかかわる相談業務や地域包括支援センター職員との同行訪問を実施し、地域における個別の事例について、医療機関や介護サービス事業、地域の支援機関へつなぐ連携支援を行ってまいりました。  また、平成29年8月から、市役所で毎月1回開催をしている認知症カフェみくりやを企画運営することで、認知症の方やその御家族が地域の方や専門職と情報共有し、理解を深める場を提供してまいりました。   もっと読む
2018-12-12 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月12日-05号 今後の開催に当たりましては、CNFの持つ特性や活用手法の認識が低い事業と既に研究開発に取り組んでいる事業、また、産業形態や分野ごとに研究会へのニーズに違いがあることから、おのおののステージに応じたテーマを設定し、研究会を運営してまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) 安心して子どもを生み育てる環境については、産科や小児医療のさらなる充実を図るとともに、健診、相談、訪問など、母子保健事業の推進や幼稚園、保育園の利用者負担額の軽減など、育児期の経済的負担に配慮した施策を引き続き実施してまいります。   もっと読む
2018-12-11 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月11日-04号 その相談窓口は地域包括支援センターや居宅介護支援事業、小規模多機能型居宅介護事業などに開設されていますが、コントロールタワー、さらには医療で言うところのセカンドオピニオンの機能を担うのは介護保険課であろうかと思います。 もっと読む
2018-12-10 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月10日-03号 ①延長保育、児童クラブの預かり時間はどのようになっているのでしょうか。悪天候等で閉鎖のときの対応はどうしているのでしょうか。  ②予防接種、健診はいつ行っているのでしょうか。  (2)女性の就職支援とキャリアアップサポートについて。  ①相談場所、時間帯、相談内容はどのようでしょうか。  ②実施事業はどのようなものがあるのでしょうか。ふじのくに女性活躍応援会議とのかかわりはどのようでしょうか。   もっと読む
2018-12-10 藤枝市議会 平成30年11月定例会-12月10日-04号 次に最後、標題3の子供の健全育成についてですが、本題については、昨年、私の11月議会の一般質問において、教育分野も含めた児童虐待に関して質問させていただいたところです。今回は、社会的問題となっている児童虐待についての負の連鎖への取り組みに特化して伺います。   もっと読む
2018-12-07 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月07日−05号 まず初めに、3款2項1目障害児等福祉サービス事業についてですが、1億7,600万円の内容につきましては、児童発達支援が約7,665万円、放課後等デイサービスが約9,105万円、保育等訪問支援が約270万円、障害児相談支援給付費が約560万円となっています。  次に、今年度定員が増加した事業は、4事業ございます。 もっと読む
2018-12-07 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月07日-02号 地域包括支援センターでは、一人でも多くの認知症サポーターを養成できるよう、各日常生活圏域内において、民生委員児童委員協議会、福祉推進会、放課後児童クラブ等、さまざまな地域の団体や会議等で講座を紹介し、企画、開催しております。また、講座の開催に当たりましては、キャラバン・メイトの講師派遣の調整や、初めて講座を行うキャラバン・メイトへの同行等、サポートも行っております。 もっと読む
2018-12-07 藤枝市議会 平成30年11月定例会-12月07日-03号 ①過去5年間の不登校児童・生徒の人数と推移について、お伺いします。  ②現在までの対策とその効果について、お伺いします。  ③今後の不登校児童・生徒の減少に向けての取り組みについて、お伺いします。  (2)藤枝市の小・中学校のいじめの認知件数の状況について、お伺いします。  ①過去5年間のいじめ認知件数と推移について、お伺いいたします。  ②現在までの対策とその効果について、お伺いします。   もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 これから整備をしていただけるということで、大変ありがたい回答でございましたけれども、あいり〜なでは、児童交流館を初め多くの皆様が御利用されております。今は、従来の点字ブロックより低い突起によって車椅子やベビーカーや高齢者の方の歩行にも優しい誘導・感触差シートというものがございます。 もっと読む
2018-12-06 藤枝市議会 平成30年11月定例会-12月06日-02号 こうした支援を行っても、なお、在宅での養育が難しい場合は、中央児童相談と連携をしまして、乳児院への一時保護や入所措置といった対応を行っております。  今後においても、赤ちゃんのかけがえのない命を守り、さらには赤ちゃんを手放すといった不幸をなくすため、赤ちゃんポストの設置ではなくて、関係機関と連携をしまして、リスクのある妊産婦への支援の強化・充実をしてまいります。私からは以上でございます。 もっと読む
2018-12-05 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月05日−03号 予想外の猛暑による熱中症への注意が叫ばれてから、わずか数年で猛暑が毎年繰り返され、熱中症への対策が進められているにもかかわらず、高齢者の救急搬送や死亡、重症の増加、そして、児童生徒においても同様なことが後を絶ちません。ことしも7月17日、愛知県豊田市で、小学1年生の男子児童がそのとうとい命を亡くしてしまいました。 もっと読む
2018-12-05 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号 前回 6月の定例会の一般質問で、私から待機児童対策について取り上げました。ことしの 4月の時点で待機児童は46名、隠れ待機児童を含めれば 161名の方が希望どおりの入園ができませんでした。こうした方々への支援を続けていくことは前提ですが、あわせてぜひ取り組んでいただきたいのが、障がい児保育の充実です。  障がいを持つお子さんを預けられる保育園がなかなかないというのは、全国的な問題です。 もっと読む