10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

掛川市議会 2012-06-25 平成24年第 3回定例会( 6月)−06月25日-04号

それから、次の 2番目ですが、講師の専門家の話ですけれども、これは、 100ミリシーベルトぐらいまでは全然問題がないというような人と、それから前に私が紹介した小出さん、あるいは東京大学児玉龍彦教授とか、こういう人は、低線量被曝とか、あるいは内部被曝についてはしきい値がないと。

掛川市議会 2011-12-12 平成23年第 5回定例会(11月)−12月12日-04号

東京大学のお医者さんであります児玉さんという方が国会で言っておりました。神奈川の南足柄から静岡のお茶まで被害が及んでおります。掛川市環境資源ギャラリーでも、 7月で 187ベクレルが測定され、今は板沢の埋め立て場に処分をされております。  私たちの地域でも、原子力だよりによると、土壌、タマネギ、茶葉、原乳、松葉、海水、シラス、アジ、タコなど、過去10年間の変動幅を超える線量が検出されています。

伊東市議会 2011-08-29 平成23年 9月 定例会-08月29日-01号

◆6番(佐藤美音 君)公共施設は、もちろん言ってみれば当然のことで、ただ、子供たちが遊ぶ空き地であるとか、道路沿いであるとか、そういうところ、雨どいの下とかというのも、水があるときよりもその下の土に付着していることが多いというようなことで、東大の児玉教授というのがテレビで盛んに今、もっとどんどん測定して、子供たちや人々の安全を守れということを強く訴えているようですけれども、そういう立場を生かしていただきたいということ

三島市議会 2007-12-05 平成19年 11月 定例会-12月05日−04号

なぜそんなことを言うかというと、実は、いろいろな資料を調べましたが、私ども共産党の方では、2000年の第147国会厚生委員会で、北海道から選出されていた児玉健次衆議院議員がこの問題を取り上げています。翌2001年に、同じ児玉健次議員が151国会予算委員会第5分科会で質問をいたしております。2000年は、当時の厚生省といったかな、当時は。

伊東市議会 1999-06-04 平成11年 6月 定例会-06月04日-02号

先ほど災害等については国が認めるというふうなこともあるようですけれども、それだけじゃなくて、これは1月27日の衆議院予算委員会で我が党の児玉健次議員が、この介護保険の問題で質問したわけですけれども、その際に保険料と利用料の減免について、経済的理由が減免対象になるということも厚生大臣は答弁をしているわけですね。

伊東市議会 1998-03-06 平成10年 3月 定例会−03月06日-04号

介護保険の点では、ついこの間、3月3日の赤旗新聞に、衆議院予算委員会共産党児玉議員質問したのが載っているわけですけれども、これによると、保険料が今まで2,500円と我々は聞いているわけですけれども、厚生省の答弁で、新しい人口推計を踏まえると、1人平均2,600円になるというふうに100円上げちゃったんですね。

藤枝市議会 1987-05-15 昭和62年 5月臨時会−05月15日-01号

児玉電機工業所2,073万円、落合電気工事株式会社、これが2,020万円、三信電業舎2,061万円、小林電機工業2,000万円、堀江電気2,050万円、それから大王電機2,033万円、大同電気2,070万円、東海電気工事2,015万円、朋電舎2,050万円、土井電気工事株式会社、これが2,055万円。第1回は不調でございまして、第2回目でございまして、ただいまの順で申し上げます。

  • 1