1261件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-13 島田市議会 平成31年3月13日経済建設常任委員会−03月13日-01号 それと、今、材木で大分、家を建てようといって、今度、たけのこ保育園も、木でつくったうちを内覧会に来てくれとか、手紙が来ましたけれども、やはり昔は木都というまちであって、今、聞くところによると、山の木を80%、90%ぐらい切って、使える木が多くあると、この前、材木の組合で言っていたのだけれども、もう少し、これはほかの議員からも話に出ていると思いますが、木都島田、いまだ健在だから、もっと買うように、市の もっと読む
2019-03-12 島田市議会 平成31年3月12日厚生教育常任委員会−03月12日-01号 ◆委員(桜井洋子) これは関連なんですけれども、幼児教育や保育無償ということが始まるということなので、そういうことも関連すると、今、保育需要はすごくふえてくるということを、多分、当局のほうもいろいろ考えていると思うんですが、これまでの保育園の入所希望という枠以上に、希望者が多くなってくるということは、どういうふうに捉えていらっしゃいますか。 ○委員長(村田千鶴子) 鈴木保育支援課長。 もっと読む
2019-03-07 島田市議会 平成31年第1回定例会-03月07日-05号 ◆19番(清水唯史議員) 実は、私と、また私の周辺の方からも声が挙がっていたのですけれども、オーナーの方は市に対して、無償でも結構なので、使っていただければ結構、または譲渡しても結構だという声も、私は伺ったこともあります。   もっと読む
2019-03-06 島田市議会 平成31年第1回定例会-03月06日-04号 1.幼児教育の無償に伴う保育環境整備について  平成31年2月12日に閣議決定された幼保無償法案に先立ち、当市では保育料の第2子半額、第3子以降の無償を実施しており、また、待機児童対応においても積極的に取り組んでいると私は思っております。  しかし、全国的には無償より待機児童の解消を、との声も根強くあるのが現実です。 もっと読む
2019-03-06 長泉町議会 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-03-06 住民税非課税世帯を除く、2歳まで全員無償した場合の当町の保育料実費負担額でございますが、平成29年度実績を町基準に基づき算出しますと、0歳児~2歳児の園児数は415名で、保護者からの保育料実費負担額の合計は年間で約9,540万円でございます。そのうち、住民税非課税世帯の園児数は30名で、保護者からの保育料実費負担額の合計は年間で約17万円でございます。   もっと読む
2019-03-05 島田市議会 平成31年第1回定例会-03月05日-03号 平成31年、2019年10月からは、国の幼児教育無償が始まり、3歳以上の子供についての保育料等が無償となる予定です。  今後も、保育園等に預けたい保護者がふえることが予想されますので、動向を注視していきたいと考えております。  以上、答弁申し上げました。  引き続き教育長から答弁をさせます。 ○議長(大石節雄議員) 濱田教育長。     もっと読む
2019-03-01 長泉町議会 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-03-01 次に、8款 土木費、2項 道路橋梁費は、東名高速道路に架かる大峰I橋の修繕工事に伴い、占用物件の移設が無償となったことによる橋梁長寿命事業費の減額や、その他道路整備事業が当初見込みを下回ることに伴う減額等により、合わせて4,255万6,000円を減額するものであります。   もっと読む
2019-03-01 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-03月01日-04号 現在、市内6カ所の認可外保育施設に通園するゼロ歳から5歳の児童は34人で、いずれも保育の必要性の認定がされていない子供などでございまして、いわゆる潜在的待機児童には該当いたしません。  今後、幼児教育・保育無償の制度を周知する中で、保護者からの相談や申請に基づき、幼児教育・保育無償の要件でございます保育の必要性や潜在的待機児童数を確認してまいります。   もっと読む
2019-02-28 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-02月28日-03号 それからあと、これは助成金、金額ではないんですけれども、日本サッカー協会のほうでグリーンプロジェクトというのをやっておりまして、まさに鳥取方式の200平方メートル以上の校庭などを芝生する場合に、鳥取方式と同じようにポット苗を日本サッカー協会が無償で提供してくれるというような取り組みもされております。以上でございます。 ○議長(西原明美議員) 多田 晃議員。 もっと読む
2019-02-27 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-02月27日-02号 さらに、国は少子対策として義務教育の無償を進め、保護者の負担は減ってきております。そのような中、本市においては、教育日本一を目指して、ICTを積極的に活用して未来を開くと言っております。このICTの現状の効果と今後のさらなる展開について伺います。  次に、病院について伺います。   もっと読む
2019-02-25 島田市議会 平成31年第1回定例会−02月25日-02号 こうした成果が実を結び、私が重きを置く子育て施策を例に挙げれば、昨年4月に保育における待機児童ゼロを実現いたしました。さらには国に先駆けて保育料一部無償を実行し、国との垣根を取り払い実現したママハロの設置は他の自治体の注目を集めるに至っています。  本市の核となり、新たな時代への布石と位置づける4つの重点プロジェクトは順調に進んでおります。   もっと読む
2019-02-18 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-02月18日-01号 あわせて、国の幼児教育・保育無償の動きと連動し、病児あるいは病後児保育や認定こども園、放課後児童クラブの拡充を進め、安心して働くことができる環境づくりを進めてまいります。  高齢者の活躍につきましては、まずは日々の暮らしを支える住まいや雇用、そして移動のための足の確保など、生活の基盤をしっかりとつくることが大切でございます。 もっと読む
2019-02-15 島田市議会 平成31年2月15日厚生教育常任委員会−02月15日-01号 内容的には、地域包括ケアの見えるシステムを利用して、他団体との比較をして、ホームページに公表しているかとか、ケアマネジメントの質の向上に対するものを行っているか、それから多職種連携による地域ケア会議の活性を行っているか、あとは介護予防の推進をしていっているかとか、介護給付適正事業を推進しているかなど、そういった項目の調査がございまして、それに対して交付金が交付されたものでございます。   もっと読む
2018-12-21 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月21日−06号 別の委員より、今回、移転する団体が家賃等をとることになるのかとの問いに、移転後も無償と考えているが、会議室が減るといった、募集時点からの状況の変更があるので、指定管理料を含めて指定管理者と協議が必要な部分がある。指定管理者とは今後、順次協議を進めていくとのことでした。 もっと読む
2018-12-12 静岡市議会 平成30年 議会運営委員会 本文 2018-12-12 幼児教育・保育無償に係る必要財源は全額国費で措置することを求める意見書については、調整の結果、全会一致とはなりませんでしたが、提出会派から発議案として提出したい旨の意向が示されました。  本件については、発議第9号として1件議題とし、提案理由説明、質疑を行い、委員会付託は省略し、討論、採決を行います。 もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) 今回の無償は、基本的には3歳以上児に限定されておりまして、特に保育料の負担が重い0~2歳児は対象外です。さらに、給食費の実費徴収や自治体の財政負担が増えることも懸念をされておりますが、制度の中身自体が利用者にまだ理解されておりません。無償が地域に与える影響と対応について、以下伺います。  まず最初に、幼児教育・保育無償の制度概要と対象となる施設数、人数などについて伺います。 もっと読む
2018-12-11 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月11日-04号 人件費抑制の面から、保育園保育士や、学校給食調理員などの専門職については、意図的に正規職員を抑制し、臨時職員で対応してきたという側面もありますが、日本が人口減少時代に入り、労働者不足の深刻が確実となっている今後、生産労働年代である非正規の臨時職員の方には正規の道を目指してもらい、非正規の臨時職員に委ねている業務を見直し、洗い出してシルバー人材センターに発注、委託していくことを腰を据えて取り組むべきではないでしょうか もっと読む
2018-12-10 藤枝市議会 平成30年11月定例会-12月10日-04号 どこの自治体でも保育料は無論、来年10月ごろには幼稚園費も無料を目指しており、国としては社会人になるまで子供を育てるには最低限の負担でと考えております。さらに、この夏の猛暑で、国は大型の補正予算を組んで、小・中学校にエアコン導入を来年夏までにと決めました。当然、体育館や避難場所にも必要であります。   もっと読む
2018-12-10 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月10日-03号 過去において、私の経験からしましても、おじいさんの代に自分の所有地を地域の方たちに無償で提供してきたという土地について、何代か代がわりしていくうちに返却を求められたというケースも実体験としてございますので、それゆえにちょっと懸念されましたので、質問させていただいたところであります。   もっと読む
2018-12-07 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月07日-02号 歳出3款民生費3項8目保育園振興費について、委員から、保育対策等促進事業費を498万円増額し、ICT推進事業に係る補助金を交付するとのことだが、今年度、幾つの施設に対して交付するのかとの質疑に対し、当局より、園児の登降園管理システム導入費用を補助する施設は13施設、乳幼児の睡眠中等の事故防止に係る備品購入費を補助する施設は16施設ですとの答弁があり、さらに委員から、今後、同様のシステムを公立保育園等 もっと読む