5394件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島田市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-07号

濱 田 和 彦        市長戦略                 危機管理              鈴 木 将 未              眞 部 和 徳        部  長                 部  長        地域生活部長兼              健康福祉              杉 村 嘉 弘              横田川 雅 敏        支

清水町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日) 本文 開催日: 2019-03-22

次に、委員から「今現在の保育の待機児童数は。」とただしたところ、「2歳児4人、1歳児6人、ゼロ歳児8人、合計18人です。」との答弁がありました。  次に、委員から「保育の待機児の年齢が2歳児以下であれば幼稚園を案内しても幼稚園に入る年齢ではない。小規模保育をつくっても足りないという実態を捉え計画をつくる必要があると思うが。」

伊東市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-07号

があり、委員から、新たに小規模保育が増設されることになっているが、待機児童解消には至っておらず、児童の緊急的受け入れ等を可能にするには公立保育園を充実させていく必要があると考えることから、待機児童対策のさらなる研究をお願いするとの意見がありました。  

掛川市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月22日-09号

まず、歳出中、第 3款民生費について、委員より、就労継続支援A型、B型のそれぞれの事業が増加しているということだが、それぞれの件数を伺うとの質疑があり、当局より、A型事業は 2事業者、B型事業は14事業者であるとの答弁がありました。  委員より、生活保護費の医療扶助費を減額する根拠について質疑があり、当局より、入院等による金額のかかる医療費が減ってきている。

長泉町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-22

との質疑に対し、病児保育事業(体調不良児対応型)について、当初は町内4保育園で実施する予定であったが、実際は3園での実施となり、人件費の支出が減額となったためである。との答弁がありました。  続いて、教育推進課です。  委員より、育英資金給付基金の総額は。との質疑に対し、今回の補正により、当該基金の総額は3,663万1,804円になる。との答弁がありました。  

島田市議会 2019-03-14 平成31年3月14日総務生活常任委員会−03月14日-01号

内容としましては、例えば、保育園の保育士などは、正規の職員と完全に一体となって、仕事をしていたりですとか、訪問看護ステーションの看護師なども、同じような形で、単独で行って、そこでいろいろな措置をしなければならないというところで、委託ということは、なかなか難しいのではないかと。例えば、そういうような業種を枠組みの外ということで考えております。  以上です。 ○委員長(曽根嘉明) 佐野委員。

島田市議会 2019-03-13 平成31年3月13日経済建設常任委員会−03月13日-01号

それと、今、材木で大分、家を建てようといって、今度、たけのこ保育園も、木でつくったうちを内覧会に来てくれとか、手紙が来ましたけれども、やはり昔は木都というまちであって、今、聞くところによると、山の木を80%、90%ぐらい切って、使える木が多くあると、この前、材木の組合で言っていたのだけれども、もう少し、これはほかの議員からも話に出ていると思いますが、木都島田、いまだ健在だから、もっと買うように、市の

島田市議会 2019-03-12 平成31年3月12日厚生教育常任委員会−03月12日-01号

保育園、認定こども園、地域型保育事業、幼稚園、合計で35園ございます。  そのうち、37件から回答が寄せられました。回答が寄せられなかったところにつきましては、防犯上で、防犯カメラ等の有無について申し上げることができないという御返答等がございました。  その回答があった37件中、14件に対しては、設置がされております。

掛川市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月11日-08号

平成31年度に向けた待機児童対策といたしましては、すずかけっこ保育園の拡張による定員増や、認定こども園こども広場あんりの定員変更、おおさかこども園の開園による定員増、小規模保育事業 2園の開園によりまして、合わせて認可定員は 171人増員をいたします。また、企業主導型保育事業も、 4月に定員16人、10月に定員19人の企業内保育が開園する予定でございます。  

掛川市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月08日-07号

2点目、市内22の小学校区にある26カ所、35支援単位の学童保育には、平成30年10月 1日現在、小学校全児童 6,590人のうちの20%、1,281人の児童が入所しています。入所児童は、毎年ほぼ 100人規模でふえているのが現状です。ある学童保育では、入所希望者がふえて定員以上の子供を預からざるを得なかったり、入所調整を行う学童保育もあります。

清水町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日: 2019-03-07

学童保育を所管する厚生労働省と学校教育を所管する文部科学省は、小1の壁の問題にかかわる児童の放課後の過ごし方について、初等教育に責任を持つ自治体が責任ある対応をすることを求めております。小1の壁とは、小学校の1年生になったときに放課後児童クラブに入れなかったと、そのような問題のことを提起しております。

島田市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会-03月07日-05号

1.設置予定の観光案内とこれからの観光施策について  「観光で稼ぐ」という文言を使って、当市はこれからの観光施策を進めていくと聞いております。とりわけ新東名島田金谷インターチェンジ周辺の賑わい交流拠点整備では、市が観光案内を設置することになっております。そこで、この観光案内を活用して、どのような観光施策を計画しているのか、以下、質問いたします。  

伊東市議会 2019-03-07 平成31年 3月 定例会-03月07日-06号

待機児童削減サポート事業補助金と、それから同じく小規模保育事業整備事業費補助金と、これもともに減額補正となっているわけですけれども、一般的な感覚からすると、こういう部分というのはふやさなきゃいけないんじゃないかという気がするわけなんですけれども、少なくとも待機児童の解消とかというのは、特にそのニーズに対して不足しがちなゼロ歳から2歳児の保育の充実なんかが市内でも求められているということを耳にするわけですけれども

伊東市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会-03月06日-05号

平成29年度の東京、神奈川など首都圏における広報活動につきましては、ポスター、チラシ、リーフレット等を作成し、静岡県の東京観光案内に配架したほか、JR首都圏管内及び小田急沿線の各駅に花火大会のポスターを掲出するとともに、東京都日本橋にある地域活性化センターにて「観光ごよみ」などのチラシを配架いたしました。

掛川市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月06日-05号

毎年のように流行する季節性のインフルエンザに対しての危機感も余りないのかなと、そんな感じも受けますけれども、これについては、授業のおくれ、そして共働き世帯などの家庭への影響、また急患診療への患者の集中、 2月末の新聞記事にもありましたけれども、休日当番医や夜間救急に患者が殺到したと。そして、中には軽症者も含まれていたと、このようなことがありました。  

島田市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会-03月06日-04号

病児保育とは、子供が病気になった際に保護者が就労している等で自宅での保育が困難な場合、病院や保育等で保育を行う事業です。病児保育は2つの事業類型があります。一つは病児対応型で、児童が病気の回復期に至らず、かつ当面の病状の急変が認められない場合に、一時的に保育する事業です。もう一つは病後児対応型で、児童が病気の回復期であり、かつ集団保育が困難な時期に一時的に保育する事業です。  

長泉町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-03-06

住民税非課税世帯を除く、2歳まで全員無償化した場合の当町の保育料実費負担額でございますが、平成29年度実績を町基準に基づき算出しますと、0歳児~2歳児の園児数は415名で、保護者からの保育料実費負担額の合計は年間で約9,540万円でございます。そのうち、住民税非課税世帯の園児数は30名で、保護者からの保育料実費負担額の合計は年間で約17万円でございます。  

島田市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会-03月05日-03号

また、病院事業等の地方公営企業は独立採算が原則ではありますが、公立病院の責務である救急医療、小児医療など不採算部門の運営費、医師及び看護師等の研究・研修費や、院内保育運営費に対して、一般会計より負担金・補助金の繰り出しを行っております。  病院経営は診療報酬の改定や医師派遣の医局の意向など、みずからの意思の及ばない要素が多いものの、赤字を出さない体制づくりに引き続き務めてまいります。