948件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜松市議会 2018-10-05 平成30年 10月 建設消防委員会-10月05日−01号

◆落合勝二委員 説明書131ページにある過料について、これは長野興産株式会社が下水道を不正使用したことに関するものであると思いますが、下水道使用料は不納欠損し、過料だけは残っていたということですか。 ◎お客さまサービス課長 下水道使用料についても現時点でまだ残っています。

函南町議会 2018-10-05 平成30年  9月 定例会-10月05日−06号

不納欠損については、地方税法の根拠法令をもとに、3,743万4,000円が不納欠損処理された。  前年度と比較し、税全体の収納率及び収入済額は増加し、収入未済額は減少している。滞納処分では、財産の差し押さえをする前に催告書の送達を行うなど、滞納者への事前通知もされている。引き続き適切な滞納整理を行い、さらなる収納率の向上に努められたい。  

浜松市議会 2018-10-05 平成30年 10月 総務委員会-10月05日−01号

不納欠損処理についても大分進んできたという印象を持っていますので評価したいと思います。 ◎財務部参事(収納対策課長) ありがとうございます。今後も収入率の向上と滞納繰越額が今以上にふえないように取り組んでいきたいと思います。 ◆太田康隆委員 背景には徴収に行く職員の苦労があると思いますので、引き続き頑張っていただきたいと思います。 ◆高林修委員 数字だけ教えてください。

浜松市議会 2018-10-05 平成30年 10月 厚生保健委員会-10月05日−01号

◆小黒啓子委員 児童相談所児童入所施設等保護費負担金について、362万3702円が不納欠損額として上がっていますが、どのような状況か伺います。 ◎こども家庭部参事(児童相談所長) 子供の施設入所に当たり保護者が支払うものですが、保護者の前年度所得に応じて負担金の階層を認定しています。前年度の所得による市民税の課税額に応じて負担金が発生します。

御殿場市議会 2018-10-04 平成30年 9月定例会(第8号10月 4日)

総務分科会では、歳入、市民税で、不納欠損や収入未済の現状と対応について、個人市民税の滞納繰越分は減っているが、収納率は向上しており、納税に対する理解が高まっていること、納税相談が充実していることなどが要因であるとの答弁をはじめ、固定資産税では、償却資産の実態調査について、利子割交付金では、増額の要因について、委託金の中長期在留者住居地届出事務委託費では、市内在留者の現状について、市債では今後の見通しについて

浜松市議会 2018-10-04 平成30年 10月 厚生保健委員会-10月04日−01号

◆小黒啓子委員 弁償金の収入未済が続く場合は最終的に不納欠損の処理を行うことになるのか伺います。 ◎健康福祉部次長(福祉総務課長) 非強制徴収公債権となるので時効は5年です。時効到来後は不納欠損の処理を行うことになりますが、債務者は生活に困窮していながらも毎年少額ながら一部納付しており、そのたびに時効が中断されています。 ○神間智博委員長 それでは、質疑・意見を打ち切ります。  

藤枝市議会 2018-10-04 平成30年 9月定例会−10月04日-05号

初めに、「歳入の1款国民健康保険税の収納状況について、不納欠損の主な理由を伺う。」という質疑があり、これに対して、「生活困窮が主な理由である。不納欠損件数1,564件のうち710件が生活困窮による欠損件数だった。」という答弁がありました。  次に、「3款2項1目財政調整交付金中、特別調整交付金の額はどのように決まるのか伺う。」という質疑があり、これに対して、「評価により加点方式で分配される。

伊東市議会 2018-09-28 平成30年 9月 定例会−09月28日-06号

まず、第1款市税につきましては、所有者の所在不明の不動産に対する固定資産税に不納欠損として処理されているものが含まれることが確認されたほか、質疑はありませんでした。  次の、第2款地方譲与税から第21款市債までにつきましては、市立保育所保育料の収入未済の発生要因等が確認されたほか、質疑はありませんでした。  

磐田市議会 2018-09-26 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 予算決算委員会民生教育分科会-09月26日−01号

ここのところの部分で、現年度分、あるいは繰越分がどのぐらいになっているのか確認させていただきたいのと、不納欠損額がないということなんですが、全てここのところは徴収ができているのか確認をさせてください。 ◎幼稚園保育園課長(鈴木都実世君) 済みません。今よく聞き取れなかったので、もう一度お願いいたします。

磐田市議会 2018-09-26 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 予算決算委員会建設産業分科会-09月26日−01号

◎商工観光課長(伊東直久君) 商工使用料の不納欠損1,000円に関しましては、こちらはイメージキャラクターデザインの使用料1件分でございまして、平成27年度に許可申請をしたもので、許可を出した直後に事業所が倒産をした事例でございます。こちらを今回不納欠損として処理させていただきました。  以上です。 ○委員長(岡實君) よろしいですか。  ほか、ございませんか。よろしいですか。

御殿場市議会 2018-09-25 平成30年 9月定例会(第7号 9月25日)

また、受益者負担金全体の不納欠損は6万円余、収入未済額237万円余となっておりますけれども、収納率の改善も含めまして、この背景の説明をお伺いいたします。  2点目ですけども、同様に下水道使用料につきまして伺います。滞納繰越分の収納率61.1%と、不納欠損23万円余の背景についてお伺いをいたします。  3点目です。

長泉町議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2018-09-21

委員より、不納欠損額3万1,400円の件数と内容は。との質疑に対し、私立保育園2園分で、各園1人の計2人について、いずれも児童福祉法が準用する地方税法に基づき、無財産ということから欠損処分した。との答弁がありました。  委員より、こども交流センター「パルながいずみ」の年間来場者数が12万328人となっているが、町内外の内訳は。また、乳幼児、児童等別の人数は。

掛川市議会 2018-09-20 平成30年第 3回定例会( 9月)−09月20日-04号

1款市税、 1項市民税で、不納欠損額が 3,905万 5,772円が発生しているが、納税できない理由について伺います。  次に、決算書の 128ページ、 129ページ、13款使用料及び手数料、 1項使用料、 6目土木使用料、 4節市営住宅使用料で、収入未済額が 5,038万 3,686円の発生について伺います。  次に、歳出について。  

富士市議会 2018-09-19 平成30年 9月 一般・特別会計決算委員会-09月19日-01号

不納欠損額は2億21万円余、収入未済額は11億7493万円余であります。  決算書の267ページをお願いいたします。3款国庫支出金の収入済額は55億1117万円余で、歳入全体に占める割合は18.3%となっております。前年度と比較して3億1795万円余の減ですが、これは療養給付費等負担金及び財政調整交付金の減が主な要因であります。  決算書の269ページ下段をお願いいたします。

函南町議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会-09月14日−05号

また、一般会計の不納欠損額は3,743万4,330円で、前年度と比べて6,379万8,616円、63%と大幅な減額となった。主な不納欠損としては、町民税が47.1%、固定資産税が47.2%であった。  起債については、一般会計の発行額が8億1,700万円で、それに対し、元金償還額は8億6,565万5,779円であったため、5,495万5,779円の減額となった。

浜松市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月13日−12号

また、消滅時効を事由とする不納欠損額についても着実に減少しています。市税の徴収を担当する各課は、引き続き積極的な徴収業務を継続するとともに、納税者の利便性に対応した収納方法を検討するなど、さらなる収入率の向上に努め、適正な債権管理に取り組んでください。  次に、(3)適正な固定資産台帳の作成についてであります。9ページの中段の意見欄をごらんください。

函南町議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−04号

款と項の名称、収入済額、不納欠損額、収入未済額の欄を朗読いたします。なお、ゼロ円につきましては事項別明細を含め、歳入歳出とも朗読を省略させていただきます。  また、平成29年度の決算に係る分析数値につきましては、附属資料の1ページから15ページまでに記載してありますので、ご参照ください。  1款町税55億7,590万4,024円、3,743万4,330円、3億4,843万3,104円。

三島市議会 2018-09-12 平成30年  9月 福祉教育委員会-09月12日−01号

私が注目したいのは滞納繰越分なんですが、調定額が1,100万円あまりで、そのうち収納が425万円で、不納欠損が114万円、未収額が567万円という数字が報告されています。未収額はまた次年度以降、これを収納の対象にされていくという数字ですから、全く領収できないというわけではないんですけれども、いずれにしてもこの年度は収納率が38.42%というふうに報告されています。  

富士市議会 2018-09-11 平成30年 9月 定例会-09月11日-01号

この純利益につきましては、前年度繰越欠損金と合わせ、44億2230万4000円を翌年度繰越欠損金とさせていただきます。次に、資本的収入及び支出につきましては、収入が6億1310万3000円で、企業債と他会計出資金が主なものであります。支出につきましては、建設改良費で3億4843万円、企業債償還金で7億5428万5000円、貸付金で200万円、合わせて11億471万5000円となりました。