1782件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島田市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-07号

次に、その他に移り、所管事務調査として現在全国的にも虐待やいじめ、登校などが社会問題となっていることから、島田市の子供を取り巻く環境の現状と課題についてを今後の当委員会として調査・研究していくテーマとすることと決しました。  最後に、議会閉会中も継続して審査・調査を行う旨を議長に申し出ること、及び委員長報告作成の一任を決し、午後0時15分に閉会いたしました。  

伊東市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-07号

次に、いじめ・登校対策事業について、小・中学校の登校児童及び生徒数についての確認とともに、登校の児童・生徒への対応を問う質疑があり、当局から、基本的には風邪等の病欠であっても、欠席が2日ないし3日続いた段階で必ず担任が家庭訪問を行うよう指導していること、また、子供の状況を担任がいち早く察知し、スクールカウンセラーと連携を図り、きめ細やかな対応をしていくことで登校の未然防止に努めているとの答弁

清水町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日: 2019-03-07

次に、登校の場合についてお聞きをいたします。実力テストの結果には反映をしない、つまりテストを受けていない登校の生徒についての学習支援です。  同僚議員の質問に対して「中学校の登校が40人を超える人数いる」という答弁が以前の一般質問でありました。小学校では10人から20人という人数でしたから、中学校になると倍化をしております。

伊東市議会 2019-03-07 平成31年 3月 定例会-03月07日-06号

3つ目の質問は、これまでの土地取得に係る検証において、意思決定過程の協議が明確であり、その記録が存在だったことが問題視されましたが、十分な検討及び協議記録の作成については、土地取得に限らず、重点施策の立案をする上でも必要なことであると考えるが、いかがでしょうかという質問です。

島田市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会-03月06日-04号

平成29年度の相談件数上位は、登校が183件、発達障害が82件、対人関係のトラブルが44件ありました。ほかには家庭の問題や進路・学習についての悩み、非行、いじめ等にかかわる相談があります。  次に、1の(2)の御質問についてお答えします。  島田市教育センターにおける発達検査を行った児童・生徒の人数は、平成27年度が174人、平成28年度が171人、平成29年度が201人です。  

伊東市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会-03月05日-04号

私の公約であるので、なるべく速やかにやりたいということも私自身の言葉として申しましたけれども、場所が決まっていないのに基本構想をつくるのは合理であるというふうに意見が固まってきたところでありまして、本意ではありますけれども、今年度の当初にはつけられないだろうということになりまして、基本構想の予算というのは見送った経緯がございます。

藤枝市議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会-02月27日-02号

ネグレクトは、登校や愛着障害などの問題を子供に生じさせることが極めて多く、加えて次の世代でも同じ生活を繰り返す、いわゆる負の世代間連鎖を生む社会問題でもありますことから、未来ある大切な子供たちを守るために、絶対に看過できないものと強く考えております。  

伊東市議会 2019-02-25 平成31年 3月 定例会-02月25日-02号

事業3は、8節の乳幼児の健康診査などの医師、専門職への謝礼、13節の妊婦健康診査、乳児健康診査委託料などのほか、19節の不妊・育治療費助成金などが主なものであります。146ページにかけての事業4は、妊娠・出産・育児期の総合的な相談と切れ目のない支援に要する経費で、13節の産後ショートステイ・デイサービス事業など、説明欄記載の事業に要する経費が主なものであります。  

島田市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会−02月25日-02号

委員より、虐待やいじめ、登校の問題の重要度が高く、児童相談所も含め実態の把握をして課題解決に向け政策的につなげる調査・研究をしてはどうか。また、民間保育園協会と語る会で出された意見や要望書に対する対応や保育士確保も島田市にとっては大きな問題であるなど、子供を取り巻く環境についての意見が多く出されました。  

函南町議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号

13名の方より、新年度の予算編成方針について、町内事業者の育成と地域産業の振興について、人口減少対策と地域活性化の施策はについて、ゼロ組対策、待機児童ゼロ宣言はできないかについて、函南町まち・ひと・しごと創生総合戦略、災害発生時のトイレ対応について、6次産業化の現状と今後の取り組み、広域避難所運営について、自転車の安全な通行と歩行者や自動車との共存、避難所の収容人数と避難経路の表示について、いじめと登校

富士市議会 2018-12-11 平成30年11月 定例会-12月11日-04号

私の知人は、50代で脳梗塞を発症、血液をさらさらにする薬、血圧降下剤、コレステロールの薬、整脈の薬、利尿の薬など6種類とサプリメントを3種類飲んでいるそうであります。このままだと、ますます多剤服用の高齢者が増加していきます。薬を飲めば病気は治ると薬漬けになっていると言えるでしょう。

藤枝市議会 2018-12-10 平成30年11月定例会-12月10日-04号

委員会で、委員がその計画のフレームワークといいますか骨組み、あるいは初歩的な文言の修正、図表の統一性を指摘されるようなレベルでは困るわけでございまして、ぜひその辺をどういうふうに改善していくかという問題ですけれど、実際、委託するコンサル会社、あるいは広告代理店等の力量が大変大きく影響されますので、計画書や施策仕様書、プロモーションツール等を校閲するポスト、これが必要だと思いますが、部長、いかがお考

藤枝市議会 2018-12-07 平成30年11月定例会-12月07日-03号

標題1、いじめ・登校問題については、2年前にも同じ切り口で質問させていただきましたが、2年間の間にいろんなことが起こっております。全国でも、そして藤枝市でも。そんなことで、ただいまから標題1、いじめ・登校問題の質問をさせていただきます。  

掛川市議会 2018-12-06 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号

いろいろな今世の中いじめの問題とか登校問題からございます。そういった中にはやはり自己肯定感をしっかり持たせていかなければいけないということがございますので、そういったことはしっかり教育委員会でも捉えていきたいと思いますし、今御意見としていただくことをまた参考に検討したいと思います。  以上です。 ○副議長(榛葉正樹君)  7番、勝川志保子さん。