64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

焼津市議会 2018-11-04 平成30年11月定例会(第4日) 本文

本件は、本市におきましても重大な案件であり、正当性を欠き、安易な議論により採択されたならば、議会不信任の念を市民に抱かせます。市民の納得いく報告がなされるべきであり、真摯な議会運営及び審議を求められていることであります。  よって、審議に対する市民のより疑問とする点について述べます。  1つ目は、設置に賛成する紹介議員の発言根拠を明確にすること。

三島市議会 2018-08-24 平成30年  8月 臨時会-08月24日−01号

〔発言する者あり〕 ○議長(鈴木文子君) 市長不信任の動議とのことですが、その内容、特に不信任の理由を明確にするためにも、市長不信任決議案を文書により提出することができますでしょうか。      〔発言する者あり〕 ○議長(鈴木文子君) では、直ちに提出をお願いします。  議事の都合により、ここで休憩いたします。  なお、再開は追って庁内放送でお知らせをいたします。

焼津市議会 2017-11-04 平成29年11月定例会(第4日) 本文

本市にとって重大な案件であり、正当性を欠いたり、安易な議論によって採択されるのであれば、議会不信任の念を市民に抱かせ、市にとって取り返しのつかない結果をもたらすことが懸念されます。  そこで、以下について、真摯な議会運営及び審議を行うことを求めて、請願をいたします。  1、賛成派紹介議員の発言根拠を明確にすること。  

島田市議会 2017-08-29 平成29年8月29日議会改革に関する特別委員会−08月29日-01号

◆委員(河村晴夫) さっきの任期の話なのですけれども、先ほど、議長になって、本人が辞職しない限りは継続だということだったのですけれども、議長副議長不信任議決が出た場合には、期の途中でもその限りではないということになろうかと思うのですけれども、それはありですね。 ○委員長(伊藤孝) 議会で辞職決議がされたらということでよろしいですか。 ◆委員(河村晴夫) そうです。

裾野市議会 2016-12-12 平成28年 12月 定例会-12月12日−議案質疑・討論・採決−06号

その理由といたしましては、まず第1点、9月議会不信任決議案が圧倒的多数で可決されたということは皆さんご存じのとおりです。その理由は、多くの議員が賛成討論で述べていただいたとおりであります。   議会は物事を決定する場であり、その構成員である議員が自らの決定事項を遵守しないということであれば、全ての議決事項がその信頼性と根拠を失います。

裾野市議会 2016-10-07 平成28年  9月 定例会-10月07日−委員長報告・討論・採決−08号

よって、ここで不信任決議案が提出されることは不適当と考えます。これらの事実を判断しますと、不信任決議案に反対せざるを得ません。   また、ここで議員の皆様に申し上げたいのは、初議会選挙の際、1票を投じた議員の方々は、当然地方自治法の103条を理解した上で、自己の判断で投票されたはずです。今回の不信任決議案に対し、申し合わせ事項を理由に賛成の立場はとることはできません。

伊豆の国市議会 2016-10-04 平成28年  9月 定例会(第3回)-10月04日−08号

いま一つは、同じく議会の自律権に基づく議会運営や議長などの不信任とは違い、議員資格審査、失職については、審査の結果、被選挙権がないと判定されて失職が決定し、その職が奪われれば、被処分議員権利停止され、不利益が生じて、処罰を受けたと同等のことになるからです。一方、憲法は、全て司法権裁判所に属すると規定しています。

清水町議会 2016-09-07 平成28年第3回定例会(第4日) 本文 開催日: 2016-09-07

私は町長として信頼できないということで不信任を突きつけましたが、残念ながら成立しませんでした。  この経緯の中で最大のなぞが、さっき言いましたが、清水町行政の出張になぜ沼津市の市会議員を11期やられた一市民が入っているのかということです。3月の町長答弁ではこう説明しています。

裾野市議会 2016-09-01 平成28年  9月 定例会 付議事件及び審議結果-付議事件及び審議結果

日原案可決議員提出 議案第 5 号裾野市議会会議規則の一部を改正することについて9月2日9月5日原案可決議員提出 議案第 6 号議員派遣の件について9月2日9月5日原案可決議員提出 議案第 7 号裾野市議会委員会条例の一部を改正することについて9月2日9月5日原案可決議員提出 議案第 8 号官製談合再発防止特別委員会設置に関する決議(案)について10月7日10月7日原案可決議員提出 議案第 9 号二見榮一議長不信任決議

清水町議会 2016-03-08 平成28年第1回定例会(第4日) 本文 開催日: 2016-03-08

山本さんが議員のとき、合併とごみし尿問題で、あなたはときの平井町長に「沼津市清水町支店」だと批判し不信任まで出したんですよ。このとき暗躍していたのが当時市会議員だったこの一私人、町長はそのことも含め批判していたんです。それが今はその方と親密になり裏でこそこそしている。  正直、町長の答弁を聞いていてむなしくなりました。

清水町議会 2016-03-01 平成28年第1回定例会 目次 開催日: 2016-03-01

                      (総務建設委員長報告) ………… 198 陳情第1号 精神障害者に対する他障害者並み交通運賃割引を求める意見       書採択に関する陳情       (民生文教委員長報告) ………… 200 (議案の上程、説明、質疑、討論、採決) 発議第6号 精神障がい者の交通運賃割引に関する意見書 …………………………… 201 発議第5号 町長 山本博保君不信任

伊豆の国市議会 2015-09-08 平成27年  9月 定例会(第3回)-09月08日−06号

--------------------------------------- △発言の取り消し ○議長(後藤眞一君) 議事日程にありますことは以上で終了しておりますけれども、ここで8月31日の議長不信任決議案の勧告決議案の審議の際の不規則発言と9月3日の一般質問に関しての不規則発言について、謝罪と取り消しの申し出がありましたので、それを許します。  

三島市議会 2015-01-30 平成27年  1月 議員報酬等の特例に関する検討特別委員会(第3回)-01月30日−01号

部分に関してどれぐらいの率を、欠席した場合には何%削減みたいな期末手当という、生活給ではないけれども、そんな考え方というのは、その生活給ではないけれども、本来皆さんそれだけで生活する方はほとんど少ないという中では、議員に対する報酬の考え方というのがその活動、出ている、出てないというのは物すごく規定しづらい部分があるんで、先ほど言った議会活動と議員活動、個人活動、選挙活動、それは直接信頼も含めて本人の不信任

長泉町議会 2013-03-11 平成25年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2013-03-11

こういった内容がもとで、その信義を問いただすことが、私が議長不信任の動議を出した原因にもなってしまったわけですけれども、しかし、経過はともあれ、町長の言われたネットワークを活かした可能性等々の今後の活用についてということにつきましては、私も同じ背景を持って申し上げてきたつもりでおりますので、結果がよければ全ていいのかなというような気持ちでおります。