247件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島田市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会−12月04日-03号

このほか、コミュニティバス運行管理経費であれば運賃収入、放課後児童クラブ運営事業であれば利用料といった、いわゆる受益者負担金もその他の財源に該当します。  また、病院事業を初めとする特別会計、公営企業会計に該当する事業には、一般会計からの繰入金を含めております。  次に、1の(2)の1)の御質問についてお答えをいたします。  

磐田市議会 2018-12-04 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号

次に、75歳以上の高齢者や障がい者を対象にしたデマンド型乗合タクシー無料化の検討についてですが、デマンド型乗合タクシーは、運賃を一般タクシーより低く抑えており、障がい者手帳の保持者はさらに半額にするなど、高齢者や障がい者の利用に配慮しているところでございます。

浜松市議会 2018-11-30 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月30日−19号

その際、当時の都市整備部長の答弁は、距離制運賃の導入やルートの変更で平成30年度には収支率が約20%に改善される見通しということでありました。そこで、その現状と地域バス応援隊について伺います。よろしくお願いします。 ○議長(飯田末夫) 当局からの答弁を求めます。 ◎都市整備部長(岡本光一) 1点目、新たなニーズに対応するバス交通についてお答えいたします。  

長泉町議会 2018-11-30 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-11-30

また、この制度の内容について、当町の補助率は0.5%ですが、利子補給の対象額は平成28年度から上限を1,500万円に拡充したことや、利子補給期間を勘案すると、当町の制度は近隣市町では利用者にとって最も有利な制度となっていることから、現在のところ補給率を0.7%に変更する予定はございません。

三島市議会 2018-09-12 平成30年  9月 福祉教育委員会-09月12日−01号

続きまして、決算書199ページ中段、市政報告書96ページの市単独事業費補助金の2,757万9,400円のうち、不妊・不育症治療費補助金2,573万6,700円は、少子化対策の一環として不妊・不育症治療に要した費用のうち、2分の1を対象として年間20万円を上限に通算5年間分まで補助しようとするもので、平成29年度は184件補助金を交付いたしました。

島田市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会−09月11日-03号

この島田市スポーツ・文化合宿補助金は、本市で富士山静岡空港を利用してスポーツ及び文化合宿を行う市外の企業、高校、大学などのスポーツまたは文化団体を対象に、宿泊費とともに、航空運賃の助成を行っております。  往路、復路のそれぞれで利用する場合に、各2,500円の航空運賃補助を実施しております。平成29年度の実績としては、2団体26人が利用し、13万円の補助金を交付しております。  

浜松市議会 2018-09-07 平成30年  9月 行財政改革・大都市制度調査特別委員会-09月07日−01号

これはこれまでも説明しているとおり、東区、南区役所庁舎に置く、行政サービス拠点で取り扱う事務と職員数については、例えば所掌事務としては、行政センターで行う事務を上限とすること、また職員数の考え方としては、市民の皆様に直接サービスを行う窓口等の職員数は変更しないという原則に立ちまして、新中区役所に集約すべき職員の一部の出向場所を東区と南区役所庁舎のサービス拠点に再配置していく考え方で取りまとめたものです

掛川市議会 2018-09-03 平成30年第 3回定例会( 9月)−09月03日-01号

掛川市では、個人所有の危険なブロック塀の撤去を進めるため、 7月に補助率や補助額上限を引き上げ、通学路に面したブロック塀も補助対象に加える制度拡充を行い、あわせて市民への積極的な周知を行ってまいりました。  この結果、 4月から 6月までの 3カ月間で 7件であった補助件数が 7月だけで19件となり、危険なブロック塀の撤去に大きく結びついております。

浜松市議会 2018-05-14 平成30年  5月 建設消防委員会-05月14日−01号

運賃は無料としていますが、その理由は代替バスは路線バスの認可をとっていないため、運賃をとると道路運送法に抵触することと、西鹿島駅から唐沢までの運賃が既に遠鉄バスの上限運賃の690円になっていますので、さらなる負担を求めることになるためです。契約方法は1往復当たりの単価契約で、マイクロバスですと1往復3万5640円です。

富士市議会 2018-03-15 平成30年 3月 建設水道委員会-03月15日-01号

それから、2点目として天間地区の運行状況がございましたけれども、昨年の7月から運行を開始いたしまして、かれこれもう10カ月ぐらいたつわけですけれども、結果から申し上げますと、運賃収入は、地元では3分の1を目標にお願いしているわけなんですけれども、なかなかそこに満たない状況でございます。

島田市議会 2018-03-15 平成30年3月15日総務生活常任委員会−03月15日-01号

財政措置といたしまして、1人400万円を上限に国の財政支援がございます。そうした財政支援が続く限りは、こういった地域おこし協力隊の派遣を続けていきたいと考えております。  以上でございます。 ○委員長(横田川真人) よろしいですか。  齊藤委員。 ◆委員(齊藤和人) ということは、国のほうの助成がなくなった時点でやめるという計画なのですか。 ○委員長(横田川真人) 小澤地域づくり課長。

藤枝市議会 2017-12-06 平成29年11月定例会−12月06日-02号

今後は、本年6月に策定いたしましたまちづくりや、観光振興の視点を取り入れた新たな公共交通のマスタープランでございます「藤枝市地域公共交通網形成計画」、この計画に基づきまして、財政負担を考慮しながら地域の実情に適した公共交通の確保維持のために、待合所の整備や、あるいは高齢者の運賃の見直し、さらにはバスロケーションシステムの導入など、利用促進に向けた環境整備を進めてまいります。  

浜松市議会 2017-10-03 平成29年 10月 建設消防委員会-10月03日−01号

それと、さまざまな事象が重なったときに補助金の上限はあるのでしょうか。 ◎消防次長(警防課長) 平成28年度において防衛施設周辺整備費補助金で整備した車両は、南消防署の消防ポンプ自動車です。平成29年度は有玉出張所の救急車です。対象地域は、原則として旧浜松市内となります。  また、市民生活課が所管している別の防衛交付金で消防団の車両を整備しています。