256件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御前崎市議会 2020-11-25 11月25日-01号

リニア中央新幹線建設に伴う大井川の流量減少に関して、JR東海は「トンネル湧水の全量を大井川に戻す措置」を表明し、その後、協議が進められてきた。私たち御前崎市議会をはじめ大井流域市町議会は、本年1月に8市2町の議長名要請書JR東海に提出するとともに、協議経過を見守ってきた。 しかし、協議内容を確認する中で、JR東海説明する対応策が確実に実行され、担保されるのか疑問を抱かざるを得ない。 

藤枝市議会 2020-07-08 令和 2年 6月定例月議会-07月08日-02号

また、産業面では、学生の地元定着やあるいは起業・創業支援など労働力確保といった地域課題の解決に共に取り組んでおりますが、今後はこれに加えまして、仮に10年先にリニア中央新幹線が開通した後や、このたびのコロナ禍でもたらされました人々の生活様式変化を見据えまして、独自の存在感を発揮する力強い地域経済圏づくりを共に進めてまいります。  

島田市議会 2020-06-29 令和2年6月定例会−06月29日-04号

4のその他に入り、当局から報告事項として初めに市長戦略部長から、リニア中央新幹線整備工事に関して2点の情報提供があり、1点目は国土交通省が主催し、国土交通省事務局となり、有識者専門家の方々がJR東海トンネル工法環境保全対策に関して科学的・工学的知見で検証される有識者会議内容についての報告がありました。  

藤枝市議会 2020-06-29 令和 2年 6月定例月議会−06月29日-目次

…………………………………………………………………161    (2) コロナで明らかになった学童保育重要性の検証を ………………163   5.  7番(神 戸 好 伸 議員) …………………………………………176    (1) 「小規模修繕等参加登録制度」について ……………………………176   6. 18番(大 石 信 生 議員) …………………………………………184    (1) リニア

島田市議会 2020-06-18 令和2年6月18日総務生活常任委員会-06月18日-01号

◎戦略推進課長(駒形進也) 済みません、リニアを所管しておりますので、こちらでお答えさせていただきます。  今回の会議については、一応、機器の設置あるいは環境といったものは、全て県で用意いたしました。実際、部長、私は現場にいたのですけれども、会議をやっているほうも、確かに音はすごく聞きづらくて、再々県に電話を入れて、何とかならないかということは申し上げて、後半大分よくなったかとは思います。  

島田市議会 2020-03-16 令和2年3月16日予算・決算特別委員会総務生活分科会−03月16日-01号

環境測定のほうなのですが、今、リニアのほうで大変問題になっていますが、地下水に対しての水質チェックとか水量のチェックとかは、こういうところでやっているのか。また、やっていなくてそれは水道課のほうに任せてありますみたいなことがあれば、お聞かせ願いたいと思います。 ○分科会長平松吉祝) 橋本環境課長。 ◎環境課長橋本孝) 地下水水質測定も一部、やっていることは事実です。

裾野市議会 2020-03-13 03月13日-一般質問-04号

行政経営監芹澤嘉次) 建築物延べ床面積を30%、30年間で減らすということに関して、必ずしもリニアに減らしていくということでなくて、やるべきときは建て替え等発生したときにそういうことを加味して減らしていくということで、全くやっていないわけではありませんで、既に市営住宅柳端団地とか、今年度でいえば十里木キャンプ場等公共建築物から減ってきております。

島田市議会 2020-03-09 令和2年2月定例会−03月09日-05号

リニア中央新幹線工事(以下「リニア工事」)に伴う静岡工区は2017年にゼネコンとの間で契約が結ばれ、2026年11月の完成予定とされている。それによる大井川の水資源が大量に失われることが懸念され、静岡県はJR東海(以下「JR」)に待ったをかけ、それにより工事着工のめどは立たず、課題対応への見極めは正念場を迎えている。そこで、質問をいたします。  

磐田市議会 2020-03-02 03月02日-03号

リニア工事に当たり、磐田市への影響についてどのように把握しているのかお伺いします。 昨年6月の一般質問でもお伺いしておりますが、半年経過し、あと1年後にはながふじ学府一体校も開校を迎えるので再度お伺いします。 中項目(5)です。4月から新学期が始まり、生活環境変化対応できないケース、いわゆる中1ギャップがあると思われますが、小学校のうちに特に指導していることについてお伺いいたします。 

藤枝市議会 2020-02-28 令和 2年 2月定例会−02月28日-02号

国全体の人口減少が進む中で、超高齢社会の進展や、日進月歩で変革するICTデジタル社会、またリニア中央新幹線による巨大経済圏の誕生など、今後本市を取り巻く環境は大きく変化してまいります。  こうした時代にあっても、本市が夢と希望を持つことができるまちとして将来にわたって発展していくためには、明るい未来の根幹となります大きな成長戦略が必要であります。

島田市議会 2020-02-26 令和2年2月定例会−02月26日-02号

また、リニア中央新幹線トンネル工事大井川水系に与える影響が大きな課題となっています。リニア中央新幹線は、日本経済発展起爆剤として立ち上がった国家プロジェクトです。その整備を願う声と、私たち生活経済活動の根源である大井川の水の恵みを後世につなぐ、この私たちの思いを両立させなければなりません。  市域の真ん中を大井川が貫く島田市は、大井川の地元中の地元であります。

島田市議会 2020-02-25 令和2年2月25日議会運営委員会-02月25日-01号

議長村田千鶴子) 私のほうから、議員研修会として計画しておりましたリニア実験線に伴い水枯れいたしました工事箇所視察日について、御報告いたします。  相手先とも調整いたしまして、4月21日の火曜日に決定いたしましたので、また皆さんのほうの日程をよろしくお願いいたします。  詳細につきましては、今後詰めてまいります。  

藤枝市議会 2020-02-19 令和 2年 2月定例会−02月19日-01号

1つ目は、高齢者人口がピークを迎える2040年頃を見据えた超高齢社会への対応2つ目は、私どもの暮らしに変革をもたらすICTデジタル社会への対応3つ目は、大規模災害に対する適切な備えと防災・減災への対応、そして4つ目は、リニア中央新幹線の開通により誕生する巨大経済圏への対応と、今後の10年、20年を見据えた持続力ある都市づくりに向け、この4つの礎を確実に築いていかなければなりません。  

静岡市議会 2020-02-17 令和2年 総務委員会 本文 2020-02-17

陳情内容ですけれども、SDGsの和訳を「持続可能な開発目標」から「持続再生可能な開発目標」ということで、再生という言葉を加えていただきたいということ、もう1点は、リニア中央新幹線の問題で井川方面への道路JR整備するということについて契約をしたということで、まだ本体工事トンネル工事が決定していない時点で、こちらを契約されたということを、私は先走りというんですかね。

島田市議会 2020-02-14 令和2年2月14日議会運営委員会-02月14日-01号

さて、去る1月27日に、県内の商工会議所関係者の皆様がリニア中央新幹線に係る説明会を開催されました。その折に、JR東海株式会社より提出されました資料を、島田商工会議所様より入手いたしました。このリニア問題につきましては、昨年の9月定例会におきまして、全会一致にて当議会として国・県に意見書を提出しておりますので、今後も全議員共通認識のもと取り組んでいきたいと考え、資料配付をいたします。  

掛川市議会 2019-12-20 令和 元年第 5回定例会(11月)−12月20日-05号

今後とも、人口構成変化節水機器の普及などにより給水収益の見通しが不透明な状況があり、リニア問題にも揺れる大井川利水者である当市ではありますが、安全安心で良質な水道水の供給に努め、水道業務の円滑な遂行を図り、一層の経営効率化健全化に努めることを期待し、私からの賛成討論とさせていただきます。 ○議長大石勇君) 以上で、通告による討論は終わりました。  これをもって討論を終結します。  

静岡市議会 2019-12-09 令和元年 観光文化経済委員会 本文 2019-12-09

その後、JR東海リニア用の工事用道路整備していくという、工事用道路というか林道東俣線整備していくということですけれども、今の壊れた状況JR東海との話の中で、次はこんなふうになっていきますという説明をいただけたら、ちょっと議案と離れるかもしれませんが、御了承願いたいと思います。