389件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊東市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-07号

このほかに、魅力あるまちづくり事業補助金に関し、当初3年間限定で対象としていた文化振興事業を今後も継続して補助対象とすること及び市が把握する防犯灯約1万灯のうち約9,300灯がLED化されている状況の確認、地域おこし協力隊に関し、現在は鹿肉を活用したペットフードの試作に取り組んでおり、新年度にはウエブサイトを立ち上げ、インターネット販売をしていく方向で進めていることの確認、法務訴訟対策事業に関し、

藤枝市議会 2019-03-20 平成31年 2月定例会−03月20日-05号

ドジョウは8%、熱帯魚は10%、同じ仲間でも違う複数税率、同じ生きている魚を買っても、ペットショップでキャッシュレスで買うポイント5%がついて、消費税負担は5%だが、現金だと10%。魚屋で買うと、キャッシュレスでは複数税率とポイント還元で消費税負担は3%、これが現金だと、複数税率だけで8%負担。

掛川市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月08日-07号

動物愛護法の精神に立ち、ペットなどの愛玩動物と共生できるまちづくりについて伺います。  ともに生きる伴侶としてペットを飼う家庭がふえています。一方で殺処分への批判が高まる中で、保健所は犬猫の引き取り、殺処分を今原則していません。掛川市内には動物保護シェルターなどもなくなっていて、里親探しの間保護をしてくださる動物病院も廃院になりました。飼い主のいない猫の問題も大きくなっています。

掛川市議会 2018-12-06 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号

避難所では動物ペット)の問題が多発しています。例えば大切な動物避難してきますが、アレルギーを持った方と同じ空間にいることは避けるべきですし、大勢の人の中で興奮して鳴きやまない動物もいます。避難所は、場所が限られているために動物は外の場所に移動してもらうケースはよくあります。動物家族と思っている方にとってはとても苦しいことです。

島田市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会−12月04日-03号

何カ月かおうちができる間、どこかに仮住まいをしなければならないということになり、私もそこにいましたけれども、私はスマートフォンで、ペットもいいと言ってもらえるようなアパートがどこにあるかとか、そのようなことしかお手伝いができなくて、結局は、夕方御連絡をいただいたときに、同じ地区の中にある、9月30日に台風だったので、10月の初めごろから、一人暮らしのおばあさんが施設に入るので、そこのお宅があきます。

磐田市議会 2018-12-04 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号

小項目②、台風24号のときもペット同伴での避難の問い合わせがあったと聞いております。静岡県では平成27年3月、飼い主とペットの動向避難や発災への備え、各避難所へのペット飼育場所の確保等について示した災害時における愛玩動物対策行動指針を策定しました。指定緊急避難所等におけるペット飼育場所の公表と暴風雨時の室内飼育場所の検討、ペットの同伴避難の方向性についてお伺いしたいと思います。  

焼津市議会 2018-11-04 平成30年11月定例会(第4日) 本文

初めに、発議案第5号についてでありますが、犬や猫などのペットは、今や愛玩動物としてだけでなく、人の生活を豊かにし、伴侶動物として飼育する人もふえています。また、私たち人間が生きていく上で、医療の発展等のため、動物を利用することは不可欠になっており、動物との関係は日常的に意識している以上に多岐にわたっております。  

焼津市議会 2018-11-03 平成30年11月定例会(第3日) 本文

まず、ペットの同行避難につきましては、動物愛護の観点はもちろんのこと、被災者となった飼い主の心のケアの観点からも重要であると考えております。このため、市では、「広報やいづ」やホームページへの掲載、犬、猫の登録時のチラシ配布などにより、同行避難の備えとして、ふだんから基本的なしつけや健康管理をしておくこと、ペット用の避難用品や備蓄品を確保しておくことなどを周知しております。

焼津市議会 2018-11-01 平成30年11月定例会〔資料〕

源太郎         同    鈴 木 浩 己      同    秋 山 博 子         同    松 本 修 藏      同    池 谷 和 正         同    太 田 浩三郎      同    渋 谷 英 彦         同    深 田 百合子 発議案第5号     動物愛護管理法の改正及び動物の適正飼育などの啓発活動の強化を求める意見書  犬や猫などのペット

磐田市議会 2018-10-11 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-10月11日−07号

4款2項環境対策費、指定避難所ペット同行避難等の啓発について、地域防災訓練の際、啓発事業を行った。磐田南小では、動物管理指導センターからペットフードの備蓄避難所への飼い主の役割の話など、田原小では西部保健所から災害時の備えの話や、動物ボランティアによる災害時を想定したしつけ、クレートトレーニングなどの説明をした。

函南町議会 2018-10-05 平成30年  9月 定例会-10月05日−06号

また、今回は11名の方より利便性の高い町営住宅を目指して、災害ペット同伴避難は可能かについて、伊豆ゲートウエイ函南と伊豆縦貫道、東京五輪・パラリンピックへの取り組みにはについて、塚本耕地内の道路計画と開発の動向、スポーツ推進計画について、平成30年7月豪雨災害からの教訓と今後の対応、地域包括ケアシステムの進捗と効果について、道の駅・川の駅運営について、町有施設備品等の老朽化更新、役場職員の働きやすさと

伊東市議会 2018-09-28 平成30年 9月 定例会−09月28日-06号

この答弁を受け、今後の方向性及び市のサポート体制を問う旨の質疑があり、現在は、ジビエを活用したペットフードの開発、商品化に向けて試行錯誤しているところであるが、本市を拠点として起業できるよう、業務提携等の相談を行うなど、さまざまな支援を行っていくとの答弁がありました。  

磐田市議会 2018-09-26 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 予算決算委員会建設産業分科会-09月26日−01号

◆委員(江塚学君) 報告書の211ページ成果と今後の課題というところですけれども、指定避難所の磐田南小学校、田原小学校ペット同行避難等について、啓発を行ったとありますが、どのような内容で行ったのかお伺いします。 ◎環境課長(川島光司君) 災害時のペット同行避難訓練等の関係でございます。  平成29年12月3日に地域防災訓練の際に啓発事業を行ったものでございます。

伊東市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会-09月13日-04号

このたび行われた防災訓練のメーン会場では、ペット同行避難訓練が行われました。昨年の訓練時に私の私物を使い、ペット同行避難情報ブースを設置させていただいたときには、行政でやるのはまだまだ先かと思われましたが、このたび実現されたことにより、ペットを飼育している方はもちろん、そうでない方にもペット同行避難の重要性を知ってもらえるよい機会となりました。

島田市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会−09月12日-04号

議員質問の中に、防災に対するいろいろな質問があったのですけれども、私が思っていることは、これは子供教育の観点でお話しするのですが、防災訓練の中に、地域住民の防災に対する意識が薄れているというか、低いというのを思うのですけれども、やはり防災訓練自体がマンネリ化して、防災に対する知識が低下するような要因を生んでいるのではないかと思うのですが、その中で、参加人員はある程度いるのですけれども、幼児からペット