6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

掛川市議会 2018-06-25 平成30年第 2回定例会( 6月)−06月25日-02号

昨年度、市外全域の有害鳥獣捕獲数は、イノシシ 614頭、ハクビシン20頭、アナグマ27頭、カラス19羽と非常に多いですが、市の対応について伺います。 ○議長鈴木正治君) 答弁願います。市長、松井三郎君。 ◎市長(松井三郎君) 担当部長からお答え申し上げます。 ○議長鈴木正治君) 大石環境経済部長

掛川市議会 2017-12-06 平成29年第 5回定例会(11月)−12月06日-03号

イノシシ以外ではニホンジカスズメカラスによる被害が報告をされております。  以上です。 ○副議長(榛葉正樹君) 再質問ありますか。 7番、勝川志保子さん。 ◆7番(勝川志保子君) 市の有害鳥獣対策について、今の実態調査に基づいてどのようになっているのか、小項目の 2について質問いたします。 ○副議長(榛葉正樹君) どうぞ。  答弁願います。市長、松井三郎君。

掛川市議会 2015-06-25 平成27年第 3回定例会( 6月)−06月25日-03号

市民はどう言っているかというと、燃やすごみが減量できるということでありがたいということと同時に、コンパクトで家の中で使用できるもんだから、毎日、嫌なにおいだとか、虫の発生だとか、そういうのがなくて済むとか、またはカラスとか小動物の被害も少なくて済むとかいうようなことで、非常に市民の声もいいわけなんです。こういう制度掛川市も導入するという考えはないですか。 ○議長(竹嶋善彦君) 答弁願います。

掛川市議会 2010-06-30 平成22年第 3回定例会( 6月)-06月30日-03号

イノシシカラスを初めとする農作物への害をなす鳥獣による被害が年々増加し、農業振興上、大きな問題となっています。この被害防止の対策は、電気さくやわなの設置、猟友会への有害鳥獣依頼など、さまざまな対策を講じていますが、手間とコストがかかる地道な活動となっています。被害は増大するばかりで、被害場所も年々南下し、大須賀地域での被害も深刻になってきています。

掛川市議会 2005-06-30 平成17年第 2回定例会( 6月)-06月30日-05号

対象となるのは、カラス、ドバト、ムクドリヒヨドリスズメキジバトであり、キジについても、県の許可を取り、実施しているとの答弁がありました。  委員より、温泉施設整備工事費について、ならここ温泉の日除けの設置ということだが、どこに設置するのかとの問いに、当局より、ならここ温泉の中の露天風呂の部分に日除けを設置するとの答弁がありました。  

  • 1