運営者 Bitlet 姉妹サービス
1056件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月21日-06号 ことしの全国お茶まつりは、2020年のオリンピック・パラリンピックを控え、世界への情報発信力を高めている東京で開催されました。 もっと読む
2018-12-14 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−06号 平成28年12月に伊豆市では、オリンピック開催前の道路整備のために、副市長2人制をとるために国土交通省より2人目の副市長を招聘しようとしましたが、議会で条例が否決されました。その後、何ら問題なく道路整備が進みました。  当市も多くの事業を抱えていますが、職員を信用して任せて経験させることが自信を持つことにつながり、人を育てることになると思います。   もっと読む
2018-12-12 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第3号12月12日) 2020東京オリンピック・パラリンピック関係の工事が急ピッチで行われております。国内の目はオリンピックー色であり、その影に隠れ前面には出ていませんが、オリンピック終了後の2025年、実質的には2023年より順次、団塊の世代が満75歳の後期高齢者となります。 もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) ただし、その時々で必要な事業におきましては、しっかりと予算をつけて、めり張りを持たせることは、市が発展するための、また、子どもたちの未来のための将来への投資という意味において重要であり、その一つといたしまして、オリンピック・パラリンピックや新東名高速道路関連事業の完了となります2020年というのが非常に大きな分岐点、ターニングポイントになるのではないかと、そのように考えております。   もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 これがオリンピックが過ぎると景気が後退するだろうという一般的なことも言われています。 もっと読む
2018-12-05 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月05日−03号 2020年の東京オリンピックまで2年を切り、世界最大のスポーツイベントが日本で開催されます。それに合わせてさまざまな改正が行われていく中で、健康増進法の改正による受動喫煙の防止対策が強化されることになりました。磐田市においても、市役所本庁舎をはじめ、公共施設の建物内の禁煙に着手しなくてはなりません。私は喫煙はしませんが、受動喫煙に対して余り拒否感をもっていません。 もっと読む
2018-12-03 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−04号 昨日、このモンゴル国のオリンピック、この柔道誘致に伴いましての子供たちの柔道練成会というのがございまして、子供たちが600人、そして父兄たち、それから地域防災から防災が終わって駆けつけた人々を合わせると約2,000人の方が長岡の体育館に集まりました。 もっと読む
2018-11-30 伊東市議会 平成30年12月 定例会-11月30日-01号 オリンピックに向けてユニバーサルデザインですとかバリアフリーの考えがどんどん進んでいますので、研究していただきたいと思います。  男女共用になった場合に気にしない方もいれば、逆に気にしてしまう方もいるということも事実です。トイレに関しては、考え方が一人一人違うと思います。女性用、男性用と分けるべきなのか、そうでないほうがいいという議論はいろいろなところでされています。 もっと読む
2018-11-30 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月30日−05号 ビッグデータで算出された10年後の土地の価格によると、2020年のオリンピック前後で不動産バブルは崩壊し、2025年からの急激な人口減少により需要も減り、全国で限られた人口を奪い合う争奪戦が過熱化し、全国の主要駅周りの地価ですら6割以上の駅で下落するとのデータが示されております。このデータによると、東京都内でも地価が1割以上上がるところはほとんどないというところであります。   もっと読む
2018-11-29 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月29日−02号 韮山反射炉が世界文化遺産に登録され、2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されることから、今後も国内外から多くの観光客が伊豆の国市を訪れることが想定されます。   もっと読む
2018-11-28 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月28日−03号 子どもたちにオリンピックへの夢の扉を開いていただき、今年も4期生が誕生し、活動しております。最初の生みの御苦労は並大抵のことではなかったと大いに評価するとともに、毎年生き生きときらきらして夢に向かう子どもたちにかわって御礼を申し上げたいと思います。子どもたちの未来を大いに期待し、応援してまいりたいと思っております。  同時に、伊豆マラソン復活にはさまざまな課題を解消しなければなりません。 もっと読む
2018-11-27 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月27日−02号 今後、来る2020年東京オリンピック・パラリンピック開催前までに、三島駅北口の交差点から東に向かい、主要地方道三島裾野線に接続する下土狩文教線の道路改良は、現在の簡易裁判所前の変則クランク交差点の解消のため、十字の交差となる暫定型での改良整備が予定され、一定の渋滞緩和が期待されるところですが、いずれにいたしましても、三島駅を中心とした市街地の交通課題や先ほど御答弁した公共交通網の再構築など、三島市の もっと読む
2018-11-20 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月20日−01号 そして、最後の質疑でございますけれども、東京オリンピック・パラリンピックに向けた対応ということで、これまでもアスリート事業ですとかさまざまな事業展開を市長のもとで進めていただいているわけですけれども、この指定期間がまさしくそこに当るという中では、プレの部分からアフターな部分までさまざまな事業展開というものを進めていただきたいなというふうに考えているわけなんですけれども、そのあたりの対応はどのように協議 もっと読む
2018-11-01 富士宮市議会 平成30年 11月 定例会(第4回) 具体例を挙げると、2020東京オリンピック・パラリンピックでスペインの空手ナショナルチームの事前合宿地の招致が決まり、駅前交流センターでスペイン語講座を行うなど、オリンピックに向けスペインとの関係性を導くなど一緒に取り組んでいるとの答弁がありました。 また、駐車場収入が多いようだが、比較的あいているように感じる。 もっと読む
2018-10-22 三島市議会 平成30年 10月 経済建設委員会-10月22日−01号 オリンピック前の資材高騰の時期に慌てて取り組むのは一旦中止し、市関係者、地権者、開発業者、有識者、市民代表など、市民協議会を立ち上げて、その中で論議を深め、テーマ別に幾つかのグループに分かれたワークショップ形式で構想や内容を煮詰めていく方法を議会として市側に申し入れ、市民の意見や要望に沿った開発を進めるようにしていただきたい、このように思いますので、ぜひよろしくお願いいたします。以上です。 もっと読む
2018-10-04 掛川市議会 平成30年第 3回定例会( 9月)−10月04日-05号 委員から、QRコードを使ったさまざまな言語への対応や、より詳細な観光案内を考えているのかとの質疑があり、当局から、外国人観光客が徐々にふえていることや、今後のラグビー・ワールドカップやオリンピック・パラリンピックの開催に向け、案内看板にQRコードをつけて誘導できるように充実を図っていきたいとの答弁がありました。   もっと読む
2018-09-28 伊東市議会 平成30年 9月 定例会−09月28日-06号 来年のデスティネーションキャンペーン、そして2020年に伊豆市で自転車競技が開催される東京オリンピック・パラリンピックは、多くの人に伊東の魅力を知ってもらう大きなチャンスだと思います。  平成29年度は伊東市制施行70周年を迎え、また5月より小野市長にかわり、観光関連、子育て関連の予算の増額などの補正を行い、市内経済の活性化に向け積極的に取り組んできました。 もっと読む
2018-09-25 御殿場市議会 平成30年 9月定例会(第7号 9月25日) 次に、2点目の質問、前年度より予算減につきましては、2020年に開通予定の新東名高速道路及び国道138号御殿場バイパス等への広域道路整備に加え、東京オリンピック・パラリンピックの開催が予定されており、インターチェンジ周辺道路である団地間連絡道路、新東名アクセス道路等の整備を確実に進めなくてはならないため、予算の重点配分を幹線道路整備に移行したため減額となりました。   もっと読む
2018-09-25 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月25日−04号 近年、食品事故の発生を契機とした消費者の食の安全・安心への意識が高まっているため、また、オリンピック・パラリンピックの食料調達基準を満たすため、さらには、大手販売流通企業との取引や海外輸出時などにその農産物がGAPを取得していることが求められてきています。 もっと読む
2018-09-21 御殿場市議会 平成30年 9月定例会(第6号 9月21日) 2019年のラグビーワールドカップや東京2020オリンピック・パラリンピックといった世界的な大規模イベントを間近に控え、これらの追い風を生かして、引き続き予算効果を最大限に得られるよう、事業を実施してまいります。   もっと読む