96件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤枝市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会-06月18日-04号

2項目め、ICT、IoT、AI技術を取り入れたスマート農業分野でのドローンの活躍が期待されていますが、本市ではどのように考えているのか、また、計画や取り組みについて伺います。  3項目め、ドローンの活用は多岐にわたり期待されますが、産学官連携による産業利用・地域振興など研究・開発することで、人や企業を呼び込めると考えられますが、本市の考えはどのようか伺います。  

藤枝市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会-06月17日-03号

環境水道部長(森田耕造) ただいま議員から提案のありました「FOOD PASSPORT」、私もどこかの記事で見たことがあるんですけれども、これは定額、安い料金、決まった料金と、またIoT、要はスマホを使ったインターネット、そういったものと食品ロス対策、この3つを組み合わせた本当に画期的なサービスだというふうに思っております。  

藤枝市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会-06月14日-02号

そのため、ICT、IoTの普及が著しい中で、身近なスマートフォンバスの運行状況がリアルタイムで確認できるいわゆるバスロケーションシステムが民間事業者において運用されておりまして、まずはこのシステムを若い世代に周知していただいて、バスの利用性を実感していただけるように周知に努めてまいりたいと考えております。  

袋井市議会 2019-03-22 平成31年全員協議会 本文 開催日:2019-03-22

このため、本市におきましては、地域課題の解決や、あるいは新たな価値を創造するため、AIとかIoT、オープンデータ等の利活用を初め、ICT教育の推進や産学官民の連携によるオープンイノベーションの促進など、ICTとデータ利活用を推進するための基本計画といたしまして、2019年度から2023年度までの5年間を計画期間とする第3次袋井市ICT推進計画・官民データ活用推進計画を策定するものでございます。

藤枝市議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会-02月27日-02号

その取り組みは、産業福祉子育て支援、教育などの幅広い分野にわたるものであり、中心市街地における産学官連携推進センターや中山間地域における大久保キャンプ場などの整備を初め、IoT通信網の整備による子供高齢者の見守り、さらには市民への河川の水位情報の提供、そして全小・中学校でのプログラミン教育の展開など、直接、間接を問わず本市の地域全体の活性化や、将来に向けた環境づくりに大きくつながっているものと

掛川市議会 2019-02-20 平成31年第 1回定例会( 2月)−02月20日-01号

平成の次の新しい時代は、AIやIoTによる技術革新がさらに進み、社会の大きな変化が見込まれます。一方で、少子高齢化人口減少が加速し、自治体の選別、淘汰も進んでいくものと考えます。  掛川市が選ばれる自治体となるために、SDGsや人生 100年時代の視点を踏まえ、協働のまちづくりを理念とした新たな取り組みが求められます。  初めに、協働のまちづくりの進展、ステップアップについてであります。  

焼津市議会 2019-02-04 平成31年2月定例会(第4日) 本文

それから、AI、IoTによる運行等が考えられます、いかがですか。  カとしまして、人口減と高齢化が進み、財政難は深刻さを増す。地球温暖化にも歯どめがかからない。持続可能な社会にしていくには、今の制度や仕組みにメスを入れることが不可欠だ。しかし、痛みを伴う改革を嫌うのは人の常であり、政党政治家選挙での支持獲得が最優先で、リーダーシップを発揮できない。どう意識を変えていくか、問われています。

焼津市議会 2019-02-02 平成31年2月定例会(第2日) 本文

介護保険ですけれども、介護保険の窓口の介護事業所が選択できるように説明を丁寧にしてほしいという関係ですけれども、今、IoTとか、ネットを活用して情報提供をするのが進んでおりますので、こういうところこそIoTを活用して、パソコンで事業所のあきぐあいが見られるようにする。このような丁寧な相談体制が必要ではないでしょうか、伺います。  

焼津市議会 2019-02-01 平成31年2月定例会〔資料〕

│    │     AI・IOTによる運行等                              │    │   カ 人口減と高齢化が進み、財政難は深刻さをます。地球温暖化にも歯止めが掛からない。│    │    持続可能な社会にしていくには、今の制度や仕組みにメスを入れることが不可欠だ。

袋井市議会 2019-01-24 平成31年建設経済委員会 本文 開催日:2019-01-24

ただ、やはり鈴木副委員長がおっしゃるように、将来的には、今、先ほども、私も費用の関係も説明しましたように、各事業体、料金はこれ以上は上げられないというような状況になるということも予想されますので、例えばIoTであったりとか、あと、一つの電算システムを多くの事業体で使うだとか、あと、窓口業務であるとか収納業務であるとか、各自治体で同じような業務をやっているところがあるものですから、そういった業務の共同化

袋井市議会 2019-01-22 平成31年総務委員会 本文 開催日:2019-01-22

2019年度は、秋に開催されますラグビーワールドカップを生かしたまちづくり事業、質の高い教育の実践、多文化共生社会の推進、さらにはAIやIoT代表されるICTを活用したまちづくりを重点施策に掲げるとともに、袋井消防庁舎・袋井市防災センターや総合体育館の整備、袋井駅南地区まちづくり事業などのハード事業を着実に実施するため、積極予算とするものでございます。

藤枝市議会 2018-12-07 平成30年11月定例会-12月07日-03号

このような中、本市における自転車の活用による観光への取り組みにつきましては、国の自転車活用推進計画の策定に先駆けまして、藤枝駅から観光拠点でございます蓮華寺池公園までの自転車通行空間帯を整備いたしまして、同公園を初め市内11カ所にIoTを用いたシェアサイクルステーションを設置しているところでございます。  

島田市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会−12月04日-03号

IoTを活用した方法だとか、ポケベル電波を利用した方法だとか、ただ、これは一定のコストがかかるので、どこまでやるかということは慎重に検討しなければなりません。  いずれにしても、知る努力、知らせる努力が相まって伝わる情報伝達の目的が達成されるということですから、ここをしっかり認識をして、住民の皆さんと一緒に対策を進めていきたいと思っております。 ○議長(大石節雄議員) 大関議員