運営者 Bitlet 姉妹サービス
70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-27 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-02月27日-02号 その取り組みは、産業や福祉、子育て支援、教育などの幅広い分野にわたるものであり、中心市街地における産学官連携推進センターや中山間地域における大久保キャンプ場などの整備を初め、IoT通信網の整備による子供や高齢者の見守り、さらには市民への河川の水位情報の提供、そして全小・中学校でのプログラミング教育の展開など、直接、間接を問わず本市の地域全体の活性化や、将来に向けた環境づくりに大きくつながっているものと もっと読む
2019-02-18 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-02月18日-01号 私は、次のステップとして、現在こちらも先導的に進めているIoTやAIなどICTの活用をこの独自のまちづくりに積極的に取り入れまして、次の時代の都市モデルとしてスマートコンパクトシティという概念を本市から打ち出し、暮らしの質と都市の価値を高めてまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-12-07 藤枝市議会 平成30年11月定例会-12月07日-03号 このような中、本市における自転車の活用による観光への取り組みにつきましては、国の自転車活用推進計画の策定に先駆けまして、藤枝駅から観光拠点でございます蓮華寺池公園までの自転車通行空間帯を整備いたしまして、同公園を初め市内11カ所にIoTを用いたシェアサイクルステーションを設置しているところでございます。   もっと読む
2018-10-12 富士市議会 平成30年 9月 定例会-10月12日-07号 この基本計画に盛り込む事項といたしましては、行政手続オンライン利用の原則化、情報の円滑な流通の確保、オープンデータの推進、AI、IoT、クラウド等の先端技術の活用などが挙げられております。   もっと読む
2018-09-25 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月25日−04号 この事業は研究機関や企業、農業者の活力を結集して、ロボットやIoT等の先端技術を活用したスマート農業の全国展開を加速化するため、モデル農場における体系的かつ一貫した形での技術実証を支援するものでございまして、国がスマート農業を強力に推進していることがわかります。   もっと読む
2018-09-14 藤枝市議会 平成30年 9月定例会-09月14日-04号 特に最近の災害では、避難のおくれなどが問題視されておりますが、その対策といたしまして、IoT技術を利用いたしました水位計、また雨量計の設置によりまして、リアルタイムの観測情報の提供や、8月5日号の「広報ふじえだ」におきまして、水害や避難行動に関する特集記事を掲載したところでございます。   もっと読む
2018-09-12 藤枝市議会 平成30年 9月定例会−09月12日-02号 そのほか、IoTを活用して、徘回のおそれのある高齢者の見守りサービスの実証実験を今月から行いまして、端末にシューズ型、あるいはバンド型などさまざまな端末を用いて、高齢者の行動範囲や、あるいは時刻などの傾向を確認してまいります。   もっと読む
2018-09-11 三島市議会 平成30年  9月 経済建設委員会-09月11日−02号 外国人については、観光案内所自体が国のカテゴリー2の認証をとった中で、英語の案内は今しているというところで、英語のできるスタッフを常駐させているという状況でございまして、若干中国語のお客様とか、英語は全く解さないお客様ですと、不便をかけているところもあろうかとは思うんですけれども、先ほど申し上げたスマートフォンサイトですとか、別のIOTを使う中で案内を深めていくような努力はさせていただいているところでございます もっと読む
2018-09-03 藤枝市議会 平成30年 9月定例会-09月03日-01号 そして、「安全・安心な災害に強い地域を創る」では、全国初となりますIoTを活用した河川水位計と雨量計を設置しますとともに、災害時などの情報収集を強化するために、無人航空機ドローンのパイロットチームを編成するなど、防災力の強化を図りました。   もっと読む
2018-06-25 掛川市議会 平成30年第 2回定例会( 6月)−06月25日-02号 このすさまじいスピード社会で、AIやIoTでは賄えない大切なものを、今、私たちが次の世代のために築く必要があります。  掛川市は第 2次総合計画に「希望が見えるまち・誰もが住みたくなるまち」を掲げ、人口12万人を目指していますが、国民全体の人口が減少し、消滅する自治体もあると言われる中、これは現実的にとても厳しい目標です。 もっと読む
2018-06-18 藤枝市議会 平成30年 6月定例会−06月18日-04号 これは受注データ、製造データなどを連携、分析して、自動組み立てを可能にした新たなIoT機器の導入、ITシステムを導入した。これまでは少量発注では対応できなかったと。でも、このIT機械によって少量発注でも対応できるようにした。それはそれで結構なんですが、結局それで人を減らして、労働力生産性が30%以上向上しましたよというのが一つの例。  もう一つは、日本の廃棄物リサイクル業。 もっと読む
2018-06-15 藤枝市議会 平成30年 6月定例会−06月15日-03号 標題1、藤枝市におけるIoT及びICT活用の現状について伺います。  藤枝市では、IoT、ICTの活用において他市町に先駆けてさまざまな試みがなされ、実際に成果を上げつつあります。そして、今後のますますの活用によって市民生活がより安心・安全・快適となることが期待されています。  今回は、主にIoT活用に重点を置いて、今年度の現状、取り組み、それから今後の展望について伺います。  1項目めです。 もっと読む
2018-06-14 藤枝市議会 平成30年 6月定例会-06月14日-02号 ◆10番(平井登議員) これは私のちょっと考えなんですけれど、特に製造業においては、近年ロボット化による省人、省力化とか、最近は、本市でもそうですけど、ICTとかIoTといった、いわゆる業務の効率化をハイスピードで進めているわけですね、そうした中で、これまでのように民間の企業さんへ障害者雇用をお願いするのは、非常に難しい状況になっているんじゃないかなと思います。 もっと読む
2018-06-04 藤枝市議会 平成30年 6月定例会−06月04日-目次  ……………………………………………149    (2) 市立病院給食委託を取りやめ直営に戻すべきでは …………………149   4.  3番(遠 藤 久仁雄 議員) …………………………………………165    (1) 『ふじえだの景観』について考える …………………………………166   5.  2番(増 田 克 彦 議員) …………………………………………179    (1) 藤枝市におけるIoT もっと読む
2018-03-16 三島市議会 平成30年  2月 定例会-03月16日−07号 こうした2016年以降の堅調な回復の背景には、新興国の経済が2016年後半から持ち直すなど海外経済が緩やかな回復を続けていることや、IOT及びビックデータの活用の拡大及び自動車や家電の情報化の動き等を受けて情報関連財の需要が世界的に増加していることがあります。  こうした追い風を受けて、日本の輸出や生産は堅調に推移し、企業収益は過去最高水準となり、労働市場では人手不足感が高まっています。 もっと読む
2018-03-13 浜松市議会 平成30年  3月 総務委員会-03月13日−01号 ◎企画調整部参事(情報政策課長) 浜松市情報化基本方針については、AIやIoTを含めた利活用に関する部分の方向性を示していくことを考えています。29年度は調査研究や広聴モニター等でも市民意見を伺いました。 もっと読む
2018-03-13 三島市議会 平成30年  2月 定例会-03月13日−05号 観光消費額につきましては、静岡県のホームページで観光産業が及ぼす経済波及効果を分析できるソフトが公表されているものの、基本データとして市内での観光客の購買率や購入単価などを調査する必要がございますので、今後、分析ソフトの活用に向けて、また、IoTの利用などにつきましても、調査研究をしてまいりたいと考えております。以上です。 もっと読む
2018-03-09 浜松市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-03月09日−04号 次に、ウとして、第4次産業革命と言われ、IoTやAIなど、私たちが想定する以上のスピードで先端技術の開発が進んでいます。水道事業おいても、スマートメーター、IoTを用いた遠隔監視や維持管理でのAIの活用など、スマート化の取り組みがあちこちで見受けられるようになりましたが、このような先端技術導入の取り組みについてお伺いいたします。  2点目の質問は、広域化について伺います。   もっと読む
2018-03-08 浜松市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-03月08日−03号 そこで1点目、近年のICTやIoT等の技術革新、少子・高齢化による社会状況の変化等を考慮すれば、従来のまちづくりを一新するぐらいの考えに立ち、都市計画マスタープランを見直す必要があると考えますが、どのような視点で見直しを行うのか、鈴木市長にお伺いいたします。  2点目、今、本市は立地適正化計画を立案している最中です。 もっと読む
2018-03-05 藤枝市議会 平成30年 2月定例会−03月05日-04号 この土地利用については、現在進めているIoTを使った実証実験を取り入れたまちづくりを検討されたいが、いかがでしょうか。 ○議長(西原明美議員) 市長。 もっと読む