運営者 Bitlet 姉妹サービス
117件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-05-21 三島市議会 平成30年  5月 総務委員会-05月21日−01号 また、③自然環境基礎調査事業は、今年度からの新規事業であり、源兵衛川流域の植物、鳥類、魚類、昆虫類などの生息状況を平成30年度から平成31年度の2年間で調査するものです。  (2)公害防止監視・指導、公害相談・苦情処理関係のうち、②公害相談・苦情処理事業は、騒音・悪臭・大気汚染・水質汚濁などの生活環境に関する苦情に対応するものです。   もっと読む
2018-03-06 伊東市議会 平成30年 3月 定例会-03月06日-06号 例えば温泉、高級な鮮度抜群の魚、温暖な気候を利用したフルーツ、国産では珍しいフルーツ栽培、フルーツ栽培時に発生する酸素を利用したキノコ栽培、豊富な温泉と海水を利用した陸上海洋牧場で高級魚類の養殖をするなどがあります。また3つ目に、温室効果ガス削減は世界的に待ったなしの状況です。伊東市はそのことを考え、効率的にエネルギーを使い、システム化して開発したらいかがでしょうか。   もっと読む
2017-05-22 三島市議会 平成29年  5月 総務委員会-05月22日−01号 また、③自然環境基礎調査事業は、昨年度からの継続事業であり、夏梅木川流域の植物、哺乳類、鳥類、魚類などの生息状況を平成28年から平成29年度の2年間で調査するものです。  (2)公害防止監視・指導、公害相談・苦情処理関係のうち、②公害相談・苦情処理事業は、騒音・悪臭・大気汚染・水質汚濁などの生活環境に関する苦情に対応するものです。   もっと読む
2017-02-03 焼津市議会 平成29年2月定例会(第3日) 本文 マグロ類は高度回遊性魚類であるため、その資源管理に関しては、回遊範囲ごと設立された5つの地域漁業管理機関が行っており、日本はその全ての機関に加入しております。本市は全国の漁業、水産業を牽引するリーダーとして、特定第三種漁港市長協議会等の関係自治体と連携を図りながら、国に対し、国際的な資源管理の徹底が図れるよう積極的な働きかけを行っております。   もっと読む
2017-02-02 焼津市議会 平成29年2月定例会(第2日) 本文 代表的な資源管理として、海洋を広く回遊する魚種、高度回遊性魚類であるマグロ類については回遊範囲ごとに設立をされました5つの地域漁業管理機関において資源管理を行っております。  この管理はしばらくの間漁期や漁具などで漁獲を制限して、将来持続的により多くの漁獲が可能となる状態まで資源を回復させることを目的としたものであります。 もっと読む
2016-12-07 島田市議会 平成28年経済建設常任委員会(12/7) 本文 2016-12-07 次に、10月12日、13日に行った福岡県宗像市、道の駅むなかた及び大分県杵築市、世界農業遺産についての意見交換を行い、道の駅むなかたについて、委員より、賑わい交流拠点の理想的な姿として当局側に紹介していくべきとの意見や、当市の事業に置きかえた場合、予定地を極力広く活用しないと中途半端な施設となってしまうこと、周辺の人口規模や販売する物産として、むなかたの魚類のような商品性の高いものや人目を引くB級グルメ もっと読む
2016-11-15 島田市議会 平成28年議員連絡会(11/15) 本文 2016-11-15 魚類の種類についての確認では、一部養殖のものもあるが、海はしけることもあるので、安定的に出品するためには一定程度、養殖のものを確保しておく必要があるとのことでした。  公園以外の若年層集客案を尋ねたところ、ドッグランなどのアイデアが出ているが、整備全体で6億円から7億円かかるとのこと。しかし、安易なコストダウンは後悔することもあるので、十分な検討を市にお願いしているとのことでした。   もっと読む
2016-09-27 浜松市議会 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月27日−14号 中でも魚類は470種類と、琵琶湖の54種類、宍道湖の106種類と比較しても格段に多く、生物の宝庫となっています。この豊かな湖を守るために、水質改善や水産資源の調査・保全などの取り組みが継続的に行われてきました。また、クリーン作戦には毎年2万人を超える方が参加するなど、浜名湖の豊かさは地域が一体となった活動により今日まで守られてきました。   もっと読む
2016-09-27 浜松市議会 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月27日−14号 中でも魚類は470種類と、琵琶湖の54種類、宍道湖の106種類と比較しても格段に多く、生物の宝庫となっています。この豊かな湖を守るために、水質改善や水産資源の調査・保全などの取り組みが継続的に行われてきました。また、クリーン作戦には毎年2万人を超える方が参加するなど、浜名湖の豊かさは地域が一体となった活動により今日まで守られてきました。   もっと読む
2016-05-20 三島市議会 平成28年  5月 総務委員会-05月20日−01号 また、③自然環境基礎調査事業は新規事業であり、夏梅木川流域の植物、哺乳類、鳥類、魚類などの生息状況を平成28年度から平成29年度の2年間で調査するものです。  (2)公害防止監視・指導、公害相談・苦情処理関係のうち、②公害相談・苦情処理事業は、騒音・悪臭・大気汚染・水質汚濁などの生活環境に関する苦情に対応するものです。   もっと読む
2016-05-18 浜松市議会 平成28年  5月 建設消防委員会-05月18日−01号 コンクリート舗装等を実施した結果による、魚類等への影響についての情報や苦情はあったのでしょうか。 ◎道路保全課長 コンクリート舗装を実施したばかりで、苦情等はいただいていませんが、漁協には逐次連絡する形で確認しています。 ○松下正行委員長 それでは質疑・意見を打ち切ります。本件は、聞きおくことといたします。                                     もっと読む
2016-01-26 島田市議会 平成28年総務消防常任委員会(1/26) 本文 2016-01-26 魚類については、イワナ類は確認されたが、今後は専門家に助言をいただきながら同定を行っていく予定という説明がありました。  18ページ、19ページは、これまでの検討結果を踏まえ、大井川流域の水資源に対する環境保全についてこれまで説明したことがまとめられております。  20ページの下段ですが、この委員会でのまとめとして、大井川流域の水資源に対する環境保全措置が示されております。 もっと読む
2015-10-05 浜松市議会 平成27年 10月 環境経済委員会-10月05日−01号 小水力発電についてですが、電源開発が昨年可能性調査の一環で、魚類調査や水質調査を行ったと聞いています。結果については何ら問題なく、事業実施に向けて検討しているということです。浜松市には一級・二級・準用・普通河川が7500本ほどあり、農業用水や工業用水も市内に網羅されており、小水力のポテンシャルは非常に高いものと考えています。今後事業として成り立つよう検討していきたいと思います。 もっと読む
2015-03-13 三島市議会 平成27年  2月 定例会-03月13日−05号 いろんな木とか植物、それから鳥なんかも、それからあと魚類というか、三島には貴重なものがあるんで、そういうものも含めて、総合的にいろんなものを掲示というか、名前を出していくといいんじゃないかということを言っておりました。その一環として、まずは樹木を少し皆さんに知っていただくというのが、非常に教育の面でもいいんではないかというふうに言っておられました。   もっと読む
2014-11-28 浜松市議会 平成26年 11月 定例会(第4回)-11月28日−20号 本調査は環境省の補助金を活用し、来年3月までに魚類や水質等の調査、流量観測などの環境調査を行い、発電設備の最終仕様や経済性を精査することとしています。発電設備は、小水力発電としては比較的大規模な1900キロワット、年間発電量は最大でおよそ840万キロワットアワーを想定し、発電した電力は、新電力などを通じて市内の需要家への供給を予定しております。 もっと読む
2014-09-03 静岡市議会 平成26年9月定例会(第3日目) 本文 ところが、例えば市の意見書にも記載した絶滅危惧種のヤマトイワナについて、生息情報のある種については、その情報の把握に努め、必要な調査の実施及び環境保全措置を講ずるよう求めましたけれど、JRの評価書では、対象事業区域を含む南アルプス地域から、重要な魚類は報告されていないという姿勢です。ですから、このまま進めるわけには絶対にいかないわけです。   もっと読む
2013-10-03 静岡市議会 平成25年 生活文化環境委員会 本文 2013-10-03 専門家会議は、この環境影響評価を行う項目として、大気、水質、騒音、廃棄物等がございますが、それ以外にも動植物、魚類とか、昆虫類も含まれております。それから、地質、地形など、これらの専門項目につきまして、10名の人員で構成をされております。  また、これら以外でも、不足する分野があった場合には、必要に応じてその専門家を会議に招集して審議することも可能となっております。   もっと読む
2013-09-19 三島市議会 平成25年  9月 総務委員会-09月19日−01号 貴重種につきましては……、 ◎橋本環境保全係長 まず、貴重種につきましては、平成13年から14年の調査において、まず植物については6科8種、鳥類については4科6種、爬虫類については1科1種、魚類については2科2種、底性生物については1科1種が存在するということを確認しております。   もっと読む
2013-09-12 伊豆の国市議会 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月12日−05号 それでは、通告に従いまして1番、緊急地震速報について、2番、堂川及び用水路の「魚類」大量死についての2項目につきまして質問をさせていただきたいと思います。  市長並びに関係部局の優しく丁寧なご回答をよろしくお願いしたいと思います。  最初に、緊急地震速報について伺わせていただきます。   もっと読む
2013-06-20 函南町議会 平成25年  6月 定例会-06月20日−01号 今後の温室効果ガス排出量の削減方法としては、第一にプラスチック系ごみの削減を図ることと考えており、町民の皆様への利用抑制のご協力をお願いするとともに、最近の傾向として大手スーパーにおいては、肉類、魚類の入っているトレー等が、見た目のよさ、扱いやすさなどから発泡トレーからプラスチック製トレーに変わってきておりますので、事業者等の皆さんにもプラスチック製容器の使用減、使用抑制等のご協力依頼を行い、削減を もっと読む