497件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

掛川市議会 2020-03-23 令和 2年第 1回定例会( 2月)−03月23日-09号

初めに、全国の地方自治体と同じように、本市においても高度経済成長期の人口急増に伴って1970年から1980年頃に集中投資された公共施設老朽化が進み、施設更新需要が高まっています。この先、数年の間に巨額の更新投資負担が集中して発生することが予想されますが、税収減に加えて扶助費等の増大が見込まれる中、更新修繕費用の確保が懸念されています。  

伊東市議会 2020-03-06 令和 2年 3月 定例会−03月06日-05号

これは自分が勝手に感じていることなのですけれども、子育てをしていて、自分たちが育ってきた高度経済成長期というのは、アメリカより安い人件費で同じものを均一に、正確に早くつくる。そういうときは、車のラインとか電化製品ラインとか、和を乱すのはだめだという考え方はすごくわかるんです。

富士宮市議会 2020-03-04 03月04日-08号

さらに、我々40代から50代の世代の両親は、高度経済成長の中、社会生活を送ってきているため、我々世代でこれほどの格差が広がるということは想定していなかったと考える。だからこそ、今の子どもの世代教育から変えなくては、所得格差など解決できないと考えるが、いかがかお伺いします。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(佐野寿夫議員) 産業振興部長

三島市議会 2020-02-27 02月27日-02号

高度経済成長期、電子立国と呼ばれただけに残念であります。 さて、プログラミング教育を教科に取り込む上で、教員の皆さんがキーパーソンとなりますが、教員の研修の実施状況と今後の計画的なパソコン整備の考えについて伺います。 また、昨年IT技術者のピークと言われ、IT産業市場基盤拡大する中、人材が不足し、10年後には59万人が不足するものと見込まれています。

袋井市議会 2020-02-12 令和2年ごみ減量化特別委員会 本文 開催日:2020-02-12

このごみ問題の第2回目の委員会でも、ごみ問題の、ごみ処理の歴史について触れさせていただきましたけれども、ちょうど今から50年ぐらい前、昭和35年から昭和45年、五、六十年前ですけれども、高度経済成長に伴いまして、プラスチック製品の普及が進んで、廃棄物が急速に増加し始めたということで、ちょうど50年前、1970年に廃棄物処理法が制定されて、現在を迎えているということでありますけれども、その間、バブル経済

富士宮市議会 2020-02-12 02月12日-01号

高度経済成長の期待が込められた昭和30年の東京オリンピック、あれから約半世紀が経ちました。今、科学の分野において、当時とは比較にならないほどの大きな進歩を遂げています。 しかし、その一方で、所得格差地域コミュニティの衰退、社会的弱者増加など新たな課題も生まれました。そして、それらは本市においても重要な課題となっています。

長泉町議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-06-10

大都市東京としての課題は、高齢者増加対応、大規模災害対応老朽化マンションや空き家・空き室対策高度経済成長期に建設したインフラ老朽化人口増に追いつかない福祉子育て環境整備等が考えられます。その他にもまだたくさんあることでありましょう。  長泉町の住民とすれば、私の世代時代より以前から、関東圏にある学校への進学、通学、あるいは通勤、就職も比較的多いと思います。

静岡市議会 2019-06-03 令和元年6月定例会(第3日目) 本文

この大震災によって、大都市では、高度経済成長に取り残された老朽化した木造密集市街地災害に極めてもろいことを思い知らされました。被害の大きさは、防災力に大きく左右されることが初めて理解されることとなりました。  その後、平成16年に、新潟県中越地震が発生して、多数の土砂災害を併発し、中山間地災害にもろいことを学びました。  

三島市議会 2019-03-19 03月19日-07号

世界レベル経済の均衡が崩れ、日本経済に与える影響は予測すらできず、加えて、先進国の病と称される少子高齢化、さらに高度経済成長期とともに建設されたインフラを含む公共施設耐用年限を間近に控え、整備のあり方を検討しなければならないなど多くの懸案事項が急務となる中、世界に誇る日本技術や勤勉さがもたらすさまざまな正確性、いずれも先人が努力し、築き上げてきた日本の信用、信頼を失墜する事態に加え、我が子への

三島市議会 2019-02-21 02月21日-01号

次に、高齢者福祉といたしましては、第9次三島高齢者保健福祉計画及び第8期三島介護保険事業計画策定に向けた基礎調査を実施し、実態の把握と分析を行うほか、日本高度経済成長期を支えてこられた団塊の世代高齢期を迎える時期を間近に控え、世帯単位での高齢化がさらに進んでいく状況を見据え、要介護状態重度化防止や自立に対する支援を広く展開するとともに、認知症などの方が利用できる共同生活介護事業所等整備

掛川市議会 2019-02-20 平成31年第 1回定例会( 2月)−02月20日-01号

かつて日本は、高度経済成長の負の遺産として公害問題に直面した際、市民運動が大きな流れとなり国や企業を動かし、その努力は今、世界トップレベル環境技術につながっています。  全ての市民が知恵と勇気を出し合って起こす行動は、新たな技術や仕組みを生み出し、次の時代対応した持続可能な社会を築く大きな渦となり力となります。