32件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

静岡市議会 2018-02-05 平成30年2月定例会(第5日目) 本文

23 ◯建設局長伊東正高君) 私から地域活性化に貢献する道路整備について、どのように取り組んでいるのかについてですが、本市では、ヒトやモノの円滑な移動を目指し、高速道路清水港、観光拠点へのアクセス道路整備を重点に推進しており、今年度末には駿河区の国道150号静岡バイパス清水区の県道駒越富士見などの供用開始を予定しております。

静岡市議会 2017-03-06 平成29年 都市建設委員会 本文 2017-03-06

資料‐2の127ページの道路新設改良事業ですけれども、幾つかの改良事業が入っているわけですけれども、気になっているのは、清水病院の前の駒越富士見海岸沿いバイパスの前で途中でとまったわけですけれども、この工事内容はどういう格好になっているんですか。29年度ぐらいに開通するんですか。

静岡市議会 2015-10-07 平成27年 都市建設委員会 本文 2015-10-07

駒越富士見についてお聞きします。  これにつきましては、27年度、特に清水道路整備課課長以下の職員が、大変苦労されたというのは私も理解しております。特に駒越地区の住民の何人かが猛反対をしている。それによってテレビ、マスコミも入ってきた。そういった中で本当に苦労された。それを乗り越えて、これから工事に入ることは本当にありがたいことだと。

静岡市議会 2015-09-05 平成27年9月定例会(第5日目) 本文

また、市単独道路改良事業に関して、県道駒越富士見改良事業について早期完成を望む発言がありました。  国道150号静岡バイパス中島高架橋整備については、道路安全対策や近隣への騒音対策などにもしっかり取り組み事業進捗を図られたいとの要望がありました。  おおむね以上のような意見・要望の後、本件を表決に付したところ、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  

静岡市議会 2014-09-30 平成26年 都市建設委員会 本文 2014-09-30

91 ◯石野清水道路整備課長 駒越富士見という路線になります。通称駒富士と皆さんが言っています。今、委員のおっしゃったとおり、平成23年の大震災で一時工事が中止となり、そのままになっています。それからの進展についてですが、こちらが海岸清水バイパスですね、ここが現道の150号、旧久能街道です。現在施工済みがこのブルーで囲ったところです。

静岡市議会 2012-10-01 平成24年 都市建設委員会 本文 2012-10-01

上力工区につきましては、県道駒越富士見、上力交差点から桜橋方面へ627メートル、幅員18メートルの2車線で平成3年度に県が事業認可を取得しました。政令市となりまして、17年に事業を引き継ぎ、現在、静岡市で進めております。23年度末の進捗率は96%となっております。残る2件の事業用地取得に時間を要しておりますが、早期完成に向けて、粘り強く上部地権者と交渉しておるところでございます。  

静岡市議会 2012-07-31 平成24年 総合治水、海岸保全及び防災対策特別委員会 本文 2012-07-31

清水区につきましては、駒越富士見道路までということで、それとずっと北のほうに行けば、東名高速道路あと新幹線通りとか、そこら辺まで拡大して、津波避難ビルの指定も一応はさせていただきました。今までは海岸線沿いだけだったんですけれども、それよりもう少し高めていきましたので、そちらのほうは、徐々にですけれども、津波避難ビル対策区域ということで広まっております。  

静岡市議会 2011-12-15 平成23年 総合治水、海岸保全及び防災対策特別委員会 本文 2011-12-15

65 ◯望月危機管理部理事 海抜表示につきましては、対策エリアということで、駿河区については東名から南、清水区については駒越富士見それと新幹線から南側というエリアの中で、基本的には幹線部分中心に設置させていただいております。距離的には200メーター前後だと思うんですけれども、そうした配置を考えております。  

静岡市議会 2011-12-08 平成23年 総務委員会 本文 2011-12-08

概略で申し上げますと、(2)プラス5、81点というのが非常によい数字、駒越富士見道路改良工事です。これが高い評価を得た理由といたしましては、交通規制に伴って生ずる地元の調整、それから安全対策、このような配慮が良好だったというのがこのプラス5の理由でございます。  それから(3)から(5)、これは件名でおわかりのとおり、山脇大谷線の一連で施工した工事であります。

静岡市議会 2011-10-04 平成23年 都市建設委員会 本文 2011-10-04

それから、どのくらいあるのかということでございますが、平成22年までに完了したものが国道150号、下川原四丁目から広野三丁目、それから駒越富士見清水区駒越西から村松、それから山脇大谷線の東千代田から長沼、今後予定しておりますのが、静岡草薙清水線、中吉田から池田、それから中野小鹿線の中野新田から有明町、完了した部分がもう1つありまして、中野小鹿線までが今後予定しておりまして、富士由比線も22年度までに

静岡市議会 2011-06-02 平成23年6月定例会(第2日目) 本文

それから、清水区の県道駒越富士見道路改良工事について伺いたいわけでありますけれども、これは市立清水病院前の道路と150号清水バイパスとをアンダーパスでつなげる工事であります。駒越地区中心に、この工事が進みますと、津波が来たときの通り道になるのではないかと心配がされております。  

静岡市議会 2009-10-14 平成21年 都市建設委員会 本文 2009-10-14

10分の5.5の事業は、一般国道事業費補助として実施している国道362号大原谷津及び地方道事業費補助主要地方道山脇大谷線、並びに地域活力基盤創造交付金として実施しております一般県道駒越富士見、主要地方道井川湖御幸線等でございます。10分の4の事業は、まちづくり交付金として実施している市道羽衣海岸線です。

静岡市議会 2009-03-06 平成21年 都市建設委員会 本文 2009-03-06

主な取り組みといたしましては、県道駒越富士見などの排水性舗装を実施してまいります。  5番目、通学路を主体に安全・安心な交通環境を確保するとともに、障害者高齢者等交通弱者が安全に通行できる道路環境を構築してまいります。主な取り組みといたしましては、市道草薙日本平線などの歩道整備や次期無電柱化推進計画をもとに、平成21年度から5カ年計画静岡環状線などの電線共同溝整備を実施してまいります。  

静岡市議会 2007-12-04 平成19年 都市建設委員会 本文 2007-12-04

成果説明書にもあるんですけれども、静岡環状線とか駒越富士見等々今、やっているわけですけれども、順次整備しておりますが、まだ、本市においては先ほど言いました住居系の沿道で騒音レベルが超えている箇所が、国道150号の桃園ほか、あと路線、6カ所、延長にしまして約28キロについて、騒音測定の結果、レベルが超えているところということで、そこにつきまして今後、整備を進めていきたいと考えております。

  • 1
  • 2