35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

伊豆の国市議会 2017-09-07 09月07日-05号

子供たち通学路の列に車が突っ込み、多くの死傷者を出した事故や、児童8人死亡教師を含む15人が重軽傷を負った附属池田小学校差別殺傷事件わいせつ目的の誘拐、暴行等、これらの事故事件は他人事ではなく、当市においても決して起こらないとは限りません。 子供を持つ親として一番の心配事は、我が子が事件事故に巻き込まれないかということです。

富士市議会 2008-10-02 平成20年 9月 定例会−10月02日-06号

私は、2001年6月8日に起きた大阪教育大学附属池田小学校児童差別殺傷事件を思い出しました。幼い子どもが8名も亡くなる悲惨な事件でした。当時、この事件きっかけ小学校幼稚園、保育園など、子どもたちが頻繁に利用する教育関連施設にも警察官立ち寄り所の看板が設置され、警備体制を強化するなど、方策を主張する声もふえました。

静岡市議会 2008-09-02 平成20年9月定例会(第2日目) 本文

このように被害者数は、平成になって起きた無差別殺傷事件としては、くしくも7年前の同日6月8日、つまり同じ日に起きた、8名が殺傷された大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件に次ぐ事件となっているわけです。今は秋葉原の事件を例にしましたが、マスコミの全国紙で取り上げられた通り魔殺傷事件として、平成時代だけでも、およそ100件以上となっています。  

伊豆の国市議会 2005-06-27 06月27日-04号

また、2001年、大阪教育大附属池田小学校校内児童殺傷事件や、ことし2月の大阪寝屋川市立中央小学校教職員殺傷事件等、残虐きわまりない事件発生しております。 尊い命を簡単に外からの侵入者に一瞬のうちに奪われました。ご家族の心中を察し、衷心よりご冥福をお祈りいたします。 そこで、旧韮山地区ではいち早く防犯対策上で学校幼稚園での出入り口の門扉に施錠をしたり、警備員を配置しております。 

静岡市議会 2005-02-05 平成17年2月定例会(第5日目) 本文

ここ数年、8人が殺された大阪教育大学附属池田小学校の事例や、また、2人が刃物で切られた京都宇治市立宇治小学校など、学校児童が襲われる事件が相次いだわけであります。そのたびに学校の安全をどう守るかが問われてきました。日本では地域や家庭との結びつきを重んじ、安全対策をしながら学校の開放をするという姿勢を基本にしている学校は少なくないのではないでしょうか。

焼津市議会 2005-02-04 平成17年2月定例会(第4日) 本文

大阪寝屋川市立中央小学校で起きた教師殺傷事件について、中山文部科学大臣は、会見で、「大阪教育大学附属池田小学校事件があって、学校危機管理マニュアルの徹底に取り組んで、学校安全管理意識が高まり、94%が何らかの不審者対策に取り組み、91%が独自の防犯マニュアルを策定しているのに、こういうことが起きてしまったのは非常に残念である。

島田市議会 2004-12-02 (旧島田市)平成16年第5回定例会−12月02日-02号

大阪教育大学附属池田小学校事件後、外部からの侵入者に主眼を置いた、かけがえのない子供たちの命を守るためにという不審者対策に関する学校安全管理マニュアルに基づき、各自治体の教育委員会安全対策に取り組んでいます。  学校子供たちにとって安心して学べる場でなければならず、学校の安全に対する信頼が揺らぐようなことがあってはなりません。

焼津市議会 2004-11-03 平成16年11月定例会(第3日) 本文

3年半前に起きた大阪附属池田小学校事件では、校舎内に犯人が侵入して大きな事件を起こしました。これ以降、校舎内への不審者侵入を想定した訓練を中心に行ってまいりました。しかし最近は、登下校時の子どもたちをねらった犯罪が増えてまいりました。現在学校で行っている通学路危険箇所点検防犯ブザーの紹介、複数児童による下校、学区の駐在所との連携等をさらに徹底していきたいと考えております。  

御殿場市議会 2004-06-21 平成16年 6月定例会(第2号 6月21日)

また、兵庫県の大阪教育大学附属池田小学校事件後、本市では、小中学校の各教室防犯ブザーを設置しました。校内の自らの安全を守る手段については、検討してまいりたいと考えております。  以上、答弁とさせていただきます。             (「終わります。」と黒澤佳壽子君) ○議長(鈴木文一君)  以上で、21番 黒澤佳壽子議員の質問は終了いたしました。  

裾野市議会 2004-06-17 06月17日-一般質問-03号

平成13年6月の大阪教育大学附属池田小学校を初めとして、現在も全国各地で筆舌に尽くせない痛ましい事件が相次ぎ、抵抗できない幼児をどうして大人のうっぷん晴らしの的にするのか、以前には考えられなかった事件が起きております。子供が安心して通学できない時代になりました。過去には公明党市議団としまして平成5年に、子供の目線で見た通学路の総点検ということで総点検を実施いたしました。

島田市議会 2003-09-10 (旧島田市)平成15年第4回定例会−09月10日-02号

次に、大きな2番目として、大阪教育大学附属池田小学校で起きた児童8人の死亡、教諭2人を含む15人が重軽傷を負った事件は、発生から2年が経過しました。ふえ続ける学校犯罪、立ちおくれる国の対策安全神話が崩れた教育現場には危機感が募り、子供たちが安心して通うことができる学校を取り戻すにはどうすればいいのか、立ちおくれた対策を模索する現場危機感がうかがえます。

焼津市議会 2003-09-03 平成15年9月定例会(第3日) 本文

平成13年6月大阪教育大学附属池田小学校発生した児童殺傷事件判決公判が、先月28日大阪地裁で開かれ、求刑どおり被告人に死刑が言い渡されました。この事件で、安全でなければならない学校教育施設内で、このような凶行が行われたことに、国民は大きな衝撃を受けました。同時に、安全神話が崩れた各地教育現場では、事件後、子どもたちが安心して通うことができる学校づくりへの取り組みが進められております。

  • 1
  • 2