5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

静岡市議会 2020-09-29 令和2年 都市建設委員会 本文 2020-09-29

100 ◯池邨委員 それでは、次に、事務事業点検表3)の資料に移っていただいて、291ページの事業ナンバーが1211、長沼の渋滞解消事業ですけれども、鉄道立体に向けた調査検討が行われているということなんですが、昨年度の鉄道立体空間等検討結果について、概要をお伺いしたいと思います。

静岡市議会 1996-07-05 旧静岡市:平成8年第4回定例会(第5日目) 本文 1996-07-05

まず、静岡鉄道立体推進事業調査費900万円の調査内容について質問があり、当局から、新静岡駅から春日町・柚木駅までの延長2キロメートルについて、将来鉄道立体化した場合の沿線土地利用鉄道交差部分における幹線道路等に対する交通計画も含め調査を行うものであり、その結果をもとに国、県、市、鉄道事業者で構成している静鉄立体化推進事業検討委員会において、高架案地下案等可能性も含め調査検討していきたいとの

静岡市議会 1995-11-28 旧静岡市:平成7年第6回定例会(第2日目) 本文 1995-11-28

現在都市計画サイドの要請もあり、当社静岡線鉄道立体検討を行っているところであるが、現時点ではその時期、方法対象区間とも未定の段階である。したがって、現時点では当社静岡線をまたぐ恒久的構造物をつくられることは、将来鉄道立体の障害となる可能性があるので承認できない。というものです。市はこの公式見解を承知をしていたのですか。  次に、3条申請の問題です。  

静岡市議会 1994-12-02 旧静岡市:平成6年第6回定例会(第3日目) 本文 1994-12-02

それからもう1点、静岡鉄道立体調査を進めているが、結論はいつかということでございますが、現在、立体化の形式や道路との交差方法について調査を進めております。関係機関との協議や、さらに沿線まちづくりに対しての検討がまた必要ですので、これに対して結論調査の結果を待って、事業化に対しては相当な時間が必要と思われます。

  • 1