915件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三島市議会 2020-12-09 12月09日-06号

施設規模は、造成面積約3万5,000平方メートル、敷地面積は約1万7,000平方メートル、延べ床面積は約5,000平方メートルで、鉄筋コンクリート地上3階、地下1階の建物でございます。 施設内には研修室、体育館、ホール、栄養実習室などを備え、平成30年度は年間12万人の県民が利用しており、このうち三島市民利用は約65%であったと伺っております。 

三島市議会 2020-12-04 12月04日-03号

◆21番(杉澤正人君) N値、ボーリングして調査する数値だと思いますけれども、このN値50というのは、90メートルの、これが鉄筋コンクリートになるのか、あるいはどういう工法か分かりませんけれども、現在行われるであろう工法の荷重を支えるに足る数値というふうに理解してよろしいんですか。あるいは、それも聞きたいところですけれども、その数値はどういう経緯で計測されたものでしょうか、お伺いします。

焼津市議会 2020-11-03 令和2年11月定例会(第3日) 本文

次に、設計の考え方についてでありますが、基本的に都市公園法に定めている園路広場遊戯施設便益施設など、公園として必要な機能は借地公園であっても変わりませんが、土地の返却時に際し、鉄筋コンクリート造りのトイレなどの施設については財産の処分制限期間を考慮するなど十分な検討が必要となります。  

伊豆の国市議会 2020-09-30 09月30日-08号

譲与物件内容ですが、伊豆の国市南條1603番地の1に所在します旧韮山温泉館建物1棟、鉄筋コンクリート造平屋建て延べ床面積113.80平方メートル、及び使用券発行用券売機1台となっております。 使用用途につきましては、一般公衆浴場またはその他の公衆浴場に供することとしております。 なお、本仮契約につきましては、本議案のご議決をいただければ本契約となるものであります。 

伊東市議会 2020-09-10 令和 2年 9月 定例会-09月10日-04号

現在、耐用年数を20年以上残している鉄筋コンクリート住宅が882戸ありますので、1つの目安として、この規模ではないかと想定しているところでございます。 ◆8番(杉本一彦 君)882戸ぐらいまで削減できればなという話だったと思いますけれども、今、現在の利用戸数が非常に低いという話がありましたけど、1,040戸、今、伊東市では管理していますよと。

袋井市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第4号) 本文

この補助金見込額の内訳でございますが、約7万7,000平方メートルの土地に係る固定資産税相当額が1,000万円余、建築面積1万6,800平方メートル、地上4階建て鉄筋コンクリート造り工場棟などの家屋に係る固定資産税相当額が7,400万円余、生産設備などの償却資産に係る固定資産税相当額が5,400万円余であり、合計で1億3,983万9,000円を工場立地奨励補助金として見込んでおります。

島田市議会 2020-05-25 令和2年5月25日全員協議会-05月25日-01号

また、躯体構造でございますけれども、これはずっと検討課題としてやってきたわけですけれども、鉄筋コンクリート造、それから鉄骨造双方検討をしてまいりましたけれども、同等の性能を持つという前提でコストの要因というところで、今回、鉄筋コンクリート造を採用するということにしてございます。  

島田市議会 2020-05-11 令和2年5月11日厚生教育常任委員会−05月11日-01号

建物鉄筋コンクリート造平屋建てとなっておりまして、放射線治療を行うリニアック室の壁や天井には、厚さ約50センチの鉄板を入れております。  次に、資料左下記載地元調達率ですが、令和2年4月末時点での達成率は、目標の30.5%に対しまして29.6%となっており、残り0.9%となりました。引き続き目標が達成できるよう、履行確認をしていきたいと思います。  

袋井市議会 2020-04-22 令和2年総務委員会 本文 開催日:2020-04-22

この目標使用年数でございますけれども、これは日本建築学会のデータに基づいて定めたものということでありまして、鉄筋コンクリート造だと80年、それから、重量鉄骨造でも新しいものは80年、古いものでは60年、それから軽量鉄骨造では40年と、そうした目標を定めていると。そこまでは使っていきましょうということで、その時期をこの20年間で迎えるものについては、解体という表現をしているものでございます。

函南町議会 2020-03-11 03月11日-06号

この条例において、斜面の勾配が30度以上の急傾斜地での建築については、深基礎建物基礎による崩落土砂を受ける鉄筋コンクリート構造基礎について、建築確認申請時に指導されているため、安全性土砂崩落工事必要性については各自が自宅の建築確認申請を行った建築会社等に、特別警戒区域構造基準に適応しているか確認していただき、対策工事必要性検討していただければと考えております。 

島田市議会 2020-03-11 令和2年2月定例会-03月11日-06号

資料の9ページのほうに写真が載っておりますが、この煙突でございますが、施設は昭和57年3月の竣工で、鉄筋コンクリートづくりで高さが64メートルございます。煙突解体方法につきましては、見積もりの内容から、大型クレーンを用いたワイヤーソーによる切断の方法と、人力によるはつり落とし工法、そうした提案がございます。

静岡市議会 2020-03-09 令和2年 市民環境教育委員会 本文 2020-03-09

構造鉄筋コンクリート造り、塔の高さは13メートルと、非常に印象的なモニュメントランドマークのような感じでございます。  それで、状況としては平成19年1月に耐震性について補強の必要があるものと判定されました。30年度、塔の状況を確認したところ、モニュメント交差部コンクリートの浮きで、剥がれるのではないかということで、同年12月から忠霊塔のある山頂広場への立入禁止措置を行っています。  

島田市議会 2020-01-17 令和2年1月17日厚生教育常任委員会-01月17日-01号

一番右の欄に耐力度点数を記載してございますが、構造上、危険な状態にある建物とされるものは、鉄筋コンクリート造(RC造)では、1万点満点で4,500点以下になった建物のことをいいます。  今回の調査結果では、No.1、A棟床面積1,302平方メートル、配置図でいきますと、上の校舎北校舎の一番右の棟、この棟が4,109点で該当ということになります。  

三島市議会 2019-12-06 12月06日-05号

1つは、施設長寿命化ですが、平成29年度に行った構造体耐久性調査の結果から、平成30年度に作成した三島公共建築物長寿命化指針に基づき、鉄筋コンクリートづくり建物目標使用年数を60年から80年としたことで、今後も維持するとした学校施設等建て替えに要する多額の経費が不要となり、大規模改修経費に変わったことです。