4896件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御前崎市議会 2021-09-05 09月05日-02号

次に、「災害に強いまちづくり」では、南海トラフ巨大地震に備えた災害対策強化するため、池新田地区津波避難タワーの設置御前崎地区津波避難路の構築など津波避難困難地域の解消に努めてまいりました。また、旧消防庁舎御前崎拠点防災倉庫に改修し、国や県からの救援物資などを円滑かつ迅速に受け入れる体制確保しました。

御前崎市議会 2020-08-26 08月26日-01号

9月1日に予定されている総合防災訓練では、市や方面隊自主防災会などの相互連携救援態勢避難所運営態勢を確認していただき、身の回りの安全に配慮し、命を守る方策をしっかり検証していただきたいと思います。 先週の20日には、ぱしふぃっくびいなすが御前崎港に寄港し、当市としてもさまざまな歓迎イベントを実施しました。

島田市議会 2020-08-06 令和2年8月6日議会運営委員会-08月06日-01号

款消防費では、避難所における新型コロナウイルス感染症対策に要する経費増額するとともに、感染症対策の啓発に要する経費を計上するものでございます。  10款教育費では、小中学校における遠隔学習機能強化に要する経費を計上するものでございます。  次に、議案第92号 令和2年度島田市休日急患診療事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、御説明をいたします。

藤枝市議会 2020-07-08 令和 2年 6月定例月議会-07月08日-02号

項目め避難所に多くの人が密集することで感染リスクが増すことから、様々な避難先に地域人たち分散して避難をする、いわゆる分散避難が必要であるとされています。午前中の鈴木議員への御答弁でも、分散避難重要性について言及されました。これについて伺います。  1点目、本市が考える分散避難の在り方と、その実施に関する本市の準備状況について伺います。  

島田市議会 2020-06-29 令和2年6月定例会−06月29日-04号

危機管理課から、県では新型コロナウイルス感染も想定した避難所運営マニュアル作成を検討しているため、県のマニュアル作成された場合、本市のマニュアルも改定するとの説明がありました。  また、本年度の市の総合防災訓練は8月30日を予定しているが、会場型訓練は実施せず、自主防災会ごと訓練をしていただくようにお願いしているとの説明がありました。  

藤枝市議会 2020-06-29 令和 2年 6月定例月議会−06月29日-目次

 和 彦 議員) ………………………………………… 60    (1) 新型コロナウイルス感染症に関連して ……………………………… 60   4. 22番(薮 崎 幸 裕 議員) ………………………………………… 75    (1) 市長の所信表明について ……………………………………………… 75   5.  3番(増 田 克 彦 議員) ………………………………………… 89    (1) 避難

三島市議会 2020-06-18 06月18日-04号

また、本年4月には、市内の揺れやすさや全壊率などを示した地震防災マップ土砂災害ハザードマップ富士山火山ハザードマップに、今回策定いたしました洪水ハザードマップを加えた各種ハザードマップと気象の情報警戒レベル避難情報の種類、豪雨災害からの避難指定緊急避難場所一覧表など、防災マニュアル的な要素を1冊にまとめました三島市総合防災マップ市内の全世帯に配布したところでございます。 

島田市議会 2020-06-17 令和2年6月17日経済建設常任委員会-06月17日-01号

今議会の一般質問でもコロナ禍での災害発生時の避難の仕方ですとか、避難所運営について御質問を頂き、答弁をさせていただいているところではございます。お手元に「コロナ感染を想定した避難所運営避難の仕方【暫定版】」という資料を配付させていただきました。そちらを御覧ください。  冒頭の文章の部分でも触れておりますが、現在、県で、コロナ禍での避難所運営マニュアル作成中でございます。

島田市議会 2020-06-16 令和2年6月定例会−06月16日-03号

款消防費では、避難所における新型コロナウイルス感染症対策に要する経費を計上するものでございます。  10款教育費では、GIGAスクール構想実現に向けた児童及び生徒に対する1人1台端末の整備に要する経費増額し、小・中学校の1人1台端末早期実現を図るものでございます。  次に、議案第61号 令和2年度島田病院事業会計補正予算(第2号)につきまして御説明をいたします。  

裾野市議会 2020-06-15 06月15日-一般質問-03号

さらに、医療機関との協力体制強化していくほか、避難地を担当する従来の職員配置体制に加え、保健師配置や巡回を調整しています。  現在、この改良した避難所運営を実践するために、各避難地を担当する職員への周知を終えたところでありますが、今後、防災指導員自主防災会に対し、小規模単位での説明会研修会を実施し、安全で円滑な避難所運営に備えてまいります。  次に、(2)です。

磐田市議会 2020-06-15 06月15日-02号

次に、中項目3、避難所の3密対策についてお伺いします。 新型コロナウイルス感染症が収束しない中、これから本格的な梅雨や台風シーズンを迎えます。これまでの避難所運営を大幅に見直し、感染を広げない3密対策をしっかりと進めていく必要があります。大きな災害発生した際に、避難所での感染を恐れて避難をためらうことなく、危険な場所にいる人は避難することが原則となっています。

島田市議会 2020-06-10 令和2年6月定例会-06月10日-02号

主なものとして、避難スペース確保避難所における感染予防対策の徹底、及び在宅避難等の検討が挙げられます。まず、避難スペース確保として、指定避難所における体育館以外の教室等活用、2次、3次指定避難所の開設、自治会町内会公会堂等活用、車中避難などによりできる限り十分な避難所のスペース確保しなければならないと考えております。