358件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富士宮市議会 2021-03-15 03月15日-07号

個別最適な学びという形で学びを進めていきますけれども、もう一つ協働的学び、お互いに力を合わせながら一つのものを解決していく、そういう形で、教育委員会としましては、片方をあまり移さないで、双方のよさを生かしながら学校教育を進める中で、子どもたちにこれからの社会を生きていくような力、そういうものを身につけていってほしいなというふうに考えています。

三島市議会 2021-03-10 03月10日-04号

介護保険家族介護の大変さからスタートし、今また介護保険給付費等を抑制するため、在宅ケアへと政策を戻しています。独り暮らし高齢者の増加、核家族化が進展する中での在宅介護が果たして可能なのか、地域では共助としてのボランティア、豊岡市長が熱心に取り組むコミュニティ活動絆づくり在宅施設を医療・看護・介護でつなぐ地域包括ケアシステムの機能と地域包括支援センター役割は極めて重要になります。 

御殿場市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会(第4号 3月 8日)

経済対策の考え方として家計や企業の不安に対処すべく万全の「守り」を固めるとともに、新たな時代への「攻め」にを移すという、2つの大きな視点からなる、感染拡大防止コロナ後の経済構造の転換、国土強靭化の3本柱とし、民需主導成長軌道を確実にするとしています。  これらを踏まえ、コロナ禍における感染症対策、特にワクチン接種計画並びに経済支援等今後の本市の具体的な対応についてお伺いをいたします。  

袋井市議会 2021-02-08 令和3年ICT活用特別委員会 本文 開催日:2021-02-08

そうすると、人数にして、どのぐらいの人数対応していくのか、それも、その内容片方で、現地訪問支援業務内容最適化について研究していくということで、現地訪問支援主体となるような記述もありますし、片方で、リモートICT支援サポートの、そういった活用を図っていくということで、実際、がどのようになっていくのか。  

袋井市議会 2020-12-10 令和2年ICT活用特別委員会 本文 開催日:2020-12-10

んできたということだったんですけれども、実際のところ、9月に菅内閣が発足しまして、そこでデジタル庁関係もありましたし、あと、マイナンバーカードをもっとスピードアップして進めていかなければいかんだとか、そういったようなことがいろいろ出てきまして、議論をしていく上でのプライオリティーとすると、そちらのほうが少し優先順位が高くなっていて、総務省とするとそちらにかかり切りということではないですが、かなりそちらに

御殿場市議会 2020-09-18 令和 2年 9月定例会(第6号 9月18日)

また、兼業農家の方が勤め先を退職後に農業を移したり、サラリーマンが退職後に新規に就農したりするケースが本市でも増加しております。そういった60歳前後で就農された方も貴重な人材でございますので、今後もより一層、関係機関と連携し、農業研修の充実に努めたいと考えてございます。  以上でございます。 ○議長神野義孝君)  16番 勝間田博文議員

掛川市議会 2020-09-15 令和 2年第 5回定例会( 9月)−09月15日-02号

危機的な市の財政を持ちこたえさせ、市民生活公共の力で下支えしながら市民力にこそ依拠して危機を乗り越えていく仕組み、今こそ地域内再生産力といわれる底力を高めて地域内でお金が回る仕組み地域循環型経済構築を移す必要があると思います。市のお考えを伺います。   (1)市の行う公共事業、これは額においても雇用の面でも大きな役割を果たしています。

袋井市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第2号) 本文

いずれにせよ、政府はこうした予知を横に置いて救済にを移し、最初に被災しなかった側の住民にも1週間程度の避難を呼びかけています。  ところで、防災の日の9月1日は、1923年、10万5,000人余が亡くなった関東大震災が起こった日でもあります。約9万人は焼死者で、餓死者はいなかったという記録が残っています。この頃の東京の人口は約250万人で、被災者住民の半数を超える150万人。

掛川市議会 2020-09-01 令和 2年第 5回定例会( 9月)−09月01日-01号

市長管理・監督をし、住民の側にが立っているのか試されているのです。  議会の不適切行政事務調査特別委員会委員長報告書の 6ページに、再発防止のため (1)に早急に市長自らが相手先への直接謝罪をうたっています。   7ページ上段に、市長におかれましては、掛川市の代表としてこの事案の早期解決に向け、契約相手方に対し礼を尽くして謝罪とあります。つまり大変重い内容となっています。  

富士宮市議会 2020-03-03 03月03日-07号

中小企業振興施策を、中小企業のままでいることにインセンティブを与える施策から、未来の大企業を目指す意欲的な中小企業を支援する施策に移すべきではないか、お伺いします。 次に、みんなの幸せと潤いを創出するまちづくりからお伺いします。若年がん患者生活の質の向上及び経済的負担の軽減を図るため、若年がん患者等在宅療養生活に係る費用の助成について。

島田市議会 2019-08-02 令和元年8月2日予算・決算特別委員会総務生活分科会−08月02日-01号

上も多分出てくるから、こちらも一緒にあわせて政策課題としたほうがいいのかと思った理由でこれを選んだのですが、この辺がどこにを置きながらやるのかというのは、こちらに置いてしまっていいものかどうかというのは、皆さんでまた御判断いただければと思います。  以上です。 ○分科会長平松吉祝) 横山委員

磐田市議会 2019-06-17 06月17日-02号

リスク社会化なのか個人化なのかのどちらがいいのかということではなく、どのあたりにを置き、起きている課題に対しどのように課題解決を図っていくのかということが重要であると思っています。考えられる将来のリスクを明示することからスタートし、現状を説明し、とことん議論をし、市民皆さんを説得し、納得していただくことが行政や政治の役割であると思っています。 そこで、お伺いします。 

三島市議会 2019-03-14 03月14日-05号

今は合併するときではなく、広域行政を進めていくべきと考えておりまして、まずは自治体や市民相互の理解を得るために広域連携を置いた取り組みを行うことが重要ではないかというふうに認識をしております。 なお、今後も市民意識調査などにおきまして、直接市民の皆様から御意見を伺ってまいりたいというふうに考えております。以上です。 ◆22番(弓場重明君) 4つの点を、今お話を伺いさせていただきました。

裾野市議会 2019-03-13 03月13日-一般質問-04号

とはいえ、そういうことで限られた資源、財源でございますので、そのが重心がずれるということになってまいりますと、違うところにもということでバランスが大事だと思いますので、まずは子供たちの命を守るということは優先されるべきであろうというふうに今では考えております。  以上でございます。 ○議長土屋秀明) 15番、内藤法子議員

磐田市議会 2018-10-11 10月11日-07号

今後はアクセス方法や使い勝手にが移ってきます。今まで以上にしっかりと市民皆さんの声に耳を傾け、よりよいものに仕上げていくことに注力してほしいと思います。 3つ目は、定員適正化のうち、直営班技能職員対応です。維持継続は必要と思います。社会が変容している今日、民間に任せる部分は、高齢化社会の中での雇用政策ともからめ、考えていく部分と考えます。

御殿場市議会 2018-09-25 平成30年 9月定例会(第7号 9月25日)

このような観点から、具体的な数値や割合で申し上げることは難しいですが、今後、新築、増築を主体とする普通建設事業費から、長寿命化を見据えた維持補修費を移していく方針対応していきたいと考えております。  次に、2点目の市民サービス維持のための維持補修重要性についてお答えいたします。