1006件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御前崎市議会 2020-12-05 12月05日-02号

今、国のほうでは、平成27年から地方創生総合戦略を打ち出して、首都圏から地方のほうへ人を移住定住させるといった施策を5年間続けてまいりましたが、なかなかそれが実現できません。また、さらに第2期に向けまして総合戦略も始まったわけでありますが、地方へ移住を促進している中で、地方にはお医者さんが少ないということであります。

磐田市議会 2020-06-18 06月18日-04号

企画部長袴田浩之君) 初めに、基金目的から使途が幅広い、基金の在り方についてだと思いますけれども、基金設置目的である磐田市まちひと・しごと創生推進計画推進するための事業に要する経費は、本市の総合戦略と同じ内容で、地方創生に資する幅広い事業となっております。地域再生計画認定申請当たり国に相談した結果、このような指定となっております。 

島田市議会 2020-06-10 令和2年6月定例会-06月10日-02号

各種計画の最上位にある総合計画、そして人口展望を描くことにより、総合計画を補完するまちひと・しごと創生総合戦略の視点から答弁させていただきます。  まず、総合計画については、令和4年度から始まる後期基本計画策定作業を今年度から着手しております。軌道修正ともいえる基本構想部を含む大きな変更については、今後の状況を見ての判断となります。

藤枝市議会 2020-03-19 令和 2年 2月定例会−03月19日-05号

まず再来年度からの第2次の総合戦略策定する前に、これまでの第1次の5年間の地方創生がどうであったか、その検証なくトップランナーをうたうべきではないと思います。本市を含め、地方自治体の共通の悩みは人口減少です。ところが、この5年間はどうであったか。地方から都市部への人口流出はますます拡大し、合計特殊出生率は3年連続で低下し、目標に遠く及ばない状況です。

三島市議会 2020-03-17 03月17日-07号

第5次総合戦略もその一つです。 調べてみると、分かる範囲でも、昨年度10程度計画等策定業務委託があったのに対し、令和2年度は20近くの計画等策定業務委託料が計上されています。安易に外部委託に頼り切るのではなく、職員計画策定にしっかりと関わることで職員も育っていき、計画も絵に描いた餅で終わらずに済みます。他の課が立てた計画にも関心を持つ姿勢をしっかりと各課に期待いたします。 

島田市議会 2020-03-16 令和2年3月16日総務生活常任委員会−03月16日-01号

1つ目は、第2期島田まちひと・しごと創生総合戦略及び人口ビジョンについて、2つ目富士山静岡空港アクセスバス島田線減便について、2点でございます。この順番で説明をさせていただきます。よろしくお願いします。  第2期島田まちひと・しごと創生総合戦略総合戦略及び人口ビジョンから説明させていただきます。  

三島市議会 2020-03-12 03月12日-05号

庁内では毎月、総合戦略推進特別部会を開催し、このような動向の進捗状況報告、大要の検討を続けているところでございます。地権者の意向がまとまってきたというのは、事業を進める上で非常に大きな一歩でございますので、地元の要望を受けまして、市では来年度、可能性調査を予算計上させていただいたところでございます。 

掛川市議会 2020-03-10 令和 2年第 1回定例会( 2月)−03月10日-07号

持続発展可能な掛川市を目指し、2040年に人口12万人を達成するために、第 2期掛川地域創生総合戦略(案)では、2020年の合計特殊出生率を1.85、ゼロ歳児から 4歳児の人口を 5,470人、また2040年の合計特殊出生率を2.10、ゼロ歳児から 4歳児の人口を 6,587人とする将来展望が示されている。  こうした今後のゼロ歳児から 4歳児の人口増加に、いかに対応していく考えか伺う。