4297件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

袋井市議会 2021-03-08 令和3年建設経済委員会 本文 開催日:2021-03-08

それから、リサイクル関係でございますけれども、容器包装リサイクルのほうへ回っているものの推移ということでよろしいかと思いますけれども、数量の統計は取っておりますので、これは今、手元にございませんので、準備させていただきたいと思います。  それから、拠点回収でございますけれども、現在、株式会社袋井清掃のところと、それと日曜日に中遠クリーンセンター駐車場を使ってやっております。

袋井市議会 2021-02-08 令和3年ICT活用特別委員会 本文 開催日:2021-02-08

評価の仕方につきましては、これ、当然、総合計画なんかもPDCAを回していく中の教育の分野というと、その評価が大事になっていくと思いますので、そういった中でもしっかり検討していきたいと思いますし、もう授業が分かるというような子供たちの回答なんかも一つの評価の基準にしていこうかなと考えて、単に得点だけじゃなくて、自分はしっかりと理解できますという、そういった統計も追ってきておりますので、そういったところも

伊東市議会 2020-12-17 令和 2年12月 定例会-12月17日-03号

この答弁を受け、委員から、コロナ禍における外出自粛等高齢者重度化関係性について質疑があり、当局から、交流機会外出機会の減少が重度化影響を及ぼすとの統計結果があることから、居場所づくり介護予防事業などを引き続き行うことにより機会の創出を図っていきたいとの答弁がありました。  以上が論議の概要で、討論はなく、採決の結果、市議第54号は全会一致で原案を可決すべしと決定いたしました。  

裾野市議会 2020-12-15 12月15日-一般質問-05号

2015年に行いました農林業センサス統計による市内の林業の所有者につきましては459件となっております。  以上でございます。 ○議長賀茂博美) 8番、岩井良枝議員。 ◆8番(岩井良枝議員) 2015年の調査でということですけれども、裾野市で林地台帳というのを昨年、一昨年作成をしたと思うのですけれども、その459件とその台帳というのは合っているのでしょうか、全く別物なのでしょうか。

裾野市議会 2020-12-14 12月14日-一般質問-04号

(2)、(3)とも今年度に限って言えば、改善やFMの所管課は第5次総合計画策定ですとか、あるいは各種統計調査の執行、SDCC構想具現化、それから持続化給付金交付金関連コロナウイルス感染症関連の、いわば降って湧いたような事務が出てきた部署であります。改善個別計画策定までは手が回らなかったかな、人的支援が足りなかったのではないかなということは推察するところであります。  

裾野市議会 2020-12-10 12月10日-一般質問-03号

総務省統計によると2018年における世帯情報通信機器保有状況を見ると、スマートフォンが79.2%となり、パソコン74%を上回っています。しかし、令和年度、当市の市民意識調査では、市の情報入手方法について、ウェブサイト42.1%に対しフェイスブックが3.3%で、思いのほか少なかったように感じます。まだまだPRが足りないのではないでしょうか。

島田市議会 2020-12-10 令和2年12月10日総務生活常任委員会−12月10日-01号

戦略推進課長駒形進也) 今委員からの説明は、統計学的に許容範囲かどうかということではないかと思います。すみません。そこまでの分析までちょっと持っておりませんので、また総合計画を今度つくるときに、そういったことを踏まえて、議員の皆様あるいは総合計画審議会資料として出していくような形になろうかと。

静岡市議会 2020-12-08 令和2年 厚生委員会 本文 2020-12-08

83 ◯村松福祉総務課長 まず、相談にお見えになった方の年齢等でございますけれども、すみません、統計として利用しているものが、申請をされた方ではなくて、実際今、受けていらっしゃる方といいますか、過去受けていた方についての年代ということで数字整理しておりますので、こちらをお答えさせていただきたいと思います。  

島田市議会 2020-12-08 令和2年11月定例会-12月08日-06号

その中で再度質問のございました、要は、最高点最低点を除いて評価をするということもあるのではないかという御質問につきましては、先ほど部長が申したとおりですが、一般的に、最高最低を抜く場合には、統計的な数値について評価をするときに、例えば、ある年度で特殊な要因があった際に、その内容を5年間の平均に加えることが全体の評価影響を与えるような場合には、そういった手法が取られると理解をしております。  

御前崎市議会 2020-12-07 12月07日-02号

本年1月の統計になりますが、791世帯、1,970名の方が浸水区域内におり、企業につきましては株式会社、個人経営しております店舗や民宿なども含めますと、約260社があることを把握しております。 以上でございます。 ○議長増田雅伸議員) 9番、渥美昌裕議員。 ◆9番(渥美昌裕議員) 今、お聞きしますと、大分多くの方がそこにいらっしゃるということです。 

伊東市議会 2020-12-04 令和 2年12月 定例会-12月04日-02号

事業3は、会計年度任用職員人件費整理で、第4項選挙費第1目選挙管理委員会費、23ページにかけての第5項統計調査費第1目統計調査総務費及び第6項第1目監査委員費は、いずれも人件費整理であります。  第3款民生費第1項社会福祉費第1目社会福祉総務費事業1は、人件費整理で、事業2及び26ページにかけての事業4は、会計年度任用職員人件費整理であります。

藤枝市議会 2020-12-03 令和2年藤枝市議会定例会11月定例月議会-12月03日-02号

総務部長小澤一成) 先ほどの私が申し上げました37.6%が換算値だという大石信生議員の御指摘でございますけれども、これは統計の取り方としまして非正規職員勤務形態が実は様々でございまして、週37.5時間勤務する方もいらっしゃれば、月に3時間だけ勤務する方もいらっしゃいます。

島田市議会 2020-12-03 令和2年11月定例会-12月03日-04号

政策効果の測定に重要な関連を持つ情報統計等のデータを活用したEBPM推進は、政策有効性を高め、行政への信頼確保に資するものです。特に、デジタル化の進展に伴い、情報統計資料などの入手分析もしやすくなったことから、EBPMへの取組として、データに基づく政策展開政策評価ができるものと考えております。  次に、2の(1)の御質問についてお答えをいたします。