65件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三島市議会 2019-12-09 12月09日-06号

また、避難所と各自主防災組織との連絡用として準備しております簡易無線機につきましては、学校事務室等において保管しておりましたけれども、学校職員が参集しないと無線が利用できないという課題がありましたので、無線機保管場所体育館に変更できないか、学校教育委員会協議してまいります。以上です。 ◎都市基盤部長鈴木重利君) 私からは、洪水ハザードマップの公表が今になった経緯についてお答えします。 

伊東市議会 2019-12-04 令和 元年12月 定例会-12月04日-04号

第2目住宅建設費及び56ページに参りましての第9款第1項消防費第2目非常備消防費事業1は、ともに人件費の整理で、事業2は、8節に不足が見込まれる消防団員退職報償金追加を、9節に、台風15号の被害対応出動などにより、不足が見込まれる出動費用弁償及び県ポンプ操法大会出場に伴う訓練費用弁償を、11節に、簡易無線機の修繕料を、14節に、県ポンプ操法大会出場において使用したバスの借上料を計上いたします。

富士宮市議会 2019-11-29 11月29日-03号

これらの地域孤立支援対策ですが、災害時の情報伝達手段として、各行政区に原則1台ずつ配備しているデジタル簡易無線機を追加配備しています。具体的には、上稲子区には1台を追加配備するとともに、通信状況強化するために、稲子小学校には通信アンテナを増設しています。また、野下と橋上の町内会には、町内会用としての無線機追加配備し、通信拠点となる内房小学校には通信アンテナを増設しています。 

裾野市議会 2019-03-14 03月14日-一般質問-05号

今年度は、班長以上の分団員に貸与できるよう、デジタル簡易無線整備を行いました。また、活動服など更新の必要な物品につきましては、規則の規定にのっとり支給をしておること。あと、その辺のことにつきましては、団本部協議を行いながら計画的に整備を行っているところでございます。 ○議長(土屋秀明) 16番、岡本和枝議員。 ◆16番(岡本和枝議員) わかりました。

三島市議会 2018-09-28 09月28日-06号

初めに、安全・安心に暮らせるまちにおきましては、自主防災組織へのデジタル簡易無線機の配備とともに土砂災害ハザードマップの作成や急傾斜地の崩壊防止など、防災減災対策強化を図られましたことを高く評価させていただきます。 また、高齢者福祉では、外出支援に向けましたタクシー利用助成追加生きがいづくり機会拡充など、健康寿命の延伸、介護の重度化防止に寄与したものと評価をいたします。 

三島市議会 2017-12-05 12月05日-02号

民間福祉施設からは、電話が使用できない場合の連絡手段開設可否の判断に対する疑問点などについて御質問があったため、新たに全施設簡易無線を貸与し、また個別の質問に対する回答もしてまいりました。 次に、マニュアル運用方法についてでございますが、災害時には、このマニュアル福祉避難所開設及び運営手順書となっているため、フロー図に従い行動し、様式を使って報告や要請を行っていくこととなっております。 

三島市議会 2017-02-21 02月21日-01号

このため、自主防災組織デジタル簡易無線機の整備を新たに進めるほか、佐野地区の第5分団詰所の建て替えと大場地区16分団の消防ポンプ自動車更新により、地域防災力のかなめとなる消防団機能強化を図ってまいります。 また、本年5月には、国土交通省最大級広域水防訓練が三島市で開催されますことから、この訓練をもとに、発災時には国・県等と確実な連携がとれるよう、万全な体制を整えてまいります。 

掛川市議会 2016-10-05 平成28年第 3回定例会( 9月)−10月05日-05号

厳しい財政状況の中ではありますが、災害による死亡者ゼロを目指す掛川市地震津波対策アクションプログラムを推進し、海岸防災林強化事業中央消防署建設事業のほか、各広域避難所等へのデジタル簡易無線機配備による災害時の情報伝達体制強化など、市民の生命、財産を守るため、地震津波対策に積極的に取り組まれたことについて大いに評価するものであります。   3点目は地域経済活性化対策であります。  

富士市議会 2016-10-05 平成28年 9月 定例会-10月05日-05号

また、情報伝達機器等の充実として、昨年度にデジタル簡易無線機を追加配備し、消防団装備改善を図っております。さらに、平成26年2月に消防団員服制基準が改正され、活動服機能性デザイン性向上及び団員の士気向上の観点から、新基準活動服が示されておりますので、若い世代への魅力向上のため導入計画を検討してまいります。

掛川市議会 2016-09-01 平成28年第 3回定例会( 9月)−09月01日-01号

17ページ中段から消防費となりますが、中央消防署建設事業では、あらゆる災害に迅速対応可能な庁舎が完成し、年度末から本運営を開始したほか、 1枚めくっていただいて、18ページの中段、命を守る情報伝達手段拡充として、防災ラジオの配布や、各広域避難所地域避難所へのデジタル簡易無線機配備を実施いたしました。  

伊東市議会 2016-08-31 平成28年 9月 定例会-08月31日-01号

第2目非常備消防費は、携帯型や車載型などのデジタル簡易無線機の整備に取り組んだことなどから、対前年度比で1,960万3,867円増額の決算となっております。事業1は、消防団行事に係る消防職員の時間外勤務手当で、259ページにかけての事業2は、消防団員の報酬や退職報償金訓練や夜警に伴う費用弁償消防ホースデジタル簡易無線機等購入経費などが主な支出であります。

伊東市議会 2015-12-04 平成27年12月 定例会-12月04日-03号

第2目非常備消防費事業1は、職員の時間外勤務手当追加で、48ページに参りましての事業2は、緊急地震津波対策基金繰入金を活用し、各消防団配備するデジタル簡易無線機や災害救助機材購入費追加するものであります。第3目消防施設費は、南幼稚園耐震性貯水槽建設工事において予測していなかった岩盤が出てきたことから、不足する工事請負費を増額いたします。

伊東市議会 2015-12-02 平成27年12月 定例会-12月02日-01号

有害鳥獣対策事業実施状況につきましては、県やあいら伊豆広域有害鳥獣対策協議会とも連携をしながら、有害鳥獣捕獲に努めるとともに、捕獲報奨金狩猟免許取得費用等の補助、捕獲器防護柵整備に係る継続的な支援、さらには猟友会へのデジタル簡易無線機等の貸与などを通して、駆除と防除の両面から積極的な対策を実施しております。