7857件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

焼津市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会〔資料〕

│    │     しかし世界の研究者などからは、バイオマスプラスチックを大量につくろうとすれば  │    │    食料生産と競合する恐れがあり、生分解性プラスチックは、分解途中はマイクロプラス  │    │    チック化してしまうなど「バイオプラスチックはバラ色の解決策ではない」としている。 

掛川市議会 2019-05-14 令和 元年第 2回臨時会( 5月)-05月14日-01号

議会報告会を開催するなど、広報広聴機能の充実と強化に向けた調査研究をするため、地方自治法第 109条第 4項及び掛川市議会委員会条例第 6条第 1項の規定によりまして、広報広聴特別委員会を置きます。   2、条例第 6条第 2項に規定する委員の定数は14名といたします。   3、委員会は議会の閉会中も調査を行うものとし、調査終了後も継続するものとします。  以上でございます。

袋井市議会 2019-05-07 令和元年全員協議会 本文 開催日:2019-05-07

それから、2点目は、質の担保ということで、袋井市の教育方針をいかに理解してもらうかということで、要は、市内の事業者の皆さんとはある程度今までいろいろな形で説明をし、研究会等々も参加していただいたということですが、そういう点では市外の皆さんとはまたゼロからのスタートということになりますので、そこら辺のところで同じようにテーブルにというのは少し難しいところがあるかなと思うんですけれども、私は、個別でやるよりもやはり

島田市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-07号

再開後、所管事務調査について、前回の意見、提案を踏まえ、正・副委員長で話し合いを持ち、調査テーマを島田市下水道事業の現状と課題に関する研究としたい旨を委員に伝えたところ、全員一致で研究テーマを「島田市下水道事業の現状と課題に関する研究」とすることに決まりました。  

清水町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日) 本文 開催日: 2019-03-22

議会運営委員会とは議会運営の責任者である議長の諮問的な性格を有する最重要機関でありますが、この4年間を振り返ってみますと、議会運営等にかかわる知識、経験を積むためには現行の任期1年はあまりにも短く、諮問に対する調査・研究、あるいはテーマを持った委員会としての活動も限られるなど幾つかの課題が生じております。

伊東市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-07号

それを踏まえ、保存がされてこその活用であり、活用には慎重な姿勢であるべきと考えるが、活用の方向性が見込まれる場合、または市長部局へ管理が移管される際は、配慮すべき事由について十分な研究を行っていただきたいとの意見がありました。  

袋井市議会 2019-03-22 平成31年全員協議会 本文 開催日:2019-03-22

比率で言うと、方丈が12%余で最も多いということでありますが、人口絶対数で見ると、袋井北地区が885人、浅羽北が437人ということでありまして、こうしたプライオリティーを使いながら、各自治会の皆さん方と連携しつつ、先ほど多言語で案内を出すだとか、入り口でビデオ等の話をするだとか、さまざまな対応をされているようですけれども、こうした既に800人余入っているような地域、そういうところの状況もつぶさに調査研究

静岡市議会 2019-03-20 平成31年 中山間地活性化調査特別委員会 本文 2019-03-20

一応、4年間で一つの形をまとめていくということになりますので、この1年間の活動としては、本来であるならば現状把握、あるいは、当局との中山間振興に向けての具体的な政策への調査研究といったものがなければならなかったなと思っていますので、反省をすべきだと感じておりまして、なぜそれができなかったのかということは全委員の責任だとは思いますけれども、正副委員長でもその辺のところについては反省を持っていただきたいと

島田市議会 2019-03-15 平成31年3月15日厚生教育常任委員会-03月15日-01号

◆委員(福田正男) だからその辺をもう少し、全協でもお話ししましたけれども、調査研究というか、ある程度、性急にこれを導入するのではなくて、もう少し調査研究して納得のいく内容にしていただいて、それでそのような受ける業者もシミュレーションしていただいて、プロポーザルで参加できる企業はこれぐらいの企業が出てきて、こういう打ち合わせをしてありますと。

島田市議会 2019-03-15 平成31年3月15日経済建設常任委員会−03月15日-01号

◆委員(横山香理) 私もいろいろ考えさせていただきましたけれども、やはりまだまだ、それこそじっくりお互いが調査研究していかなければならないのではないかと思いますし、余りにも課題が多くて、これを可決して、では市民の方に説明となりますと、私は説明がなかなかできないです。

島田市議会 2019-03-15 平成31年3月15日総務生活常任委員会−03月15日-01号

今後業務の見直しというもの、また、その包括業務委託の内容につきましてもさらに研究する必要があり、また、今回10月からの包括業務委託を前提とした、この当初予算につきましては、今回時期尚早と感じ、反対させていただき、また、当局としても再検討を促して反対させていただきたいと思います。  以上です。 ○委員長(曽根嘉明) ほかにございますか。  齊藤委員。

御殿場市議会 2019-03-15 平成31年予算決算委員会経済環境分科会( 3月15日)

市の取り組みといたしましては、費用がかかっていないので、予算には計上されておりませんけれども、今年度、県の「ふじのくに地域・大学コンソーシアム」平成30年度ゼミ学生等地域貢献推進事業というのがございまして、そちらのほうに本市で課題として空き店舗の実態調査及び空き店舗活用事例による地域振興策研究というのを課題として応募をさせていただきまして、応募のあった静岡英和学院大学と連携して、空き店舗の実態調査とともに

御殿場市議会 2019-03-14 平成31年予算決算委員会福祉文教分科会( 3月14日)

こちらの事業につきましては、市のほうで委員会を組織しておりまして、弁護士の先生ですとか、あとはお医者さんの先生、あとは教育の専門家の方で委員会を組織しまして、学校における学校生活で重大ないじめ事案があった場合に、そちらを調査しまして、その後、内容の取りまとめ、あとまた調査研究発表をする組織となっております。  

袋井市議会 2019-03-13 平成31年建設経済委員会 本文 開催日:2019-03-13

ですから、そうしたことで特定財源が何とか見込めないかということで、今、その辺の研究をしています。そうしたことをもろもろ合わせて残り27%分、もう73%できていますからね、残り27%をやろうかという。これ、とにかく早くやろうということで、平成27年から15年の計画だからいいやとかそういうことじゃなくて、表向きはそうですよ。