運営者 Bitlet 姉妹サービス
6623件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月21日−06号 別の委員より、補聴器着用による認知症予防への効果について、研究データなどの科学的根拠はあるかとの問いに、近年、やっと研究対象となってきたばかりで、現時点で科学的な数値の根拠はない。しかし、科学的な根拠が出るまで待つという風潮ではないと思うとのことでした。   もっと読む
2018-12-21 三島市議会 平成30年 12月 議会基本条例等検討特別委員会(第14回)-12月21日−01号 調査研究、政策立案などのことと、第2項で会議の公開ということをうたっていたんですけれども、ここの第5章の中身というのは、自由討議ですとか政策提言、立案という中で、ここに公開が入っているのが少しおかしい、違和感がありますよということでございましたので、この14条から公開の関係を外させていただきまして、前のページに戻ってください、6ページ、8条の第3項に委員会の会議の公開を移しました。 もっと読む
2018-12-21 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月21日-06号 当局説明の後、質疑を求めたところ、特に申し上げるべき質疑なく、委員間討議を求めたところ、委員より、簡易水道はわかりにくい部分が多いので、調査研究を重ねるべきとの意見が出され、他の委員より、簡易水道の源流では土砂や流木、葉が詰まる等の問題があるので、一度現地調査をしたほうがよいとの意見がありました。   もっと読む
2018-12-14 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−06号 先日の西伊豆町のほうで職員の方のひき逃げ事案があったばかりだと思いますけれども、やはり事故に対しての事例をしっかりと研究をしておかないと、今小さな事故で済んでいると思いますが、これが必ず大きな事故につながってくるので、ぜひ事故事例の研究、そういう事例を皆さんで共有していただいて、これから事故がないよう、またよろしくお願いをいたします。  以上です。 ○議長(天野佐代里君) ほかにありませんか。   もっと読む
2018-12-13 富士市議会 平成30年11月 定例会−12月13日-06号 いろんな角度で検討し、研究をし、そういったものを保全公社の皆さんに資料提供していったり、一緒になって安全な方法を考える。これが市と公社とのかかわり方で一番大事なことだろうと私は思っております。次の処分場を富士市が先頭に立ってやるのではなく、いろんな情報を提供し、どうしたものが安全なのかを考えること。 もっと読む
2018-12-13 伊東市議会 平成30年12月 定例会−12月13日-04号 において、公益通報者保護に関する規定を盛り込むことについての意見があったことを踏まえ、公益通報者保護制度に関し、どのような検討がされたのかを問う旨の質疑があり、当局から、内部通報制度の必要性は十分理解していることから、本条例のみでなく、市の業務全体にかかわることとして、内部統制として別に体制を整備するなど、より大きな枠組みで検討すべきと考えているとの答弁があり、さらに、現在、県が主催する内部統制等に係る研究もっと読む
2018-12-12 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第3号12月12日) 一昔前は、がんイコール死というイメージであったと思いますが、近年はノーベル医学生理学賞を受賞されました京都大学の本庶佑特別教授の研究から生まれた画期的ながん免疫治療薬「オプジーボ」により、抗がん剤や手術による治療が難しい末期のがんでも効果が示され、多くの患者に希望を与えています。   もっと読む
2018-12-12 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月12日-05号 本市におきましても、昨年9月に日本製紙株式会社が東京都から市内にCNF研究所を移転し、CNFを活用した強化樹脂の研究を行っており、また、富士工業技術支援センターにおいては、本年4月にCNFの研究開発に特化したCNF科を新設し、紙・パルプ産業を初めとした地域産業の活性化に向けて技術開発や応用製品開発を進めております。 もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) これらの手法は事業の効率化、経費の縮減など、長期的に安定した行政運営とともに、市民サービスの安定、向上につながる施策の一つと考えておりますことから、これからもさらに効率的かつコスト削減効果の高い手法を研究し、積極的に取り入れてまいりたい、そのように考えております。   もっと読む
2018-12-11 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月11日-04号 これからの地域戦略を策定していく中で非常に参考になると思われますけれども、このようなものを参考にして、先進事例も十分に研究していくということも進めていただけるということでよろしいでしょうか。 ○議長(望月昇 議員) 環境部長。 ◎環境部長(栢森孝幸 君) つくるに当たりましては、富士市らしさ、わかりやすさということを重点に置いてつくりたいと思っています。 もっと読む
2018-12-10 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 民生教育委員会-12月10日−01号 ◎請願者(野澤正利君) 厚生労働省の研究班というのが調査していますけれども、認知症にかかる人の割合は65から69歳までの約3%、85から89歳が41%、95歳以上で80%に達すると。 もっと読む
2018-12-10 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月10日-03号 特別講演として、安全教育・犯罪社会学研究の第一人者であるNPO法人日本子どもの安全教育総合研究所理事長の宮田美恵子氏に通学路の子どもの安全対策と題して講演していただきました。 もっと読む
2018-12-07 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月07日-02号 このようなシステムは、誰もが気軽に通報することで、より多くの情報を収集することが期待できると考えておりますので、本市におきましても、今後、先進事例を参考に、費用対効果や運用方法等について調査研究を行い、導入の可能性について検討してまいります。   もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 市内全域で小中一貫教育、これが研究推進されています。現時点でどのような課題が生まれているのかを伺います。 ○副議長(榛葉正樹君) 答弁願います。教育長、佐藤嘉晃君。 ◎教育長(佐藤嘉晃君) 小中一貫教育、現時点での課題についてですが、現在原野谷・城東の 2学園の小中学校を対象に、平成29年度から 3年間の期間で小中一貫教育のカリキュラム研究を行っております。 もっと読む
2018-12-06 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月06日−04号 今後の対策でございますが、市民への情報提供のあり方などについて調査・研究を進めるとともに、早期に庁内全体の検証結果が出せますよう取り組んでいきたいと思っております。   もっと読む
2018-12-05 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月05日−03号 市政のさらなる推進及び人材育成を図るため、庁内の諸課題に応じた横断的な協議の場であるプロジェクトチームやワーキングに加えまして、職員が自主的に話し合えるような場づくりについても研究してまいります。   もっと読む
2018-12-05 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号 今後も引き続き被覆栽培に適した品種への改植、専門機関である県茶業研究センターや、両農協とも連携を図りながら茶農家への支援に取り組んでまいります。  これから需要がふえていくというふうに思っておりますので、しっかり県、農協も含めて連携を取って進めていきたいと思っております。   もっと読む
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 インボイス制度の導入は、平成35年、元号が変わりますので、2023年となりますが、10月からの予定となっており、現時点で市の取引上の影響については不明でありますが、今後影響の有無も含め、研究、検討を行ってまいります。   もっと読む
2018-12-04 伊東市議会 平成30年12月 定例会-12月04日-03号 現在、静岡県と県内市町におきまして行政経営研究会というのを組織してございまして、いわゆる内部統制の体制整備について検討を始めたところでございます。 もっと読む
2018-12-04 富士市議会 平成30年12月 文教民生委員会-12月04日-01号 こうしたところに絡めまして、保育の質の向上とか保育士の負担軽減という観点から、公立施設のICT化の必要性についても研究してまいりたいと考えております。 ◆川窪 委員 非常にいい、前向きなことだと思うんですよ。 もっと読む