1775件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

掛川市議会 2019-06-28 令和 元年第 3回定例会( 6月)−06月28日-04号

中地区の生活支援車の取り組みなども、私、地域の力ですごいなと感心しています。しかし、規模が小さいまち協が協働のまちづくり事業の一つとして自家用有償運送事業を行うというのは、担い手の確保の面でも非常に大変だと思います。将来にわたっての持続可能性、他地域への波及の可能性には課題がたくさんあると思うんですが、いかがでしょうか。 ○議長(大石勇君) 答弁を求めます。市長、松井三郎君。

掛川市議会 2019-06-27 令和 元年第 3回定例会( 6月)−06月27日-03号

◆6番(富田まゆみ君) 買い物や通院といった生活の足をサポートすることは、運転免許返納後の生活支援において最重要課題となっていると思います。  栃木県の那須で実験的に行われている送迎サービスがありまして、登録した車の運転者と乗客をアプリでマッチングするサービスとなっています。

島田市議会 2019-06-13 令和元年6月定例会-06月13日-04号

市といたしましては、島田市社会福祉議会生活支援コーディネーター活動業務を委託し、高齢者社会参加及び地域における支え合い体制の整備を推進するなど、担い手の発掘、養成、活動への支援を行っております。  地域社会参加意識を的確に捉え、より多くの高齢者社会参加できるよう、活躍できる場に関する情報提供やマッチング等を行い、活動の発展や拡大に向けた支援を充実していきたいと考えております。  

島田市議会 2019-06-12 令和元年6月定例会−06月12日-03号

また、静岡県警察では、免許証の自主返納者に対する生活支援目的として、運転経歴証明書の提示によりさまざまな特典やサービスを受けられる運転免許自主返納者サポート事業を行っております。市では、運転経歴証明書交付にかかる手数料の助成について現在検討を進めております。  次に、1の(2)のCの御質問についてお答えをいたします。  

島田市議会 2019-06-11 令和元年6月定例会-06月11日-02号

◆12番(杉野直樹議員) このプランですけれども、外国人市民に対するコミュニケーション支援、そして生活支援、多文化共生の地域づくり、多文化共生の推進体制の整備を挙げています。  では、島田市のこれまでの取り組みとして、多文化共生の地域づくりに関する取り組みは何かあるのでしょうか。 ○議長(村田千鶴子議員) 谷河産業観光部長

清水町議会 2019-06-03 令和元年第2回定例会(第1日) 本文 開催日: 2019-06-03

教育支援に関しましては、各種の相談支援をはじめ低学年生活支援不登校対策支援のほか、外国語児童生徒への支援などを継続実施し、子供たち一人一人が自らの夢に向かって主体的に学ぶ場の確保に努めてまいります。  小中学校教育環境の充実に向けた取り組みといたしましては、ALTによる英語教育の推進とタブレット端末等を活用したICT教育の推進など、さらなる学力の向上を図ってまいります。  

島田市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-07号

当局からの補足説明はなく、委員から放課後児童クラブの待機児童保育園の防犯カメラ設置や待機児童数、結婚生活支援事業について質疑がありましたが、報告は省略いたします。  次に、歳出3款民生費3項1目生活保護総務費から歳出3款民生費5項1目災害救助費までを審査しました。  当局からの補足説明はなく、新規の家計改善支援事業等について質疑がありましたが、報告は省略いたします。  

掛川市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月22日-09号

また、各ふくしあに配置した生活支援コーディネーターと認知症地域支援推進員が各地域のまちづくり協議会や地区福祉議会と連携し、地域見守りネットワークの立ち上げや運営支援を行っております。  以上のことから、平成31年度予算は、市民ニーズを反映した予算編成であると評価するものであります。  

長泉町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-22

との質疑に対し、遺族等への見舞金のほか、ヘルパー派遣等の日常生活支援業務委託生活支援物品のレンタル経費、職員の研修のための旅費協定締結している静岡犯罪被害者支援センターへの負担金を予算に計上した。また、平成31年度は犯罪被害者等支援のための施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、犯罪被害者等支援推進計画を策定し、計画に沿った取り組みを関係各課で推進していく。との答弁がありました。  

島田市議会 2019-03-15 平成31年3月15日厚生教育常任委員会-03月15日-01号

それから学校教育支援のほうでは、2番の学校生活生活支援というものがありますが、例えば1年生に入った子の下校が最初は心配なので、下校のコースをいろいろ、あちら方面、こちら方面とありますね。そのようなものも支援員の手が欲しくて支援員の仕事になってしまうとか、水泳指導などもやっている。実際に支援員が特別支援学級の子と一緒にプールに入るような指導をしているということもあります。

掛川市議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月07日-06号

交通弱者の対策は、地域でも大きな課題と捉えており、中地区まちづくり協議会では本年度より生活支援車事業が始まり、来年度には原田地区、倉真地区も生活支援車への切りかえを予定しているということも伺っております。地域住民により支え合う生活支援車の取り組みは、とてもすばらしい取り組みであり、先進事例が全市に広がることを期待しております。  

長泉町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-03-07

共同通信社が昨年11月から本年1月まで、全国1,788自治体を対象に行った全国自治体調査によりますと、外国人労働者の受け入れ拡大で雇用主らに求められる生活支援日本人と同等以上の報酬水準といった適正処遇について、市区町村の半数近くが実現を懸念しているとのことでありました。調査には99%にあたる1,768自治体が応じたとのことです。