90件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜松市議会 2018-12-03 平成30年 11月 定例会(第4回)-12月03日−20号

まず、水質について、平成13年から平成18年までの6年間連続で、全国の湖沼における水質調査結果で、COD、−−化学的酸素要求量の年平均値がワースト1位であったことも十年一昔、随分と向上してきているとはいえ、佐鳴湖が置かれている状況を考えますと、予断は許されません。そこで、佐鳴湖の環境向上について伺います。  まず1点目、水環境について。  

静岡市議会 2018-10-02 平成30年 都市建設委員会 本文 2018-10-02

17 ◯鈴木緑地政策課長 鯨ケ池周辺は新静岡インターチェンジ付近の本市の新たな玄関口として、また、賤機山のハイキングコースの北側の起点という立地に加えまして、市内最大の淡水の湖沼として貴重な地域資源であり、憩いやレクリエーション、景観、自然環境など、さまざまな機能において高いポテンシャルを有していると考えております。  

伊東市議会 2018-03-19 平成30年 3月 定例会−03月19日-07号

(8) 伊東市景観計画における景観計画区域  (9) 前各号に掲げるもののほか、次のいずれかの地区に該当するものとして市長が別に定める地区 ア 山岳、河川、森林、湖沼等の所在する自然環境が良好な地区のうち、その地区の周辺の自然的社会的諸条件からみて、その地区における自然環境を保全することが特に必要と認められる地区 イ 歴史的な特色を有する地区のうち、その地区の周辺の生活環境を含む自然的社会的諸条件からみて

藤枝市議会 2017-09-08 平成29年 9月定例会−09月08日-03号

カワウは集団で行動いたしまして、半径15キロメートルほどの範囲の沿岸部や、あるいは河川・湖沼で魚を捕食するために、その中心付近に拠点となります営巣地、いわゆるコロニーが形成されます。そして、個体数の増加による捕食等の被害を防ぐためには、まずこのコロニーの分布を把握いたしまして、個体群の管理を行うことが求められます。  

浜松市議会 2016-03-14 平成28年  3月 建設消防委員会-03月14日−01号

表4.1.1の一番上の見出しですが、「管路が腐食しにくい地盤」、「管路が腐食しやすい地盤」と記載してありますが、もともとはよい地盤、悪い地盤という表現であり、何がよくて何が悪いのかがわからないため表現を改めるとともに、表の下に米印として、管路が腐食しにくい地盤は三方原台地など、管路が腐食しやすい地盤は湖沼の埋立地などと例示しました。次に、41ページをごらんください。

島田市議会 2015-09-10 平成27年第3回定例会−09月10日-02号

浜松市の川や湖を守る条例は、湖沼保全区域と環境共生区域を設定し、水環境保全のための規制等や地域住民の快適な生活環境保全のための規制等について規定した条例で、平成20年7月1日から施行された全国的にも珍しい条例であると聞いております。  次に、2の(1)の御質問についてお答えをいたします。  

浜松市議会 2014-12-02 平成26年 11月 定例会(第4回)-12月02日−22号

本市の地籍調査は、国有林と湖沼を除く計画面積約1268平方キロメートルのうち、既に約270平方キロメートルが完了となっています。  次に、進捗率についてお答えします。本市の進捗率は21%ですが、これは市の全体面積の66%を占める森林の調査が進んでいないためであり、旧浜松市に限れば、67%と全国平均の50%を上回っています。  次に、2点目の市街地の状況と民間事業者の活用についてお答えいたします。

浜松市議会 2014-09-12 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月12日−13号

さきに公表された浜松市の環境測定結果では、全国湖沼汚濁ランキングの指標となるCOD化学的酸素要求量の平成25年度の平均は7.4ミリグラムであり、清流ルネッサンスⅡ佐鳴湖水環境改善緊急行動計画で掲げる8ミリグラム未満とする水質目標は達成したものの、湖沼における生活環境の保全に関する環境基準値5ミリグラム未満には届いていないことが明らかにされています。

浜松市議会 2014-03-10 平成26年  2月 定例会(第1回)-03月10日−05号

ライフセービングという言葉は、ヨーロッパを発祥とする救助、蘇生、応急処置、特に1次救命処置のことで、海に限らず、川、湖沼、プール、水辺の事故に対する救命活動を意味することで多く使われております。日本の現状は、水辺における人命救助、事故防止をボランティアで行う社会活動をライフセービングと称しています。

三島市議会 2014-02-26 平成26年  2月 定例会-02月26日−03号

まず、白滝公園街なみ景観整備事業ですが、昭和60年に国の水緑都市モデル地区整備事業によりまして、水の中を歩ける池と湖沼池として公園の北側に整備した池でありますが、その形状と水量等の関係から藻が非常に発生しやすく、頻繁に清掃を行っているにもかかわらず、湧水の池としては健全な状態となっていないことから、より親水性の高い景観に合う水辺空間に再整備しようとするものでございます。  

三島市議会 2013-12-03 平成25年 11月 定例会-12月03日−03号

主として、風致、自然の風景など趣、味わいの享受の用に供することを目的とする都市公園であり、樹林地、湖沼海浜等の良好な自然的環境を形成する土地を選定し、配置されたものをいう、とあります。翻って子供の森を見たときに、なぜそれが子供の森と年代を特定したのかのような公園なのか、少し考えてみると、私には理解ができません。  

浜松市議会 2013-09-12 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月12日−15号

河川や湖沼の水質管理に関し、これまではBODやCODなどの数値による評価であるため、芳川は法的に問題ないとされてきました。環境重視の社会に至った現代においては、水辺環境保全や環境意識向上の視点から、水質分析以外の水辺の快適性や人とのかかわりなどを重視し、見てさわってといった主観的な要素による指標を取り入れ、水環境を評価することも必要になってきたと考えます。

浜松市議会 2013-03-12 平成25年  2月 定例会(第1回)-03月12日−06号

浜松市内には、内水面漁業協同組合が都田川漁業協同組合を初め8組合あり、漁業活動を行うだけでなく、漁場の整備を通して河川や湖沼の環境保全の役割をも果たしております。しかしながら、御指摘の都田川漁業協同組合に限らず、いずれの組合においてもその経営は厳しい状況にあります。内水面漁業協同組合の経営難は市外においても同様の傾向であり、中には組合が解散した事例もございます。

伊東市議会 2013-03-06 平成25年 3月 定例会-03月06日-05号

平成25年度観光施設整備事業の予算には、伊東八景に関する城ヶ崎海岸遊歩道整備事業に1,003万1,000円、さくらの里及び小室山つつじ園照明設備整備事業に1,000万円、一碧湖沼地木道改修事業に350万円が計上されています。また、誘客宣伝事業には6,000万円が計上されております。

浜松市議会 2012-08-30 平成24年  8月 危機管理特別委員会-08月30日−01号

それから、浜名湖の中がなぜ白くなっているのかという疑問についてですが、実は、浜名湖のような幅30メートル以上の湖沼については、浸水深の算出はされていないということです。これは湖沼というのは平地ではなくて、へこんでいてその上に水が張っているので、今回この想定の中では浸水深として特に算出されていません。  

浜松市議会 2012-01-17 平成24年  1月 環境経済委員会-01月17日−01号

◆袴田修司委員 ぜひ、同じ市内でありますので、浜名湖、佐鳴湖別々ということではなく、お互いにいいところはどんどん取り入れて、そのような住民運動や住民間の交流も含めてそのような仕掛けも必要ですし、また全国的にも湖沼の浄化についてはいろいろな対策がとられていると思いますので、そのような情報がどこかに集積されていると思いますので、ぜひ広く情報収集をして、先ほど言いましたように、何でも飛びつけばいいというものではなくて

磐田市議会 2011-11-30 磐田市議会 会議録 平成23年 11月 定例会-11月30日−03号

巨大地震と巨大津波の襲来で全電源が失われ、炉心の冷却に失敗したならば、福島第一原発で現実となったように、炉心溶融、水素爆発、放射性物質の大量放出、大気、河川、湖沼、海洋、土壌、動植物、人体などへの広域放射能汚染を避けることはできません。これを阻止するためには、浜岡原発の永久停止、廃炉の選択が必要不可欠です。