2348件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

袋井市議会 2019-09-26 令和元年全員協議会 本文 開催日:2019-09-26

15 ◯榛葉都市建設部長 ただいまの件でございますが、少し補足で説明をさせていただきたいと思うんですが、県との覚書区間というのは、改めて最近締結をさせていただきまして、袋井市の海岸全域、5.35キロメートルにわたって全て覚書締結しましたので、このことによって、防潮堤の事業は全区間進めていくことができるということになってございます。  

焼津市議会 2019-09-04 令和元年9月定例会(第4日) 本文

潮風グリーンウォークとして焼津市が実施する盛り土工事とあわせて、国が進める防災減災、国土強靱化のための3か年緊急対策で、粘り強い海岸堤防整備が急ピッチで施工されています。  保安林は、津波高潮、田畑への塩害などの対策として非常に重要不可欠なものであり、それぞれ土地所有者により管理されております。

焼津市議会 2019-09-02 令和元年9月定例会(第2日) 本文

福島親水公園の事業内容についてでありますが、県の河川海岸環境整備事業によりまして、多目的に利用ができる芝生の広場スポーツ利用のできる土の広場、散歩道となる園路、公園利用者用の駐車場などを計画しております。  また、市の施工により滑り台などの公園遊具やベンチの設置、さらには、総合グラウンドとの一体利用が図られるよう、通行路の整備を計画しております。  

焼津市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会〔資料〕

─────────────────────────────────┤    │  答弁を求める者 市長                                │    ├────────────────────────────────────────────┤    │   地域環境維持等(困難になってきた河川清掃、その対策)              │    │  (1) 7月は河川海岸愛護月間

袋井市議会 2019-08-02 令和元年全員協議会 本文 開催日:2019-08-02

それから、今回というか昨年つくりました樹木葬墓につきましては、浜松市北区の民間の樹木葬墓を参考に、かなり需要があるということ、それから、近隣からすると、磐田市は海岸のほうに合葬墓を新たにつくっている、それから、掛川市についても、今まだできていませんけれども、そういった合葬墓の計画があるということで、背景としては、先ほど課長が申し上げましたように、少子高齢化、それから、後代、今後の世代の負担軽減というような

袋井市議会 2019-07-25 令和元年建設経済委員会 本文 開催日:2019-07-25

33 ◯竹野委員 風力発電高さ制限20メートル以下ということで、それで、それは私は別にいいと思うんだけれども、ただ、洋上風力発電をある民間事業者がまだ計画段階で、しかも、それは袋井市に限らず御前崎市から袋井市の浅羽海岸というのか、結構大規模なやつを、あれは高さが20メートルどころじゃないと思うんですよね。

掛川市議会 2019-07-08 令和 元年第 3回定例会( 6月)−07月08日-06号

点検や維持管理の仕方に課題はないかとの意見があり、他の委員より、海岸部は塩害があり、外側が傷むので塩害仕様品を使っている。北部は、耐用年数に従うしかないと思うとの意見がありました。  以上で討議を終結し、討論を求めたところ、討論なく、採決の結果、議案第75号については、全会一致にて、原案のとおり可決すべきものと決定しました。  

掛川市議会 2019-06-28 令和 元年第 3回定例会( 6月)−06月28日-04号

16キロにも及ぶやっと開墾した海岸の畑が軍事基地として有無を言わさず接収され、白砂に砲弾が打ち込まれていたわけです。今、サーフィンでにぎわっているそこの浜が立ち入りさえできない、原則許されなかった。貴重な戦争の愚かしさを物語る戦跡だと私は思います。  この写真、トイレの壁に 1枚看板が張ってあるだけなんです。この看板を見つけることさえ、なかなかできませんでした。

掛川市議会 2019-06-27 令和 元年第 3回定例会( 6月)−06月27日-03号

◆5番(藤澤恭子君) 海岸線の利活用と今後の展望について伺います。  現在、海岸線には、順次、海岸防災林事業が進められ、市民の安心・安全のために一刻も早い完成を願っています。これにより、加速していた人口減少や地価の暴落に歯どめがかかることを願っているところではございますが、やはり防潮堤が完成しただけでは、海岸線にまつわる負のイメージが簡単に払拭されることはないと思っております。  

伊東市議会 2019-06-20 令和 元年 6月 定例会-06月20日-03号

条件理由は違いますが、その昔、ウィリアム・アダムスも、日本で初めて帆船をつくる場所を伊東の海岸に選定しました。こういう歴史がある伊東でありますので、伊東湾がクルーズ船の拠点となり、利便性と観光地としての魅力ある伊東が伊豆各地や伊豆諸島富士山方面、東京方面へ短時間で移動できる場所として、海外からの観光客の誘致ができると思います。  

伊東市議会 2019-06-18 令和 元年 6月 定例会-06月18日-目次

ア 「情報発信力の強化」に関し、これまでの課題及び今後の重点的施策の内容について     イ 「インバウンド観光の推進」に関し、受け入れ環境の整備に係る課題及び今後の施策について     ウ 「推進体制の構築」における「多様な連携による計画の推進」に関し、現状の問題点及び今後の展望について    (2) 「第6章 地区別の方向性」から、「マリンレジャーの振興」に関し、宇佐美海岸の整備に係る課題及び今後

掛川市議会 2019-06-13 令和 元年第 3回定例会( 6月)−06月13日-01号

次に、海岸防災林事業「掛川潮騒の杜」の進捗状況について申し上げます。  南海トラフ巨大地震で想定される最大クラスの津波に対応した高さ防潮堤をかさ上げする掛川市による盛り土工事は、全延長 9キロメートルの整備区間のうち、これまで 2.5キロメートルの整備が完了し、今年度末には全体の37%となる 3.3キロメートルの整備完了を見込んでおります。  

静岡市議会 2019-06-02 令和元年6月定例会(第2日目) 本文

もう一点、安倍川で特筆すべきことは、源流部に日本三大崩れの1つである大谷崩れなど、大小の崩壊地を多く抱え、日本有数の急流河川でもあり、土砂流出が多く、河床の変動が激しいため、安倍川総合土砂管理計画を全国に先駆けて策定し、河床にたまった砂を計画的に除去するとともに、その砂を海岸浸食を防止する工事に活用しています。  

焼津市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会〔資料〕

│    │  (1) 海へのプラごみ流出の実態                             │    │     本市は16kmの海岸を抱え、海の恩恵を受けている水産都市であり、SDGs(持続可能な  │    │    開発目標)の「14 海の豊かさを守ろう」を実践することが求められている。

静岡市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会[資料]

2 リニア新幹線建設の関連工事について          │ │     │         │(1)地域住民の生活や、自然環境負荷への配慮について   │ ├─────┼─────────┼─────────────────────────────┤ │ 12  │  島  直也  │1 静岡市が抱える課題解決に向けた局間連携について    │ │     │   自民党   │(1)石部・用宗海岸