279件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御殿場市議会 2021-03-23 令和 3年予算決算委員会( 3月23日)

その他、火山防災マップ洪水ハザードマップ作製予定との答弁がありました。  以上のとおり、各委員からは非常に活発な質疑が多く出されましたが、いずれも当局の答弁により、了とされました。  質疑終了後、意見の有無について委員に確認したところ、当議案に反対する旨の意見が、1件ありました。  以上が、議案第8号の審査の経過概要であります。  

御殿場市議会 2021-03-16 令和 3年予算決算委員会総務分科会(3月16日)

委員神野義孝君)  255ページ、9款1項5目災害対策費説明欄の8、防災マップ事業700万円余は、防災マップ作成火山防災マップ更新洪水ハザードマップ新規作成のための経費という説明でしたが、洪水ハザードマップ作成についての具体的内容をお伺いします。  以上です。 ○分科会長勝間田幹也君)  危機管理課課長補佐

袋井市議会 2021-03-08 令和3年建設経済委員会 本文 開催日:2021-03-08

それから、最後の3点目の質問が、予算書の119ページ、土木費河川費治水対策費のうちの洪水ハザードマップ作成業務委託料で、先ほどの説明の中で、13河川シミュレーションをやってハザードマップを作るということですけれども、従来、水防法対象になっている4河川プラス13河川ということで、13河川については簡易シミュレーションを県が実施すると理解していますけれども、それでいいかどうかですね。

島田市議会 2021-02-26 令和3年2月定例会−02月26日-02号

また、水防法の改正に基づき想定され得る最大規模浸水状況を示した洪水ハザードマップ更新し、市民への周知を図ってまいります。  さらに自主防災組織に対しては、自主防災組織育成対策補助金により資機材整備などを支援するとともに、出前講座防災リーダーの養成などソフト面からも組織強化に努めてまいります。  

御殿場市議会 2021-02-25 令和 3年 3月定例会(第2号 2月25日)

8は、防災マップ更新対象地域である玉穂印野及び高根地区関係17区のマップ作成富士山ハザードマップ改定に伴う火山防災マップ更新、及び黄瀬川、鮎沢川の洪水浸水想定区域洪水ハザードマップ新規作成のための経費です。  11の⑥は、防災ヘリコプター運航に関する負担金です。  次に、6目国民保護推進費は、前年度比89.9%の減です。

御殿場市議会 2021-02-24 令和 3年 3月定例会(第1号 2月24日)

3か年の継続事業であります区別防災マップ改定作業につきましては、玉穂印野及び高根地区関係区17区を作成し、本年度をもって59区全区の作成を完了するとともに、平成16年の富士山ハザードマップ作成後に得られた新たな科学的知見に基づく富士山火山防災マップ改定作業や、黄瀬川と鮎沢川の洪水浸水想定区域洪水ハザードマップを新たに作成し、減災対策を進めてまいります。  

袋井市議会 2021-02-01 令和3年2月定例会(第4号) 本文

それで、やはり3年に1度、あるいは5年に1度の豪雨のときに、そこまでは水がたまるだよというようなことを地域に知らせておくと、あるいは洪水ハザードマップをそこで作り直すとか、そういうことで、いわゆる河道掘削、あるいは河床の掘削河道の拡幅というのは少し無理があるということでありますので、その辺をどのように地域へこれから説明していくかなと。

静岡市議会 2021-02-01 令和3年2月定例会(第1日目) 本文

さらに、風水害などの事前の浸水状況避難情報充実させるため、新たに藁科川及び足久保川の洪水ハザードマップ作成し、マップを活用した啓発活動を行います。  次に、消防救助活動などへの対応については、昨年7月の吉田町倉庫火災の教訓を受け、市民の皆さんや消防隊員安全管理教育訓練のさらなる強化を図るため、警防課内に新たに災害機動支援部隊管理室を設置し、消防体制の一層の充実を図ります。  

袋井市議会 2021-01-28 令和3年建設経済委員会 本文 開催日:2021-01-28

12: ◯竹野委員 本編のページでは47ページの洪水ハザードマップの、それで、冒頭に榛葉都市建設部長のほうから、流域治水のことだとか、特に松橋川、それから蟹田川の流域、そして私たちの小笠沢川流域、そして沖之川の流域と。防災という点で危機管理部のほうが、今、国土強靱化のことで。  

袋井市議会 2020-12-07 令和2年総務委員会 本文 開催日:2020-12-07

そのような中で、現在、袋井地域防災計画風水害対策編も今、取組を始めている中でして、今後、それに付随します中小河川洪水ハザードマップ等の修正の時期もまた来るのではないかなと考えております。  そのような中で、特にソフト事業となりますと、やはり住んでいる方については、何が大事かといいますと、やはり早期避難、そういう意識づけをつけていくということが大事だと思います。

磐田市議会 2020-12-02 12月02日-04号

ハザード情報充実の面では、昨年度末に洪水ハザードマップが完成し、今年度の初めに市のホームページに公開されています。想定し得る最大規模豪雨による浸水範囲と水深、避難場所等を示したものです。東日本大震災想定外という言葉が使われましたが、想定外をなくす意味でも、行政は、考えられる情報は公開していくという方向です。これは、私たち含め、市民も理解しなければなりません。 

函南町議会 2020-11-19 11月30日-01号

なお、洪水ハザードマップにつきましては、昨年度中に更新を行いましたが、平成26年3月に作成しました現在の防災マップにつきましては今年度中に更新を行う予定となっております。 以上であります。 ○議長中野博君) 10番、土屋議員。 ◆10番(土屋学君) それでは、(1)、(2)の総括質問とさせていただきます。